前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
311件中 1 - 10件表示
  • アブダビコンバット

    アブダビコンバットから見たアブダビアブダビ

    「寝技世界一決定戦」として知られ、現在は2001年9月に起こったテロの影響もあり、2年に一度アブダビ以外で開催される。旧名はADCCサブミッション・レスリング世界選手権。アブダビコンバット フレッシュアイペディアより)

  • アラブ首長国連邦

    アラブ首長国連邦から見たアブダビアブダビ

    アラブ首長国連邦(アラブしゅちょうこくれんぽう、)、略称UAE()は、西アジア・中東の国。アラビア半島のペルシア湾(アラビア語圏ではアラビア湾と呼ぶ)に面した地域に位置する7つの首長国からなる連邦国家である。首都はアブダビ。東部ではオマーンと、南部および西部ではサウジアラビアと隣接する。カタールとは国境を接していないものの、カタールとの間のサウジアラビアの一部地域の領有権をめぐり論争がある。アラブ首長国連邦 フレッシュアイペディアより)

  • ドバイ・ショック

    ドバイ・ショックから見たアブダビアブダビ

    ドバイ・ショック("Dubai crisis" または "Dubai debt crisis")は、2009年11月25日に、アラブ首長国連邦 (UAE) ドバイのドバイ政府が、政府系持株会社ドバイ・ワールドの債務返済繰り延べを要請すると発表したことに端を発し、世界的に株式相場が急落した現象である。ドバイ信用不安、ドバイ問題とも呼ばれる。2008年9月のリーマン・ショック以降に生じた信用収縮によりドバイ経済の減退が懸念されていた中にあって、それまで債務の確実な返済の意向が表明されており、アブダビの銀行からの資金調達を発表したが、その2時間後に突然この繰り延べ要請が発表されたことから、投資家に衝撃を与えた。ドバイ・ショック フレッシュアイペディアより)

  • アル・アインの文化的遺跡群

    アル・アインの文化的遺跡群から見たアブダビアブダビ

    アル・アインの文化的遺跡群(ハフィート、ヒーリー、ビダー・ビント・サウドとオアシス群)は、古代ペルシア湾(アラビア湾 )沿岸に展開し、メソポタミア文明やインダス文明の諸都市と交流を持っていたウンム・アン=ナール文化の遺跡群などを対象とする、UNESCOの世界遺産リスト登録物件である。その構成資産は、アラブ首長国連邦 (UAE) のアブダビ首長国第2の都市アル・アインおよび周辺に点在する計17件であり、考古遺跡のほかオアシス、灌漑施設などが含まれる。これらの文化遺産は、砂漠地域における先史時代から現代に至る生活様式の歴史的変遷や、持続可能性を伝える点などが評価され、2011年の第35回世界遺産委員会で登録された。アラブ首長国連邦では、最初に登録された世界遺産である。アル・アインの文化的遺跡群 フレッシュアイペディアより)

  • INSEAD

    INSEADから見たアブダビアブダビ

    INSEAD(インシアード)は、フランスのフォンテーヌブロー、シンガポール、アブダビにキャンパスを持つビジネススクール・経営大学院である。MBAをはじめ、EMBA (Executive MBA)、EMCCC( Executive Master in Consulting and Coaching for Change)、Ph.D.、MFIN(Master in Finance)、などのプログラムがある。2017年現在、MBAには80か国余りから約1000名、Ph.D.には30余国から60名強の学生が在籍する。INSEAD フレッシュアイペディアより)

  • ムハンマド・サイード・アッ=サッハーフ

    ムハンマド・サイード・アッ=サッハーフから見たアブダビアブダビ

    6月25日、彼がバグダード市内において逮捕されたとイギリスのデイリー・ミラー紙が「冗談ではありません」との注意書きを添えて伝えた。その翌日、アラブ首長国連邦の衛星放送局、ドバイのアル=アラビーヤとアブダビのアブダビ・テレビがインタビューに成功。豊かな黒髪はわずか数ヶ月で全て白髪に変わり、やつれ果てて、かつての強弁も聞こえなくなった衝撃的な姿が配信され、かつての彼を知る人々を驚嘆させた。そこで彼はついに自軍の敗北を認め、逮捕ではなく投降であり、2〜3時間の尋問の後に釈放されたと述べた。イラク戦争の是非、新イラク政府については「歴史が語る」として明言を避けたが、「回顧録」の執筆を示唆した。また、この様な状況下で情報大臣を務めた事について「後悔はしていない」と言明した。ムハンマド・サイード・アッ=サッハーフ フレッシュアイペディアより)

  • ドバイ

    ドバイから見たアブダビアブダビ

    漁業や真珠の輸出を産業の主とする小さな漁村だったこの地に、アブダビの首長ナヒヤーン家と同じバニー=ヤース部族のマクトゥーム家が、1830年代にアブダビから移住。これに伴ってドバイ首長国が建国され、ここに今に至るドバイの歴史が始まりの時を迎えた。1853年に他の首長国と同時にイギリスの保護国となる。ドバイ フレッシュアイペディアより)

  • アル・バティーン・エグゼクティブ空港

    アル・バティーン・エグゼクティブ空港から見たアブダビアブダビ

    アル・バティーン・エグゼクティブ空港(英語:Al Bateen Executive Airport)は、アラブ首長国連邦の首都アブダビにある空港。主にプライベートジェットが発着しているほか、アラブ首長国連邦空軍の基地(アル・バティーン空軍基地)としても機能している。アル・バティーン・エグゼクティブ空港 フレッシュアイペディアより)

  • マスダール・シティ

    マスダール・シティから見たアブダビアブダビ

    マスダール・シティ (、)は先端エネルギー技術を駆使してゼロ・エミッションのエコシティを目指すアラブ首長国連邦 (UAE) の都市開発計画と、その計画によって建設されている都市である。主としてアブダビ政府の資本によって運営されているムバダラ開発公社の子会社、アブダビ未来エネルギー公社が開発を進めているマスダール・シティ フレッシュアイペディアより)

  • ドバイウォーターフロント

    ドバイウォーターフロントから見たアブダビアブダビ

    このプロジェクトはジェベル・アリ地区の西側のアブダビ首長国との境界線付近に建設される人工島群と人造の運河からなり、ドバイのペルシア湾に面した最後の自然の海岸線区域に建設するものである。ドバイウォーターフロント会社(Dubai Waterfront Company)が担当する事業だが、51%の株式はナキールが所有している。ドバイウォーターフロント フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
311件中 1 - 10件表示