193件中 21 - 30件表示
  • 那覇市

    那覇市から見た首里城首里城

    観光面では、市の中心部の国際通り、市東部の高台にある首里地区の首里城(琉球王国の王府。2000年12月に世界遺産・琉球王国のグスク及び関連遺産群として登録)が中心であったが、近年、前述の在日米軍住宅地の跡地が那覇新都心として開発が進んでおり、2004年12月に世界最大規模で国内では唯一の空港外大型免税店であるDFSギャラリア・沖縄がオープンした。東シナ海に面しているが、那覇空港や那覇港などの施設が海岸線のほとんどを占めているため、海水浴場は1991年に供用開始された波の上ビーチ(人工海浜)のみとなっている。名産品として壺屋焼や泡盛などがある。那覇市 フレッシュアイペディアより)

  • 首里城跡

    首里城跡から見た首里城首里城

    首里城跡 フレッシュアイペディアより)

  • 三府龍脈碑

    三府龍脈碑から見た首里城首里城

    1750年頃の琉球王国は首里(中頭、島尻)と名護(国頭)との間に軋轢があり、首都を首里城から名護へ移すことと、名護湾から羽地内海へ抜ける運河を建設することについて議論があった。これに対して当時の宰相蔡温が自らの考えを風水思想に基づく文言にまとめ、石碑にして示すことで論争の封じ込めを計ったものと考えられている。三府龍脈碑 フレッシュアイペディアより)

  • オキナワウラジロガシ

    オキナワウラジロガシから見た首里城首里城

    材は硬堅で緻密、有用樹種として古くから知られている、首里城前の丸柱、守礼門など琉球建築の建材として用いられた。オキナワウラジロガシ フレッシュアイペディアより)

  • 中部観光バス

    中部観光バスから見た首里城首里城

    南部では首里城・おきなわワールド・平和祈念公園・ひめゆりの塔・琉球ガラス村がモデルコースとなっている。中部観光バス フレッシュアイペディアより)

  • 路次楽

    路次楽から見た首里城首里城

    琉球王国では、王宮(首里城)での儀式や琉球国王が外出する時などに演奏された。また、江戸の将軍のもとに使節団を送る「江戸上り」の時などにも演奏されたため、そのルート上にある村々の農村芸能にも影響を与え、それは唐人おどりやその際に演奏される音楽の中などに今も残っている。路次楽 フレッシュアイペディアより)

  • 安里屋クヤマ

    安里屋クヤマから見た首里城首里城

    クヤマは1722年、八重山諸島の竹富島・安里屋に生まれ絶世の美女として広くその名が知られていた。クヤマが16歳の時、首里の王府から派遣されて来た目差主(みざししゅ。副村長に相当する下級役人)がクヤマに一目惚れし、賄い方(島妻)になって欲しいと求められるもクヤマは目差主の求婚を拒む。その後、クヤマは目差主の上司である与人の賄い方となり与人が八重山を離れる際に土地を献上されたと伝えられている。安里屋クヤマ フレッシュアイペディアより)

  • 浦添ようどれ よみがえる古琉球

    浦添ようどれ よみがえる古琉球から見た首里城首里城

    『浦添ようどれ よみがえる古琉球』(うらそえようどれ よみがえるこりゅうきゅう)は、首里城以前の王墓「浦添ようどれ」を通して沖縄の古琉球の時代を描いたドキュメンタリー映画である。作品の内容は「浦添ようどれ」の発掘調査、関連する史跡、おもろさうし(神に捧げる歌)や踊り、当時の祭事、習俗、古文書などを用いて描いている。浦添ようどれ よみがえる古琉球 フレッシュアイペディアより)

  • 金城ダム

    金城ダムから見た首里城首里城

    那覇市街地の中にあり首里城と識名園を結ぶ位置にあることから、水と緑と石造りをテーマとして周辺整備が行われた。斜面途中に緑地帯や遊歩道、休憩施設が整備されており市民の憩いの場となっている。また、ダム本体の表面には石垣を模して琉球石灰岩のプレートが貼り付けられており、水際には土が盛られ水生植物が植えられている。金城ダム フレッシュアイペディアより)

  • 植木光教

    植木光教から見た首里城首里城

    1980年代には首里城の復元実現に尽力するなど、沖縄県に強い思い入れを持っており、「沖縄ファンクラブ」の会長を務めた。また、沖縄県の緑化運動を推進するために、「花と緑の植木光教基金」を設立した。植木光教 フレッシュアイペディアより)

193件中 21 - 30件表示

「首里城」のニューストピックワード