193件中 31 - 40件表示
  • タイワンヒノキ

    タイワンヒノキから見た首里城首里城

    地理上、近くに有した琉球王国でも建築材として用いられており、首里城に用いられた多くの柱の中にはタイワンヒノキなどが使用されている。タイワンヒノキ フレッシュアイペディアより)

  • 御殿 (沖縄)

    御殿 (沖縄)から見た首里城首里城

    ほとんどの御殿は、首里城の北方(琉球方言でニシカタ)、すなわち当蔵村、大中村、赤平村に集中して建てられた。御殿一戸当たりの広さは、敷地が約1000坪(3300m²)、大・中・小の三門を構え、建物は約200坪(600m²)の広さがあった。御殿 (沖縄) フレッシュアイペディアより)

  • 中城御殿

    中城御殿から見た首里城首里城

    中城御殿は、最初首里城へ至る綾門大道(都大路)に面した現・沖縄県立首里高等学校の敷地に尚豊王時代に創建された。中城御殿 フレッシュアイペディアより)

  • 尚氏

    尚氏から見た首里城首里城

    尚氏(しょうし)は、琉球国の王家およびその姓。佐敷按司巴志が挙兵して中山察度王統二代目武寧王を滅ぼして後、北山、南山を滅ぼして琉球を統一し尚巴志王として尚氏を名乗った。しかしその後、有力豪族や王族内部の王位継承問題での内乱や外征が続き、国民は疲弊し、首里城でクーデターが起こり、群臣に推挙されて伊是名島出身の金丸(後の尚円王)が即位して王家が交替しており、第一尚氏・第二尚氏として区別している。尚氏 フレッシュアイペディアより)

  • 近田玲子

    近田玲子から見た首里城首里城

    東京芸術大学インダストリアルデザイン科(当時)卒。石井幹子デザイン事務所に勤務、のち1986年に独立して近田玲子デザイン事務所を設立。IESNA(北米照明学会)Award of Merit、Paul Waterbury Award of Excellence、Edwin F. Guth Memorial Award of Excellence受賞。IALD(国際照明デザイナー協会)Award of Citation、Award of Merit受賞。代表作に聖路加国際病院、目黒雅叙園、巣鴨の2世帯住宅、明治大学リバティ・タワー、首里城公園、ミキモトクリスマスイルミネーション、ミューザ川崎、ハートアイランド新田一番街、九州国立博物館など。近田玲子 フレッシュアイペディアより)

  • 那覇市内観光周遊バス

    那覇市内観光周遊バスから見た首里城首里城

    那覇バスターミナル → 県庁前(ロコアナハ前) → 開南 → 赤十字病院前 → 識名園前 → 首里駅前 → 首里城前 → 金城町 → 石畳入口 → 沖縄都ホテル前 → DFS前 → おもろまち一丁目 → 安里 → 【三越前】《美栄橋》 → 県庁北口 → 那覇バスターミナル那覇市内観光周遊バス フレッシュアイペディアより)

  • 平山城

    平山城から見た首里城首里城

    江戸城、大阪城、姫路城、仙台城、熊本城などの近世城郭の大多数がこれにあたり、現在、日本100名城に選定されたものの内では、沖縄の首里城も含め51か所ある。ただ、地形として丘陵と平地が明確には区分できないため、江戸城や大阪城は平城に分類される事もある。平山城 フレッシュアイペディアより)

  • 摩文仁御殿

    摩文仁御殿から見た首里城首里城

    一世・朝亮は尚貞王の摂政を務めた。八世・朝健は総理官となり、ペリーの首里城訪問の際には応対している。十世・朝位の時、廃藩置県を迎えた。一世・朝亮が尚貞王より拝領した「摩文仁家の墓」(南風原町)は、沖縄県の指定文化財になっている。摩文仁御殿 フレッシュアイペディアより)

  • 沖縄神社

    沖縄神社から見た首里城首里城

    首里城跡に沖縄神社が創建され、拝殿は首里城正殿を流用した。旧正殿裏側の「御内原」(うーちばる)のところに本殿が造営され、源為朝と歴代国王が祀られた(源為朝が琉球へ逃れ、その子が初代琉球王舜天になったという説がある)。沖縄神社 フレッシュアイペディアより)

  • 御座楽

    御座楽から見た首里城首里城

    近年の沖縄県では、首里城復元などを機に、琉球王国の宮廷文化を再評価する機運が高まっている。首里城という「ハコ」が先にできたものの、ハコの中身である儀礼や音楽は空っぽであった。また、沖縄独自のアイデンティティーと国際交流の象徴として、「御座楽」を見直す風潮も出てきた。こうした時代の変化を受けて、現在、御座楽を復元する事業が行われている。御座楽 フレッシュアイペディアより)

193件中 31 - 40件表示

「首里城」のニューストピックワード