161件中 91 - 100件表示
  • ドバイ

    ドバイから見た観光都市

    世界有数の観光都市に成長しており、2012年にマスターカードが公表した統計によると、世界で8番目に外国人旅行者が多く訪れる都市であり、中東では随一である。現在は観光を軸とした一貫した政策のもとで、ジュメイラビーチの人工島に建設された世界最高級の高層ホテルである「ブルジュ・アル・アラブ」などの高級リゾートホテルや中東地域最大のショッピングセンターの建設、人工衛星から見える唯一の人工島群である「パーム・アイランド」や「ザ・ワールド」、「ジュメイラ・アイランズ」、「ドバイウォーターフロント」、「ジュメイラ・レイク・タワーズ」、「ドバイ・マリタイム・シティ」、「ドバイ・メディア・シティ」、「ドバイマリーナ」、砂漠の人工スキー場「スキー・ドバイ」など、各種観光資源の開発に力を注いでいる。ドバイ フレッシュアイペディアより)

  • ドバイ

    ドバイから見たナヒヤーン家

    漁業や真珠の輸出を産業の主とする小さな漁村だったこの地に、アブダビの首長ナヒヤーン家と同じバニー=ヤース部族のマクトゥーム家が、1830年代にアブダビから移住。これに伴ってドバイ首長国が建国され、ここに今に至るドバイの歴史が始まりの時を迎えた。1853年に他の首長国と同時にイギリスの保護国となる。ドバイ フレッシュアイペディアより)

  • ドバイ

    ドバイから見たドバイメトロ

    2005年に、ドバイ国際空港とジェベル・アリ港を結ぶ都市鉄道の建設(ドバイメトロ)に着手、日本企業4社を含む5社が建設を行った。4路線の計画路線のうち、2009年9月9日に「レッド・ライン」が開通し、2011年9月9日には「グリーン・ライン」が開通した。ドバイ フレッシュアイペディアより)

  • ドバイ

    ドバイから見た短パン

    外国人なら、女性であってもノースリーブに短パン、タンクトップなどといった、欧米と変わらない服装で町中を歩くことが許されている。首長家の女性が北京オリンピックのテコンドーと馬術に参加するなど女性のスポーツ参加が認められている。ドバイ フレッシュアイペディアより)

  • ドバイ

    ドバイから見た自由貿易

    統治を担ったイギリスはこの地を、東インド会社に到るための貴重な中継地とした。20世紀になると、歴代の首長の推進をもとに自由貿易の政策を採ったことで、周辺地域の商人達の拠点となりゆく流れのなかで、中継貿易港としての色合いを濃くしてゆく。ドバイ フレッシュアイペディアより)

  • ドバイ

    ドバイから見たオマーン

    中東地域のほぼ中央、ペルシア湾に面した平坦な砂漠の地にあり、面積はアラブ首長国連邦の構成7首長国中第2位にあたる約3,885km²。北でシャルジャ首長国に、南でアブダビ首長国に、東で国境を隔ててオマーン国に接する。ドバイ フレッシュアイペディアより)

  • ドバイ

    ドバイから見た砂漠気候

    亜熱帯気候にして夏冬の二季。夏季には、気温が50℃を超えることもあり、雨がまったく降らないにもかかわらずしばしば100%の湿度を観測する。逆に、年のおおよそ11月から3月にあたる冬季にはしばしば肌寒くもなる。また、冬季は砂嵐が発生することもある。しかし、冬季の平均気温は20度前後で非常にすごしやすく、観光業においてはハイシーズンとなっている。なお、ケッペンの気候区分では砂漠気候に相当する。ドバイ フレッシュアイペディアより)

  • ドバイ

    ドバイから見たメトロポリス

    21世紀に入る頃には、従来からの近代化の波を経て、中東における貿易・商業の最大の中心地と呼ばれるまでのメトロポリスに変貌していた。ドバイ フレッシュアイペディアより)

  • ドバイ

    ドバイから見たコードシェア

    現在、エミレーツ航空がドバイ国際空港から関西国際空港の間に1日1便直行便を日本航空とのコードシェアにより運航している。また、2010年3月より成田国際空港からの直行便も就航されている。過去には中部国際空港からの直行便も就航していたが、2009年3月に廃止された。ドバイ フレッシュアイペディアより)

  • ドバイ

    ドバイから見たラクダ

    野菜と鶏肉をパンと共に煮込むフリードという料理、ラクダのミルクが原料のラクダミルクチョコレートが存在する。ドバイ フレッシュアイペディアより)

161件中 91 - 100件表示

「首長国ドバイ」のニューストピックワード