744件中 91 - 100件表示
  • フランスの交通

    フランスの交通から見たドバイドバイ

    このトラムの再興により、フランスでは鉄道の車両開発と走行システムの双方に技術的な影響を大きく与えた。給電システムとしては、地表集電方式と呼ばれる、架線ではなく線路の間に走る第三軌条から電力を受ける仕組みが開発され、2003年にボルドーで導入された。これはボルドー市の古い町並みの中で電力を架線により供給するのが困難であったためで、現在ではヨーロッパの各都市のほかゴールドコーストやブラジリア、ドバイなどでも使用されている。車両開発としては、ストラスブールを走るユーロトラムが挙げられ、外観もより通常の鉄道に近く、全面に窓を設けるなど開放的な造りとなっている。またフランスのアルストム社が開発した超低床電車シタディスは窓の形状やドアの数、編成車両数などを鉄道会社が自由選択できるようにし、より革新的なデザインを提供することに成功した。最新型のシタディス・デュアリスは最高速度時速100km以上を想定したトラムトレインであり、500m?5kmの停車間隔を想定して作られている。フランスの交通 フレッシュアイペディアより)

  • サックス・フィフス・アベニュー

    サックス・フィフス・アベニューから見たドバイドバイ

    競合する高級百貨店チェーンとして、ブルーミングデールズ、ニーマン・マーカスなどがある。運営は、サックス・フィフス・アベニューエンタープライズ(SFAE、本社はアラバマ州・バーミンガム)。 同社は、サックス・フィフス・アベニュー62店舗と、サックス・オフ・フィフス・ストアーズ53店舗を擁する。ニューヨーク・五番街の旗艦店が、全店舗の売り上げの約20%を占めるといわれる。店舗は米国だけではなく、サウジアラビアのリヤドやUAEのドバイにもある。2007年、1997年から使用していた従来のものに代わる新しいロゴの使用を開始した。サックス・フィフス・アベニュー フレッシュアイペディアより)

  • ロシアのソマリア沖海賊対策

    ロシアのソマリア沖海賊対策から見たドバイドバイ

    4月26日 - フリゲート「ネウストラシムイ」は訪問先であるアラブ首長国連邦のドバイ港を出航しアデンに向かう。ロシアのソマリア沖海賊対策 フレッシュアイペディアより)

  • イエーガー

    イエーガーから見たドバイドバイ

    カナダ、ドバイ、台湾、チリ、韓国、日本など世界中に販売店120店舗を持つ。CEOはアール・ベリンダ(Earl Belinda)。。イエーガー フレッシュアイペディアより)

  • ボーダーズ・グループ

    ボーダーズ・グループから見たドバイドバイ

    2005年4月に、ボーダーズ・グループはマレーシアのベルジャヤ・グループ(Berjaya Group)と共同で、クアラルンプールに最初のフランチャイズ店を開設した。その店舗は、単一の工期で建築されたものとしては世界最大のショッピングセンターであるベルジャヤ・タイムズ・スクエア(Berjaya Times Square)の中にあった。この店舗は60,000平方フィートの広さを持つ世界最大のボーダーズ店であると宣伝されていた。その後、マレーシアでの2番目の店をスランゴール州プタリン・ジャヤ(Petaling Jaya)に、3番目の店をペナン州のクイーンズベイ・モール(Queensbay Mall)に開店した。これらの店舗はボーダーズ・グループ倒産後も、ブランド使用権を行使しベルジャヤ・グループにより営業継続している。2011年のボーダーズは2006年10月にアラブ首長国連邦の首都ドバイのモール・オブ・ジ・エミレーツ(Mall of the Emirates)にフランチャイズ店を開店し、この店舗も2011年のボーダーズ・グループ倒産後も営業中。ボーダーズ・グループ フレッシュアイペディアより)

  • アラブ首長国連邦軍

    アラブ首長国連邦軍から見たドバイドバイ

    アラブ首長国連邦軍(アラブしゅちょうこくれんぽうぐん、)は、、、を含むアラブ首長国連邦の軍隊である。陸海空軍、防空軍、準軍事組織の警察軍を含む連邦軍は国防軍と呼ばれ、アブダビ、ドバイ、ラアス・アル=ハイマの3首長国は首長国軍を保有しており、UDFから地域コマンドと呼ばれている。これらを総称して連邦軍と呼ばれる。アラブ首長国連邦軍 フレッシュアイペディアより)

  • グランドエキノクス

    グランドエキノクスから見たドバイドバイ

    この年からドバイワールドカップカーニバルが始まったことから、招待馬としてドバイ遠征を敢行し、前哨戦であるドバイシティーオブゴールド (G3) で2着と好走。本番のドバイシーマクラシックでもスラマニの5着に入った。トルコに戻ってからは1つ下の世代の有力馬ディニイェペルに連敗し国内G1制覇はならなかったが、ボスポラスカップではドイツ馬エパロ(シンガポール航空インターナショナルカップ優勝)やディニイェペルらをまとめて破り連覇、復活を見せた。グランドエキノクス フレッシュアイペディアより)

  • ノルトゼー

    ノルトゼーから見たドバイドバイ

    2007年春以降はアラブ首長国連邦のドバイに支社を開設し、中東で150以上のレストランを展開する予定。ノルトゼー フレッシュアイペディアより)

  • シボレー・トレイルブレイザー

    シボレー・トレイルブレイザーから見たドバイドバイ

    2011年11月のドバイ国際モーターショーで先行コンセプトが公開され、市販モデルは2012年3月の第33回バンコク国際モーターショーにて正式発表された。6月7日からGMタイランドのラヨーン工場で生産が開始され、同月からタイ国内で発売を開始した。今後はアジア、中東、南米など世界各国に順次投入される予定である。ただし、アメリカ市場には導入されない。シボレー・トレイルブレイザー フレッシュアイペディアより)

  • エミレーツ・スカイカーゴ

    エミレーツ・スカイカーゴから見たドバイドバイ

    エミレーツ・スカイカーゴ()は、アラブ首長国連邦のドバイを本拠とするエミレーツ・グループの貨物航空会社である。エミレーツ航空の貨物部門。エミレーツ・スカイカーゴ フレッシュアイペディアより)

744件中 91 - 100件表示

「首長国ドバイ」のニューストピックワード