311件中 81 - 90件表示
  • ドン・プロダクションズ

    ドン・プロダクションズから見たアブダビアブダビ

    映像に関するあらゆる分野で、ロンドン、ドバイを拠点に日本語・英語にて制作サービスを提供している会社。映像制作から撮影のコーディネート、ロケ地のリサーチ、機材の手配を行っている。イギリス国内からヨーロッパ大陸、アラブ首長国連邦(ドバイ、アブダビ)、カタール、オマーン、バーレーン、クウェートなどを営業地域としてカバーしている。ドン・プロダクションズ フレッシュアイペディアより)

  • サンホアキン・バレー

    サンホアキン・バレーから見たアブダビアブダビ

    1990年代後半に始まったカリフォルニアの不動産ブームは、サンホアキン・バレーを著しく変化させた。かつてはロサンゼルスやサンフランシスコとははっきり異なり、激しく独立した形を採っていたこの地域で、生活費の高騰で若い家族や小企業を海岸の都心から追い遣るにつれて、準郊外開発が進んでいくようになった。ストックトン、モデスト、トレーシーおよびロスバノスの各市は次第にサンフランシスコやシリコンバレーに通勤する人が多くなり、南部の小さな農業町もベイエリアの衛星町の様相を呈してきた。都市学者のジョエル・コトキンが「アメリカのアブダビ」と表現したベーカーズフィールドはかつてブームに弾ける石油の町だったが、ロサンゼルスに住んでいた企業経営者や通勤者が大量に流入し、百万ドルクラスの家を含むゲーテッドコミュニティがその郊外にできるまでになった。バレーの最南部にはウォルマート、イケア、ターゲットなど様々な大型流通会社が、カリフォルニア州道58号線の便利さや地域の低賃金に惹き付けられて、巨大な物流センターを建設した。さらに州内の他地域との統合によって見通しのよい未来へ続く見込もある。サンホアキン・バレー フレッシュアイペディアより)

  • 中華人民共和国のソマリア沖海賊対策

    中華人民共和国のソマリア沖海賊対策から見たアブダビアブダビ

    3月28日 - 中国に帰港する2隻の艦艇「馬鞍山」と「千島湖」がアラブ首長国連邦・アブダビに寄港する。人民解放軍海軍初のペルシャ湾岸への寄港となる。中華人民共和国のソマリア沖海賊対策 フレッシュアイペディアより)

  • ズッファ

    ズッファから見たアブダビアブダビ

    2010年1月12日、ズッファはFlash Entertainmentに対して少数株主持分を売却した。企業の10%の利益をFlash Entertainmentのオーナーのアブダビ政府に支払うことが発表された。この売却により、ズッファの40.5%をロレンゾ・フェティータ、40.5%をフランク・フェティータ、10%をFlash Entertainment、9%をダナ・ホワイトが保有することになった。Flash Entertainmentは、2008年にアブダビ政府によって設立された。ズッファ フレッシュアイペディアより)

  • 水木貴広

    水木貴広から見たアブダビアブダビ

    東京都八王子市生まれ。慶應義塾大学卒業。公務員などの経験の後、2000年から飴細工に携わる。2003年、森永製菓のハイチュウのWebサイトにてハイチュウを使った飴細工が起用される。その後TBS「所萬遊記」の「所遺産」に認定、東京MXテレビ「5時に夢中!」の「スーパー職人」に認定されるなど、メディアで取り上げられ注目を集める。2015年の初頭にはアブダビの産業展示会でも実演を行うなど、海外での活動も行っている。水木貴広 フレッシュアイペディアより)

  • ローズタワー

    ローズタワーから見たアブダビアブダビ

    当初の構想では高さ380mだったが333mに変更され、2004年に着工し、2008年春に竣工、2009年12月に開業した。72階建て。セキュリティが厳しく、宿泊者以外の入場はできない。ドバイでは数少ないアルコールの飲める高級ホテルである。ホテルはアブダビに本部を構え中東・北アフリカでホテルを展開しているロタナ・ホテルズが運営している。ローズタワー フレッシュアイペディアより)

  • ウンム・アン=ナール文化

    ウンム・アン=ナール文化から見たアブダビアブダビ

    ウンム・アン=ナール(. アラビア語で『火の母』を意味する)は、今日のアラブ首長国連邦と北部オマーンで紀元前2600-2000年に存在した 青銅器時代の文化について与えられた名前である。語源はアブダビに隣接する同名の名前の島に由来している。ウンム・アン=ナール文化 フレッシュアイペディアより)

  • テリー・エティム

    テリー・エティムから見たアブダビアブダビ

    2010年4月10日、アブダビで開催されたUFC 112でハファエル・ドス・アンジョスと対戦し、2R終了間際に腕ひしぎ十字固めで自身初の一本負けを喫した。テリー・エティム フレッシュアイペディアより)

  • 土侯国切手

    土侯国切手から見たアブダビアブダビ

    主な土侯国として現在ではアラブ首長国連邦を構成する7つの首長国のうち5つで発行していたが、他にも北イエメン(1962年に共和政移行)の国王派ゲリラや南イエメンの首長国(いずれも現在のイエメンに統合)も入る場合がある。現在、アラブ首長国を構成するのはアジュマーン(アジマン)、アブダビ、ウンム・アル=カイワイン、シャールジャ、ドバイ、フジャイラ、ラアス・アル=ハイマであるが、1964年ごろからアラブ首長国連邦の成立する1972年ごろまで各首長国による切手発行が行われていた。首長国のうち、アブダビとドバイは石油産出国のため財政が豊かで切手も実用的な範囲で発行されていたが、そのほかの首長国は石油が産出せず生産性が低い農業と漁業しか産業がなかったため、切手販売による現金収入目当てに、世界各国の切手収集家を狙ってすさまじい種類の切手を粗造濫発した。そのため世界中に大量の土侯国切手が流通した。土侯国切手 フレッシュアイペディアより)

  • アル・ジャジーラ・ムハンマド・ビン・ザーイド・スタジアム

    アル・ジャジーラ・ムハンマド・ビン・ザーイド・スタジアムから見たアブダビアブダビ

    アル・ジャジーラ・ムハンマド・ビン・ザーイド・スタジアム(Al Jazira Mohammed Bin Zayed Stadium, )はアラブ首長国連邦のアブダビにある多目的スタジアムである。現在は主にサッカーとクリケットの試合が開催され、アル・ジャジーラ・クラブが本拠地としている。アル・ジャジーラ・ムハンマド・ビン・ザーイド・スタジアム フレッシュアイペディアより)

311件中 81 - 90件表示

「首長国アブダビ」のニューストピックワード