744件中 81 - 90件表示
  • カジア

    カジアから見たドバイドバイ

    2001年、2歳時の9月にドイツで競走馬デビューしてデビュー初戦で初勝利を挙げた。次走はイタリアに遠征し、重賞競走初挑戦となった10月のドルメロ賞(G3)も制してデビュー2戦目で重賞競走初勝利を挙げた。レース後は休養に入り、休養中にゴドルフィンにトレードされたことに伴いサイード・ビン・スルール厩舎へ転厩し、ドバイで調教を受けた後にイギリスへ渡った。カジア フレッシュアイペディアより)

  • ザ・ラグーンズ

    ザ・ラグーンズから見たドバイドバイ

    ザ・ラグーンズ (The Lagoons) はアラブ首長国連邦・ドバイの進行中の大規模プロジェクト。ザ・ラグーンズ フレッシュアイペディアより)

  • ドバイ金融市場

    ドバイ金融市場から見たドバイドバイ

    ドバイ金融市場 (アラビア語 : , 英語 : Dubai Financial Market ; DFM) は、アラブ首長国連邦のドバイにある証券取引所のことである。ドバイ金融市場 フレッシュアイペディアより)

  • ナタゴラ

    ナタゴラから見たドバイドバイ

    翌2009年も競走生活の続行が予定されていたが、1月にドバイ副首相ハムダン・ビン=ラーシド・アール=マクトゥームへの譲渡が発表され、これに伴い引退、繁殖入りとなった。ナタゴラ フレッシュアイペディアより)

  • バランシーン

    バランシーンから見たドバイドバイ

    1993年、ホワイトマズルなどを管理するイギリスのピーター・チャップルハイアム調教師の管理馬として、2歳9月にデビューし、初戦から2連勝したがその後休養に入る。この間に管理がドバイのヒラール・イブラヒムに移る。バランシーン フレッシュアイペディアより)

  • マルシャンドール

    マルシャンドールから見たドバイドバイ

    休養を終え古馬となっての初戦はドバイ遠征を行い初のダート戦となったドバイゴールデンシャヒーンで8着、帰国後初戦のミュゲ賞 (G2) も8着という結果に終わったが、続く2年連続出走となったポルトマイヨ賞 (G3) を制して同競走2連覇を達成した。次はイギリスに遠征してジュライカップに出走したが4着だったものの、連覇の懸かったモーリス・ド・ゲスト賞では、ダッチアートに1馬身差をつけて勝利、同競走2連覇を達成した。次は再びイギリスに遠征し、スプリントカップに出走したがレッドクラブスに3/4馬身差で敗れて2着、一旦帰国し2年連続出走となったフォレ賞は3着、香港に遠征して出走した第9回香港スプリントは6着という結果に終わりその後は休養に入った。マルシャンドール フレッシュアイペディアより)

  • ワフィ・シティー

    ワフィ・シティーから見たドバイドバイ

    ワフィ・シティー(Wafi City)はアラブ首長国連邦のドバイにあるショッピングモールやホテル、住宅の複合施設。ワフィ・シティー フレッシュアイペディアより)

  • ビクトリーテツニー

    ビクトリーテツニーから見たドバイドバイ

    競走馬としてのデビューは2006年6月24日京都競馬場の新馬戦(ダート1200m)。このレースではエイシンイッテンの3着に敗れた、折り返しの2戦目で芝のレースに出走するも6着に沈む。3戦目から再びダートのレースに出走するようになり、直線先に抜け出したマイネルカンターレを差し切って初勝利を飾った。続くサラ系2歳500万下も半馬身差で快勝している。年が明けてバイオレットステークスは3着。その後、UAEダービーに招待され、ドバイではアルバスタキヤ、UAEダービーともAsiatic Boyに大差を付けられたとはいえ2着、5着と善戦した。ビクトリーテツニー フレッシュアイペディアより)

  • ウーロンゴン大学

    ウーロンゴン大学から見たドバイドバイ

    UOWは、1951年にニューサウスウェルス工科大学(現:ニューサウスウェールズ大学)が分校をウーロンゴンに設立されたのが、後の発展の基盤となり、1961年にウーロンゴンカレッジと改称、1975年には学校法人として本校ニューサウスウェールズ大学から独立した。1993年には、ドバイにも進出して、その後も国際色を強めている。2000年以降のUOWは、ニューサウスウェールズ州の他の大学の発展が成熟しきった事情もあって、政府からの高額な援助を受け、年々新しい施設を建築している。2008年には、図書館の改築が完了した。ウーロンゴン大学 フレッシュアイペディアより)

  • インディジェナス

    インディジェナスから見たドバイドバイ

    インディジェナス(原居民、Indigenous、1993年 - 2004年)は香港の競走馬。アイルランド、香港、日本、イギリス、シンガポール、ドバイで走り通算70戦15勝の成績を残した。ジャパンカップにも3度遠征、1999年には単勝12番人気の低評価のなか2着に粘り、大穴を演出した。インディジェナス フレッシュアイペディアより)

744件中 81 - 90件表示

「首長国ドバイ」のニューストピックワード