153件中 51 - 60件表示
  • 沖縄赤瓦

    沖縄赤瓦から見た首里城首里城

    琉球地方の瓦はかつては灰色のものが主流であったが、18世紀に入ると赤色系の瓦が現れるようになり、主に首里城正殿をはじめとする王府・役所の建物や、神社等で用いられた。しかし、一般の住宅では1889年(明治22年)に至るまで瓦葺きは禁止されており、赤瓦が広く市中に普及するのはこの禁止令が解かれた後であった。屋根に漆喰で作ったシーサーが置かれるようになったのも、この頃以降であると考えられている。沖縄赤瓦 フレッシュアイペディアより)

  • 中部観光バス

    中部観光バスから見た首里城首里城

    南部では首里城・おきなわワールド・平和祈念公園・ひめゆりの塔・琉球ガラス村がモデルコースとなっている。中部観光バス フレッシュアイペディアより)

  • 中城御殿

    中城御殿から見た首里城首里城

    中城御殿は、最初首里城へ至る綾門大道(都大路)に面した現・首里高等学校の敷地に尚豊王時代に創建された。中城御殿 フレッシュアイペディアより)

  • 奄美群島の歴史

    奄美群島の歴史から見た首里城首里城

    1603年(慶長8年)、江戸幕府が開かれて日本が新時代に入ると、幕府は中国大陸の明と通航を考えるようになり、薩摩藩主・島津忠恒に琉球王国に進出して明と通じることを許可した。1609年4月8日(慶長14年3月4日)、島津軍3000名余りを乗せた軍船が薩摩の山川港を出帆した。4月12日(3月8日)に奄美大島へ上陸して制圧、4月26日(3月22日)に徳之島、4月28日(3月24日)に沖永良部島を次々と攻略し、4月30日(3月26日)には沖縄本島北部の運天港に上陸、今帰仁城を落として首里城へ迫った。尚寧は止む無く和睦を申し入れ開城した。島津軍は5月8日(4月5日)に首里城を接収し、4月半ばには薩摩に凱旋帰国した。奄美群島の歴史 フレッシュアイペディアより)

  • 上原清吉

    上原清吉から見た首里城首里城

    1924年(大正13年)、首里城南殿で開催された演武大会に本部朝勇とともに参加した。翌年の1925年(大正14年)にも那覇の大正劇場で開催された唐手大演武大会に師とともに参加した。この演武大会には総勢40名が参加し、祖堅方範、喜屋武朝徳ら当時の大家も出演した大規模なものであった。同年、上原は師の言いつけで和歌山へ渡り、本部朝勇次男の本部朝茂に師から受け継いだ武術を伝授した。上原清吉 フレッシュアイペディアより)

  • 阿麻和利

    阿麻和利から見た首里城首里城

    史書によれば、悪政を強いる前城主の茂知附按司を倒して勝連城の按司となる。東アジアとの貿易を進め、大陸の技術などを積極的に取り入れた。勢いを増す阿麻和利に第一尚氏王統の第6代国王・尚泰久王は娘である百度踏揚を妻に娶らせ懐柔の策を取り、同王の娘婿の立場になった。当時琉球では麒麟児との評判が広まり、首里の尚氏は伯父である護佐丸の次に滅ぼす計画を練る。史書によれば首里城攻略を計画していたとされる中城城主の護佐丸を王の命令で攻め、忠誠のあかしとして自刃させた。阿麻和利 フレッシュアイペディアより)

  • 牌坊

    牌坊から見た首里城首里城

    首里城上の綾門(俗称守礼門)牌坊 フレッシュアイペディアより)

  • 御殿 (沖縄)

    御殿 (沖縄)から見た首里城首里城

    ほとんどの御殿は、首里城の北方(琉球方言でニシカタ)、すなわち当蔵村、大中村、赤平村に集中して建てられた。御殿一戸当たりの広さは、敷地が約1000坪(3300m²)、大・中・小の三門を構え、建物は約200坪(600m²)の広さがあった。御殿 (沖縄) フレッシュアイペディアより)

  • 山崎二休

    山崎二休から見た首里城首里城

    『球陽』の記述では、慶長14年(1609年)の薩摩島津氏による琉球侵攻(琉球入り)にあたって首里城西櫓の防備に就き、法元弐右衛門の部隊を撃退した。和睦成立後、城を出て自宅に帰ろうとして歩いている途中、法元の部隊に捕らえられた。「日本人がなぜ琉球に味方するのか」と問われ、「琉球に恩義があるからである」と返答した。翌日、王は薩摩兵に金品を送って山崎を助命した。王の薩摩行きに同行を志願したが、留守を守るよう諭された。山崎二休 フレッシュアイペディアより)

  • 円覚寺 (那覇市)

    円覚寺 (那覇市)から見た首里城首里城

    円覚寺 (えんかくじ)は沖縄県那覇市の首里城北面にかつて存在した臨済宗の寺院。円覚寺 (那覇市) フレッシュアイペディアより)

153件中 51 - 60件表示

「首里城」のニューストピックワード