153件中 61 - 70件表示
  • 龍潭

    龍潭から見た首里城首里城

    1427年、琉球王国の第一尚氏王統・第2代尚巴志王の命により、国相懐機が作庭したといわれる人工の池である。魚が多く住み、魚小堀(イユグムイ)とも呼ばれる。作庭のきっかけは、1425年、来琉した冊封使が尚巴志王に首里城北に作庭するように勧めたこととされる。尚巴志王は懐機を明へ派遣して、中国各地の池を調査、帰国後作庭に着手した。龍潭 フレッシュアイペディアより)

  • 宮古島島民遭難事件

    宮古島島民遭難事件から見た首里城首里城

    この二重体制の象徴は首里城であった。王の執務する庁舎の右側は和風、左側は中国風に造られており、薩摩の役人が来た時は全て和風でとりおこない、中国の冊封使がおとずれた際には、中国風の対応で統一した。これが両当事者に受け入れられた理由は、薩摩が琉球・中国間の貿易によって利益を得ようとしていたこと、中国側が体面を重視してこれを黙認していたことにあった。日本国内での異国性については、新井白石もよく認識していた。彼は「琉球国は、慶長年間以来薩州による支配を幕府から任せられているため、他の外国の例に比べることはできない。しかしながら、現在清国の正朔を奉じ(属国であること)、また爵位を受けていることから、まったく我が国に準じえない、と述べている。このような曖昧な状況に対し、明治維新後の日本政府は、琉球と中国の関係を清算すべきと考えていた。宮古島島民遭難事件 フレッシュアイペディアより)

  • 摩文仁御殿

    摩文仁御殿から見た首里城首里城

    一世・朝亮は尚貞王の摂政を務めた。八世・朝健は総理官となり、ペリーの首里城訪問の際には応対している。十世・朝位の時、廃藩置県を迎えた。一世・朝亮が尚貞王より拝領した「摩文仁家の墓」(南風原町)は、沖縄県の指定文化財になっている。摩文仁御殿 フレッシュアイペディアより)

  • 御座楽

    御座楽から見た首里城首里城

    近年の沖縄県では、首里城復元などを機に、琉球王国の宮廷文化を再評価する機運が高まっている。首里城という「ハコ」が先にできたものの、ハコの中身である儀礼や音楽は空っぽであった。また、沖縄独自のアイデンティティーと国際交流の象徴として、「御座楽」を見直す風潮も出てきた。こうした時代の変化を受けて、現在、御座楽を復元する事業が行われている。御座楽 フレッシュアイペディアより)

  • 勝連城

    勝連城から見た首里城首里城

    1972年(昭和47年)5月15日、国の史跡に指定された。2000年11月首里城跡などとともに、琉球王国のグスク及び関連遺産群としてユネスコの世界遺産(文化遺産)にも登録されている(登録名称は勝連城跡)。登録されたグスクの中では最も築城年代が古いグスクとされている。勝連城 フレッシュアイペディアより)

  • 斎場御嶽

    斎場御嶽から見た首里城首里城

    2000年11月首里城跡などとともに、琉球王国のグスク及び関連遺産群としてユネスコの世界遺産(文化遺産)に登録されている。また、国の史跡、沖縄県指定名勝にも指定されており、御嶽内で出土した陶磁器と勾玉などは国の重要文化財(考古資料)に指定されている。斎場御嶽 フレッシュアイペディアより)

  • 破風

    破風から見た首里城首里城

    城郭建築や、近世の寺院などで多く見られ、装飾性がある。邸宅や役所の玄関としてつけられることもあり、首里城正殿の通称「からふぁーふ」は正面玄関に唐破風が付けられていることから由来している。破風 フレッシュアイペディアより)

  • 大仏様

    大仏様から見た首里城首里城

    首里城守礼門 - 1945年沖縄戦で焼失。1958年再建。組物に大仏様を用いることでも著名で、天竺様式の建築として昭和8年、旧国宝指定された。大仏様 フレッシュアイペディアより)

  • 琉米修好条約

    琉米修好条約から見た首里城首里城

    1853年5月26日(咸豊3年4月19日)、マシュー・ペリーがサスケハナ号他3隻を率いて初めて那覇港に来航、5月28日(4月21日)にペリーは総理官摩文仁按司尚大模と初めて会見。6月6日(4月30日)首里城を訪問、首里城北殿にて総理官などと会見(この責任をとって尚大模は総理官を辞任している)。さらに6月8日(5月2日)にペリーは国王等に品物を贈り、6月9日(5月3日)ペリーはミシシッピ号を残して小笠原諸島に出航した。6月18日(5月12日)小笠原諸島より那覇に帰港したペリーは艦隊への資材の供給を終えると7月2日(5月26日)サプライ号を那覇港に残して軍艦4隻を率いて浦賀にむけて出航した(このとき浦賀に向かった4隻とは別にキプライス号は上海に向かった)。その後、7月25日(6月20日)大統領の親書を江戸幕府に渡したペリーは浦賀より帰港、資材の供給し、琉球側に聖現寺の一年間の賃貸及びその協定、約5、600トンの炭を貯蔵できる施設の建設及びその施設の妥当な金額での貸与、偵吏の追跡を禁止、市場を設け交易を自由とすることの4か条の要求しこれを承諾させ8月1日(6月27日)香港に向けて出航した。琉米修好条約 フレッシュアイペディアより)

  • 首里金城町石畳道

    首里金城町石畳道から見た首里城首里城

    首里金城町石畳道は、首里城から国場川の真玉橋に至る長さ4km総延長10kmの官道であった真珠道の一部で、琉球王国尚真王の治世である1522年にその建造が始まった。第二次世界大戦の沖縄戦で真珠道の大半は破壊されたが、金城町に現存する238mの区間が首里金城町石畳道としてその姿を現在に伝えている。首里金城町石畳道 フレッシュアイペディアより)

153件中 61 - 70件表示

「首里城」のニューストピックワード