744件中 21 - 30件表示
  • 2010年のスポーツ

    2010年のスポーツから見たドバイドバイ

    第10回世界短水路選手権(12月15日 - 19日、・ドバイ2010年のスポーツ フレッシュアイペディアより)

  • クロエ (ブランド)

    クロエ (ブランド)から見たドバイドバイ

    本社所在地はパリ8区のペルシエ通り (Avenue Percier) 5番地。パリでの現在の本店あるいは旗艦店ないし路面店は、1区サントノーレ通り (Rue Saint-Honoré) 253番地、及び8区モンテーニュ大通り (Avenue Montaigne) 50番地。その他ギャラリー・ラファイエットやボン・マルシェのグラン・マガザン(百貨店)等で数店舗展開している。外国法人はニューヨーク、東京麹町、香港、ドバイに事務所を置く。クロエ (ブランド) フレッシュアイペディアより)

  • 砂漠気候

    砂漠気候から見たドバイドバイ

    ドバイ(アラブ首長国連邦)砂漠気候 フレッシュアイペディアより)

  • ダーロ航空

    ダーロ航空から見たドバイドバイ

    ダーロ航空(Daallo Airlines)はアラブ首長国連邦のドバイに本拠地を置く航空会社である。ダーロ航空 フレッシュアイペディアより)

  • イラン航空655便撃墜事件

    イラン航空655便撃墜事件から見たドバイドバイ

    イラン航空655便撃墜事件(イランこうくう655びんげきついじけん)は、1988年7月3日にホルムズ海峡に停泊していたアメリカ海軍のミサイル巡洋艦ヴィンセンスが、バンダレ・アッバース発ドバイ行きのイラン航空のエアバスA300B2(機体記号EP-IBU、1982年製造)を撃墜した事件である。子供66人を含む6カ国あわせて290人の乗員乗客全員が死亡した。ヴィンセンスは、攻撃してきたイラン小型砲艦を追ってイラン領海内4kmにいた。事件後、アメリカ側は遺族に賠償金を支払った。イラン航空655便撃墜事件 フレッシュアイペディアより)

  • デュシット・インターナショナル

    デュシット・インターナショナルから見たドバイドバイ

    2001年 タイのホテルチェーンとして初の中東進出となるドバイに『デュシタニ・ドバイ』を開業。デュシタニ・バンコク内に『テワラン・スパ』を開業。デュシット・インターナショナル フレッシュアイペディアより)

  • シャールジャ

    シャールジャから見たドバイドバイ

    シャールジャ首長国は、アラブ首長国連邦を構成する首長国のひとつで、ドバイの東、ペルシア湾岸にほぼ16km、内陸部に向かって80km以上にわたって広がっている。加えて、東海岸には、オマーン湾と境を接するシャールジャ首長国所属の3つの飛び地、カルバ、ホール・ファッカーン、ディッバーがある。面積ではアラブ首長国連邦で3位、ペルシア湾とオマーン湾に跨る唯一の首長国である。シャールジャ フレッシュアイペディアより)

  • ラクダ

    ラクダから見たドバイドバイ

    近年、栄養価の高いラクダ乳は見直される傾向にあり、ヨーグルトやアイスクリームなどのラクダミルク製品を製造する会社も設立されている。アラブ首長国連邦のドバイでもラクダミルク製品の開発がすすめられており、ラクダチーズやラクダミルクチョコレートをはじめとする製品の世界各地への売り込みを図っている。アメリカ合衆国でも、アーミッシュを中心にラクダの飼育とラクダミルクの商品化が行われ、カリフォルニアを中心にラクダミルクを取り扱う店があらわれはじめている。ラクダ フレッシュアイペディアより)

  • アブダビ

    アブダビから見たドバイドバイ

    アブダビには3世紀より遊牧民や漁民が居たと思われている。現在のアブダビは、18世紀にバニー=ヤース部族に属するナヒヤーン家(ヌハイヤーン家)が建設した首長国で、19世紀には同じバニー=ヤース部族から分かれたマクトゥーム家がドバイへ渡ってドバイ首長国を建てた。その後、他の首長国と同様にイギリスの保護国となった。20世紀初頭まで、内陸部のオアシスでラクダの飼育やナツメヤシ(デーツ)の栽培を行い、夏季には海岸部で漁業や真珠の採取くらいしか産業はなかった。この時代までは住居の多くはヤシの葉や泥で作られていた。アブダビ フレッシュアイペディアより)

  • 校長会議

    校長会議から見たドバイドバイ

    ドバイ・カレッジ (Dubai College) ? アラブ首長国連邦 ドバイ校長会議 フレッシュアイペディアより)

744件中 21 - 30件表示

「首長国ドバイ」のニューストピックワード