前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
512件中 1 - 10件表示
  • 東のエデン

    東のエデンから見たドバイドバイ

    それらに対して滝沢は、?迂闊な月曜日?事件に巻き込んでしまったニート達を助けるために、自らがミサイル事件の犯人であると名乗り出て、ミサイル攻撃との関連を疑われていたニート達を国外逃亡させることを決意し、彼らを?消費の楽園?ドバイに、青年海外協力隊としてコンテナに積み込んで送り出すとともに、滝沢自身は、「兄貴風吹かしているいるアメリカに、少しは何とかしてくれよと一言モノ申す」ために、単身渡米し、アメリカでわざと逮捕されることを決断する。その後、成田空港のロビーでセレソンNo.7の篁カオルと出会い、彼に対して「日本がミサイル撃ち込まれても、あいつら何もしてくんねえじゃん。確かにミサイル攻撃はセレソンによるものだったけど、それすら撃ち落とそうとはしなかったわけだろ?結局は俺たちから金巻き上げるだけで、いざとなったら何もしてくんねえんだよ」と、アメリカへの不満を口にするとともに、「せっかくこんな携帯もらったんだから、自分にできる範囲でノブレス・オブリージュってのを実践してみる」ことを告げる。その後、滝沢を国外逃亡させるというカオルからの申し出を断った滝沢は、カオルとの会話の中で自らの記憶を消すことを思いつき、訪米後は、ワシントンD.C.で全裸になって逮捕されることによって、セレソン(→)やノブレス携帯(→)、Mr.OUTSIDE(→)のことを白日のもとに晒そうとした。滝沢はこの際、拷問対策として自らの記憶を消している。東のエデン フレッシュアイペディアより)

  • 小林弘裕

    小林弘裕から見たドバイドバイ

    小林 弘裕(こばやし ひろやす、1955年4月27日 - )は日本の外交官。イラク戦争下での外務省サマーワ事務所長や、ドバイ総領事、駐ボツワナ特命全権大使などを務める。小林弘裕 フレッシュアイペディアより)

  • ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル

    ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコルから見たドバイドバイ

    そして、モローがハナウェイから奪ったファイルには、ヘンドリクスの装置を起動するための暗号が記されているのだった。イーサンたちは、モローとヘンドリクスの部下が取引する手筈になっているブルジュ・ハリーファ・ビル(ドバイ)に先行し、仕掛けを施す。2つの異なる階で、ジェーンがモローに成りすまし、イーサンとブラントがヘンドリクスの部下に成りすますことにより、お互いに取引が成立したと思わせ、ヘンドリクスに偽暗号をつかませるという作戦である。ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル フレッシュアイペディアより)

  • シャールジャ

    シャールジャから見たドバイドバイ

    シャールジャ首長国は、アラブ首長国連邦を構成する首長国のひとつで、ドバイの東、ペルシア湾岸にほぼ16km、内陸部に向かって80km以上にわたって広がっている。加えて、東海岸には、オマーン湾と境を接するシャールジャ首長国所属の3つの飛び地、カルバー、ホール・ファッカーン、ディッバーがある。面積ではアラブ首長国連邦で3位、ペルシア湾とオマーン湾に跨る唯一の首長国である。シャールジャ フレッシュアイペディアより)

  • ジュメイラ

    ジュメイラから見たドバイドバイ

    ジュメイラ(Jumeirah、)は アラブ首長国連邦・ドバイの浜辺に沿った居住地域である。低層から高層の瀟洒なヴィラが立ち並び、多様な建築様式の家屋が見られる。この地域にはアラブ首長国連邦で働く西洋人がたくさん居住している。またドバイを訪問する観光客たちには、高級ホテルやビーチでよく知られた地域でもある。ジュメイラ フレッシュアイペディアより)

  • アメージング・レース・アジア1

    アメージング・レース・アジア1から見たドバイドバイ

    第10レグ:→・ドバイアメージング・レース・アジア1 フレッシュアイペディアより)

  • プントランドにおける石油採掘

    プントランドにおける石油採掘から見たドバイドバイ

    内戦が続く中、1998年にソマリア北東部でプントランドが独立宣言した。2005年4月、 オーストラリアの商人テリー・ダニリー(Terry Donnelly)とアンソニー・ブラック(Anthony Black)の所有する会社コンソート・プライベート社(Consort Private Ltd.)はプントランドを訪れ、代表者達と面談している。2005年6月10日、プントランドの大統領モハマド・ヘルジ、計画及び外務担当長官アブディラハム・ファロレ、コンソート・プライベート社のテリー・ダニリーはアラブ首長国連邦のドバイでプントランド資源開発に関する打ち合わせを行った。プントランドにおける石油採掘 フレッシュアイペディアより)

  • キャヴァルリーマン

    キャヴァルリーマンから見たドバイドバイ

    2010年初戦はドバイに遠征し、3月4日のマクトゥームチャレンジラウンド3に出走したが、見せ場なくレッドディザイアの7着に敗れた。続く3月27日のドバイシーマクラシック、6月4日のコロネーションカップでは共に5着に敗れた。6月16日のプリンスオブウェールズステークスでは12着と大敗。8月17日のインターナショナルステークスは4着に敗れた。ドイツに遠征した9月5日のバーデン大賞では、1番人気に推されたが3着。10月3日の凱旋門賞(9位入線8着)を挟み、10月17日のジョッキークラブ大賞も1番人気に推されたが3着に敗れた。キャヴァルリーマン フレッシュアイペディアより)

  • 湯浅 卓

    湯浅卓から見たドバイドバイ

    よって、彼が近年関心を持っている油田取得に際しては、供給量の固定化しているドバイ原油市場や北海ブレント市場との人脈が少ないため、難航している。湯浅卓 フレッシュアイペディアより)

  • ハルト・インターナショナル・ビジネススクール

    ハルト・インターナショナル・ビジネススクールから見たドバイドバイ

    Hult International Business School(Hult IBS)は米国マサチューセッツ州ボストン1ケンブリッジを拠点にする私立経営大学院である。1964年に世界最初の経営戦略コンサルティング・ファームであるアメリカのArthur D. Littleによって設立された。2003年に大学名をthe Arthur D. Little School of ManagementからHult International Business Schoolに改称。同校はボストン、ロンドン、ドバイ、上海、サンフランシスコでMBA課程のスクールを運営している。2003年に学校名を変更したため、Hult IBSの歴史は浅い。しかしthe Arthur D. Little School of Managementの頃の評価も鑑みられ、既にそのMBA学位は英紙フィナンシャル・タイムズと英経済誌エコノミストの双方から米国のみならず世界でトップクラスに位置付けられている。ハルト・インターナショナル・ビジネススクール フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
512件中 1 - 10件表示

「首長国ドバイ」のニューストピックワード