744件中 51 - 60件表示
  • ちちんぷいぷい (テレビ番組)

    ちちんぷいぷい (テレビ番組)から見たドバイドバイ

    その一方で、関西ローカルでの第1回放送から2度の産前産後休暇をはさんで出演してきた木曜アシスタントの古川圭子(毎日放送アナウンサー)、金曜アシスタントの前田、長年にわたって火曜日のコーナーレギュラーを務めてきた和田ちゃんなどが宮崎放送でのネット開始前週(9月最終週)の放送分で相次いで当番組を卒業。10月1日の結婚後にドバイへ移住する前田は、9月30日付で毎日放送を退社するため、前日(9月29日)放送の当番組でテレビ番組および(ラジオを含めた)生放送番組への出演を終えた。また、第2回放送からニュース解説を担当してきた石田英司も、9月29日放送分で出演を終了。10月以降は、番組の制作業務に専念する。ちちんぷいぷい (テレビ番組) フレッシュアイペディアより)

  • みどりのマキバオー

    みどりのマキバオーから見たドバイドバイ

    当初はマキバオーを歯牙にもかけていなかったが、朝日杯以降はマキバオーをライバルと認め、数々の名勝負を繰り広げる。4歳時はドバイでの調教にてエルサレム、カントナと並び世界4歳馬の10傑に選ばれるが、ハードな調教によるコンディション不調とマキバオーの急成長により皐月賞では大苦戦後、判定で勝利する(マキバオーサイドの事故がなければ完全に負けていたとカスケード自身も認める)。その後、自らの弱点を克服するため、NHKマイルカップに出馬。外国産馬最強のニトロニクスを「三の脚」で下し、マキバオーとの決戦、日本ダービーに挑み、王者の誇りを守るため、陣営から指示された「大外から抜きさる」戦法を無視して、マキバオーと大接戦を繰り広げ、ダービー史上初の同着となる。ダービー後は海外に渡り凱旋門賞に挑むが、マリー病を患い、敗退。帰国後は自身の魂を引き継がせるため、病に身を侵されつつも有馬記念に参加、最大のライバル、マキバオーに夢を託して満足した顔で敗れ去る。引退後は種牡馬として生活する。みどりのマキバオー フレッシュアイペディアより)

  • フィロズ・マハムド

    フィロズ・マハムドから見たドバイドバイ

    バングラデシュ国立美術館、ドバイのシャルジャ美術館などに作品の所蔵がある。フィロズ・マハムド フレッシュアイペディアより)

  • メイダンマスターズ

    メイダンマスターズから見たドバイドバイ

    メイダンマスターズ(Meydan Masters)とは2010年からアラブ首長国連邦・ドバイのメイダン競馬場で開催される競馬の国際騎手招待競走である。各国の主要な競走の前年の優勝騎手が招待され、4競走のポイント制で12人が争う。日本からは東京優駿(日本ダービー)の優勝騎手が招待される。メイダンマスターズ フレッシュアイペディアより)

  • アグネスジェダイ

    アグネスジェダイから見たドバイドバイ

    2007年、日本で1走した後に昨年と同じくドバイに遠征した。ドバイゴールデンシャヒーンの前哨戦であるマハブアルシマール(G3)で5着に入って期待されたが、肝心のドバイゴールデンシャヒーンでは10着という結果に終わった。帰国後初戦のさきたま杯では5着となったが、続いての北海道スプリントカップでは連覇を達成した。しかし続く東京盃では4着に敗れ、その後の第7回JBCスプリントでは惜しくも3着に、兵庫ゴールドトロフィーでは5着に敗れた。アグネスジェダイ フレッシュアイペディアより)

  • クラウデッドハウス

    クラウデッドハウスから見たドバイドバイ

    休養を終えて2009年の緒戦はダンテステークス(G2)に出走したが、見せ場がなく8着に終わった。続くダービーステークスでも6着に敗れた後は休養に入り、3歳シーズンを終えた。明け4歳となった2010年はドバイに遠征し、2月4日のアルラシディーヤ(G3)に出走したが、2着に敗れた。続くマクトゥームチャレンジラウンド2(G3)も2着だった。本番のドバイワールドカップでは9着に敗れた。その後、4戦するがいずれも着外続きであったが、8月28日のパシフィッククラシックステークスでは2着と好走した。9月19日のウッドバインマイルでは惜しくも4着、10月2日のグッドウッドステークスでは最下位の7着に終わった。クラウデッドハウス フレッシュアイペディアより)

  • ドクターディーノ

    ドクターディーノから見たドバイドバイ

    7歳となった2008年は、ドバイに遠征してドバイシーマクラシックで3着となった後は自国で走り、6月にシャンティ大賞 (G2) を制して重賞競走4勝目を挙げた。その後サンクルー大賞で3着、ドーヴィル大賞 (G2) で2着となった後は再び海外遠征を行い、カナダに渡って10月にカナディアン国際ステークスにランフランコ・デットーリが初騎乗して出走したが5着、12月には2年連続で香港ヴァーズに出走し、鞍上がペリエに戻って同競走2連覇を達成した。ドクターディーノ フレッシュアイペディアより)

  • ハイホーク

    ハイホークから見たドバイドバイ

    「シェイク・モハメド(モハメド殿下)」の通称で知られる大馬主ムハンマド・ビン=ラーシド・アール=マクトゥーム(現ドバイ首長)の初期の所有馬であり、第3回ジャパンカップにも出走している。ハイホーク フレッシュアイペディアより)

  • フラムドパシオン

    フラムドパシオンから見たドバイドバイ

    その後ドバイミーティングのUAEダービーに出走するため、ドバイに遠征。UAEダービーでは勝ったDiscreet Cat(ディスクリートキャット)には6馬身離されるものの、ウルグアイ三冠馬で後に2006年ワールド・サラブレッド・レースホース・ランキングで世界一位になるInvasorや後(2009年)にドバイワールドカップを優勝するウェルアームドには先着し、3着となった。この年のUAEダービーの出走メンバーは、同レース史上最強と評されている。フラムドパシオン フレッシュアイペディアより)

  • マーシュサイド

    マーシュサイドから見たドバイドバイ

    この年の初戦となった1月20日のサンマルコスステークス (G2) では引き続きカステリャーノが騎乗して出走したが、アルティストロワイヤルに敗れて7着だった。その後はドバイに遠征し、3月28日のドバイシーマクラシックに初騎乗となるエドガー・プラードを鞍上に迎えたが、惜しくも5着に敗れた。続く6月6日のマンハッタンハンデキャップでは惜しくもジオポンティの2着だった。続く7月11日のマンノウォーステークスでは6着に終わった。その後カナダに遠征し、9月20日のノーザンダンサーターフステークスに1位入線したが、進路妨害により4着に降着となった。しかし翌年6月になって裁定が覆り、優勝が認められた。マーシュサイド フレッシュアイペディアより)

744件中 51 - 60件表示

「首長国ドバイ」のニューストピックワード