193件中 11 - 20件表示
  • グスク時代

    グスク時代から見た首里城首里城

    12世紀頃に沖縄本島内の集落間の争いで統率する者が現れ、後に各地域を治める政治的な支配者となったものが、按司の始まりとされる。高宮廣衞は、グスクの主である按司の出現時期とグスクの発生時期が一致するかは不明だが、按司の誕生は貝塚時代までに遡って考える必要があると、述べている。グスク時代の最盛期になると、按司(「世の主」、「てだ」とも)たちは互いに抗争を繰り広げ、勢力が拡大し、ついには按司の中の按司とされる「大世の主」が誕生した。そして沖縄本島北部・中部・南部地域それぞれを、北山・中山・南山という三大勢力(三山)が統治するようになった。その後、思紹と子・尚巴志により三山は統一され、琉球王国が成立した。第二尚氏王統の尚真王時代には、各地に構えていた按司たちを首里城に住まわせ、按司たちに武器の使用禁止を命じ、また位階制により身分を明確にするなど、国王を頂点とする中央集権が確立したとされる。これを期に、グスクは遺跡として残り、領主としての按司は役割を終えた。奄美群島における伝承では、グスクの主である按司は奄美各地で抗争し、また海賊から住民を保護し、英雄として讃えられたという。14世紀頃から琉球王国が奄美を支配下に置くまで按司は、海上流通に従事していたと考えられる。グスク時代 フレッシュアイペディアより)

  • 御嶽 (沖縄)

    御嶽 (沖縄)から見た首里城首里城

    グスクには拝所が存在するものも多いが、このことから、グスクは元々は御嶽を中心にした集落であったものが発展し、城砦化したと指摘する説がある。また、首里城、玉城城など、城そのものが御嶽とみなされていた城もある。御嶽 (沖縄) フレッシュアイペディアより)

  • 那覇バス石嶺営業所

    那覇バス石嶺営業所から見た首里城首里城

    石嶺団地東?石嶺営業所前?首里りうぼう前?首里駅前?当蔵?首里城前?石畳入口?沖縄都ホテル前?松川西?那覇メインプレイス東口?泊高橋?那覇バスターミナル那覇バス石嶺営業所 フレッシュアイペディアより)

  • 鎌倉芳太郎

    鎌倉芳太郎から見た首里城首里城

    紅型の技術を継承し、重要無形文化財「型絵染」保持者(人間国宝)に指定された。また、第二次世界大戦前に沖縄の文化財を調査し、大量の写真を撮影したりメモを記録したりしたことで、1945年(昭和20年)の沖縄戦で壊滅に瀕した沖縄文化の保存や復興に貢献したほか、戦後の首里城再建は、鎌倉の資料に負うところが大きい。彼の評伝を著した与那原恵は、鎌倉を「琉球文化全般の最高のフィールドワーカー」と評している。鎌倉芳太郎 フレッシュアイペディアより)

  • 伊東忠太

    伊東忠太から見た首里城首里城

    1923年(大正12年) 明治以降老朽化し取り壊しの決まった首里城正殿の保存に尽力(鎌倉芳太郎らとともに)伊東忠太 フレッシュアイペディアより)

  • 沖縄本島のバス路線

    沖縄本島のバス路線から見た首里城首里城

    那覇市中心部・新都心と市東端部の石嶺団地を結ぶ路線。住宅地路線であるとともに、首里城最寄りのバス停に停車するため、徒歩ではやや距離のある首里駅と首里城の間を結ぶ路線でもある。7番が那覇バスターミナル発着、8番がおもろまち駅前広場発着・興南高校経由である。両系統を合わせて概ね毎時1-2本の運行で、7番は石嶺団地行き(下り)が平日17本・土日祝日18本、那覇バスターミナル行き(上り)が平日・土日祝日ともに20本、8番は平日・土日祝日ともに5往復の運行。沖縄本島のバス路線 フレッシュアイペディアより)

  • 琉球大学

    琉球大学から見た首里城首里城

    1950年(昭和25年)5月22日 - 米国民政府布令第30号「琉球大学」に基づき、那覇市首里の首里城跡に「琉球大学」が開学琉球大学 フレッシュアイペディアより)

  • 沖縄戦

    沖縄戦から見た首里城首里城

    第32軍司令部も首里城地下に構築された。八原は司令部構築に莫大な労力と資材を投入することに反対したが、参謀長の長の強い主張により構築が決定された。多数の市民と沖縄師範学校生徒の協力により、総延長1,000m以上、深さ15m?35mで、戦艦の艦砲射撃や爆撃機の1トン爆弾に耐えられる構造の洞窟軍司令部が連合軍上陸直前の3月中旬に完成した。後にこの司令部は首里戦線の核心となり、防衛戦の要となったことから、八原は長の軍司令部構築の判断に敬服している。沖縄戦 フレッシュアイペディアより)

  • 沖縄県の年表

    沖縄県の年表から見た首里城首里城

    File:Naha Shuri Castle16s5s3200.jpg|復元された首里城沖縄県の年表 フレッシュアイペディアより)

  • 沖縄都市モノレール線

    沖縄都市モノレール線から見た首里城首里城

    ルートは那覇空港から首里城に近い汀良(てら)地区までの区間を第一期区間とし、汀良地区から西原入口までの区間を第二期区間、さらに沖縄市方面への延伸も検討課題とした。1982年9月に運営主体となる第三セクター「沖縄都市モノレール株式会社」を設立、同年に赤嶺 - 首里汀良町間を県に特許申請、翌年に再検討、那覇空港 - 首里汀良町間(営業距離12.9km)に延長された。 沖縄県と那覇市は都市モノレールの導入空間となる街路の整備事業を先行して進めた。沖縄都市モノレール線 フレッシュアイペディアより)

193件中 11 - 20件表示

「首里城」のニューストピックワード