193件中 71 - 80件表示
  • 扁額

    扁額から見た首里城首里城

    首里城の城門の1つである守礼門は、古来の名称は「首里門」、愛称は「上の綾門」(いいのあやじょう)であるが、扁額に「守禮之邦」とあることから、門自体がこのように通称される。扁額 フレッシュアイペディアより)

  • 與那覇朝大

    與那覇朝大から見た首里城首里城

    首里城正殿、識名園の切手デザインも行っている。與那覇朝大 フレッシュアイペディアより)

  • 琉球建築

    琉球建築から見た首里城首里城

    沖縄の伝統的建築は、主に琉球王国時代に現在の様式に発展した。建造物の多くは建築様式や素材・技術などで他地域の建築(主に日本建築・中国建築)との類似点が多く見られるが、風土・社会・資源等の面で異なる為に独自の発展が見られる。住宅の他、首里城の建物、沖縄の神社に琉球建築の特徴が多く見られる。琉球建築 フレッシュアイペディアより)

  • 琉球石灰岩

    琉球石灰岩から見た首里城首里城

    琉球石灰岩は、沖縄県では古くから建材として用いられ、道の石畳や家々を取り囲む石垣などを作るのに使われてきたほか、首里城などのグスクや玉陵などの陵墓もこの石で作られている。現在も石垣や亀甲墓などの建材として、また道路舗装用のアスファルトに混ぜる骨材として用いられている。また琉球石灰岩を用いた石畳や道路は、雨で水に濡れると非常に滑りやすくなる。琉球石灰岩 フレッシュアイペディアより)

  • KETSUNOPOLIS 10

    KETSUNOPOLIS 10から見た首里城首里城

    ジャケット写真がケツの嵐以来の首里城となっている。また、今回のカラーはKETSUNOPOLIS 9までのジャケットの色をコラージュしている。KETSUNOPOLIS 10 フレッシュアイペディアより)

  • 樺山久高

    樺山久高から見た首里城首里城

    文禄2年(1593年)、久保が病死すると一時帰国するも、再び朝鮮へ渡海し泗川の戦いや李氏朝鮮の武将・李舜臣の水軍を破るなど(露梁海戦)、甥の樺山忠正と共に功をなした。帰国後の慶長4年(1599年)6月、甥の忠正が嗣子無く伏見にて病死すると、久高が樺山氏を継ぎ、島津忠恒(家久)の代にも家老として重用された。慶長12年(1607年)に出水の地頭に任じられる。慶長14年(1609年)の琉球侵攻においても、首里城を落とすなどの武功を立てて、島津氏の琉球支配に貢献した。寛永5年(1628年)に伊作(現・鹿児島県日置郡吹上町)の地頭となり、同年出家し「玄屑」と号した。しかし、領地の加増を訴えるも主君・家久には無視され、跡取りの息子にも先立たれて失意の晩年を送った。樺山久高 フレッシュアイペディアより)

  • 山崎二休

    山崎二休から見た首里城首里城

    『球陽』の記述では、慶長14年(1609年)の薩摩島津氏による琉球侵攻(琉球入り)にあたって首里城西櫓の防備に就き、法元弐右衛門の部隊を撃退した。和睦成立後、城を出て自宅に帰ろうとして歩いている途中、法元の部隊に捕らえられた。「日本人がなぜ琉球に味方するのか」と問われ、「琉球に恩義があるからである」と返答した。翌日、王は薩摩兵に金品を送って山崎を助命した。王の薩摩行きに同行を志願したが、留守を守るよう諭された。山崎二休 フレッシュアイペディアより)

  • 第71回都市対抗野球大会

    第71回都市対抗野球大会から見た首里城首里城

    2000年の九州・沖縄サミット開催や首里城がデザインされた2000円札紙幣の発行などを記念して、日本野球連盟推薦枠は沖縄県に1チーム与えられ、沖縄電力が初出場を決めた。このほかには、北海道第1代表でサンワード貿易が硬式野球部誕生から3年で本大会出場を決めた。第71回都市対抗野球大会 フレッシュアイペディアより)

  • 上間交差点

    上間交差点から見た首里城首里城

    北行き(県道82号):首里・首里城公園・沖縄自動車道那覇インターチェンジ上間交差点 フレッシュアイペディアより)

  • 安里三叉路

    安里三叉路から見た首里城首里城

    東行き(県道29号崇元寺通り):北中城村・西原町・首里・首里城公園・国道330号(沖縄市・宜野湾市)・那覇新都心安里三叉路 フレッシュアイペディアより)

193件中 71 - 80件表示

「首里城」のニューストピックワード