512件中 51 - 60件表示
  • アイスホッケーアラブ首長国連邦代表

    アイスホッケーアラブ首長国連邦代表から見たドバイドバイ

    アイスホッケーアラブ首長国連邦代表(UAE ice hockey team)はアラブ首長国連邦のアイスホッケーナショナルチーム。2008年6月に地元ドバイで行われたアイスホッケー・アラブカップでアルジェリア、モロッコ、クウェートと対戦し優勝を果たした。アイスホッケーアラブ首長国連邦代表 フレッシュアイペディアより)

  • ナキール

    ナキールから見たドバイドバイ

    2009年11月に、ドバイ政府が欧米系の金融機関に対して、ナキール社とその持ち株会社の「ドバイ・ワールド」社の債務約590億ドルについて支払い猶予を求めると発表したため、「ドバイ・ワールド」社並びにドバイ政府自体の債務不履行と併せて欧米系銀行の債権焦げ付きが懸念され、ユーロが売られるなど「ドバイ・ショック」と呼ばれる事態となった。ナキール フレッシュアイペディアより)

  • ザ・ラグーンズ

    ザ・ラグーンズから見たドバイドバイ

    ザ・ラグーンズ (The Lagoons) はアラブ首長国連邦・ドバイの進行中の大規模プロジェクト。ザ・ラグーンズ フレッシュアイペディアより)

  • ドバイ日本人学校

    ドバイ日本人学校から見たドバイドバイ

    ドバイ日本人学校とはドバイのアル・ワスル地域にある日本人学校である。1980年4月15日にドバイ及びUAE北部日本人会が設立した。校舎はモダン・ハイスクールの校舎の隣にあるピンク色の建築物である。ドバイ日本人学校 フレッシュアイペディアより)

  • ペルシア湾空港

    ペルシア湾空港から見たドバイドバイ

    アサルーイェ空港の南東16kmにある。ペルシア湾空港は2005年より運用を開始。近年この地域で建設されたものとしては、小規模ながらもっとも近代的なターミナルをもつ空港の一つである。マーハーン航空、キーシュ航空、イラン・アーセマーン航空、ターバーン航空、サーハー航空(旅客輸送としてボーイング707を運用する世界最後の航空会社)、カスピアン航空などの定期運航便、チャーター便がテヘラン、マシュハド、エスファハーン、シーラーズ、タブリーズ、アフヴァーズ、ラシュト、キーシュ島、ケルマーンシャーなどへイラン全国の都市へ就航、毎日頻発している。またマーハーン航空による週1便のドバイへの便もある。ペルシア湾空港 フレッシュアイペディアより)

  • コールバーグ・クラビス・ロバーツ

    コールバーグ・クラビス・ロバーツから見たドバイドバイ

    KKRでは、140名の投資の専門家を含めた400名の従業員が働いている。KKRの本社はニューヨークにあり、オフィスをサンフランシスコ、ヒューストン、ワシントンD.C.、ロンドン、パリ、香港、東京、北京、ムンバイ、ドバイ、ソウル、シドニーに設けている。コールバーグ・クラビス・ロバーツ フレッシュアイペディアより)

  • J SPORTSステークス

    J SPORTSステークスから見たドバイドバイ

    アメリカのレースを中心に、ヨーロッパ、香港、ドバイなどで行われる重賞と、そのプレップレースを放送している。特に、ドバイミーティングやブリーダーズカップといった大きなイベントを放送する際は、放送時間を拡大している。J SPORTSステークス フレッシュアイペディアより)

  • ミス・ユニバース2009

    ミス・ユニバース2009から見たドバイドバイ

    開催地選定に当たってはドバイなどが関心を持っていたが、“ミス・ティーンUSA2008”開催実績を持つアトランティスが2009年3月に開催意思を示した。世界大会期間中は7月31日に“ミス・ティーンUSA2009”も同時開催された。ミス・ユニバース2009 フレッシュアイペディアより)

  • 谷垣大輔

    谷垣大輔から見たドバイドバイ

    2002年、中東に集中展開し、クウェート・ドバイ・サウジアラビアに進出。都市計画・大型複合商業施設のプロジェクトを開始。谷垣大輔 フレッシュアイペディアより)

  • 2011年の日本競馬

    2011年の日本競馬から見たドバイドバイ

    26日(現地時間) - 【JRA】 アラブ首長国連邦ドバイ:メイダン競馬場で行われたドバイワールドカップ(G1・4歳以上、オールウェザー2000m、14頭立て)でJRA代表として出走した日本馬3頭のうち、ヴィクトワールピサ(牡4歳、栗東:角居勝彦厩舎、ミルコ・デムーロ騎乗)が1着となり、日本馬として史上初となる優勝を達成した。また2着にトランセンド(牡5歳、栗東:安田隆行厩舎、藤田伸二騎乗)が入線し、これも史上初となる日本馬によるワンツーフィニッシュとなった。なお、ブエナビスタ(牝5歳、栗東:松田博資厩舎、ライアン・ムーア騎乗)は8着に敗れた。またこの他の日本馬では、UAEダービー(GII、オールウェザー1900m、14頭立て)に出走したレーザーバレット(牡3歳、美浦:萩原清厩舎、藤田伸二騎乗)は9着、ドバイシーマクラシック(GI、芝2410m、14頭立て)に出走したルーラーシップ(牡4歳、栗東:角居勝彦厩舎、クリストフ・スミヨン騎乗)は6着だった。2011年の日本競馬 フレッシュアイペディアより)

512件中 51 - 60件表示

「首長国ドバイ」のニューストピックワード