161件中 121 - 130件表示
  • ドバイ

    ドバイから見た中世

    1970年代からわずか約20年のうちに起こった変化は、都市外観のそれのみならず、経済の石油依存率は半分以下に減じ、GDPの伸びは30倍に達するなど、『中世から近代への急変』との表現をもって語られる激変そのものである。ドバイ フレッシュアイペディアより)

  • ドバイ

    ドバイから見たアラビア半島

    ドバイ(、、:ドゥバイ)は、アラブ首長国連邦を構成する首長国のひとつ。また、ドバイ首長国の首都としてアラビア半島のペルシア湾の沿岸に位置する都市。ドバイ フレッシュアイペディアより)

  • ドバイ

    ドバイから見た南アジア

    2007年初頭において、住民の実に90%が外国人である。殊に『世界で最も美しいインド人の町』と言われるほどにインド人が多く、外国人のうち約60%を、インド人を主とする南アジアからの出稼ぎ労働者が占めている。『もはやアラブの都市にあらず』と言われる所以である。ドバイ フレッシュアイペディアより)

  • ドバイ

    ドバイから見たインフラストラクチャー

    元来の石油埋蔵量の少なさにより石油依存型経済からの脱却を志向せざるを得なかったドバイは、特に1980年代の半ば頃から経済政策として『産業の多角化』を積極的に進め、国をあげて中東における金融と流通、および観光の一大拠点となるべくハード、ソフト双方のインフラストラクチャーの充実に力を入れた。ドバイ フレッシュアイペディアより)

  • ドバイ

    ドバイから見たナド・アルシバ競馬場

    また、競馬の国際GI「ドバイワールドカップ」がメイダン競馬場(1996年 - 2009年まではナド・アルシバ競馬場)にて開催されている他、モータースポーツやゴルフ、マリンスポーツの世界的な大会の誘致を積極的に行っている。ドバイ フレッシュアイペディアより)

  • ドバイ

    ドバイから見たナショナル・フラッグ・キャリア

    その流れのうえで1981年(1985年)に開設に至った『ジュベル・アリ・フリーゾーン (JAFZ) 』という名の経済特区と大型港湾、およびナショナル・フラッグ・キャリアとしてのエミレーツ航空の就航開始は、国外資本や外国企業の進出とあわせて『人』と『物』の集積地としての発展を急速に促していった。ドバイ フレッシュアイペディアより)

  • ドバイ

    ドバイから見た首都

    ドバイ(、、:ドゥバイ)は、アラブ首長国連邦を構成する首長国のひとつ。また、ドバイ首長国の首都としてアラビア半島のペルシア湾の沿岸に位置する都市。ドバイ フレッシュアイペディアより)

  • ドバイ

    ドバイから見た沸騰都市

    1980年の時点でわずか28万人足らずだった総人口は、その後15年間のうちにおよそ2.5倍に膨れ上がり、1995年におよそ70万人、2007年初頭にはおよそ120万人となっている(ただし、『沸騰都市』によると、その大半は登記上の人口であるといい、定住人口はこれを大幅に下回るという)。一方、人口の約半数がインフラ整備のために低賃金で働くインドやバングラデシュなどから来た出稼ぎ労働者であるが、ビザの発行に際してスポンサーとなる雇用主には彼らの宿泊所を提供することが義務付けられている。ドバイ フレッシュアイペディアより)

  • ドバイ

    ドバイから見た公文書

    国語はアラビア語、官公庁の公文書もアラビア語であるが、英語、ヒンディー語(インド人)、ペルシア語(イラン人)なども多く会話に用いられる。ドバイ フレッシュアイペディアより)

  • ドバイ

    ドバイから見たジュメイラ・レイク・タワーズ

    世界有数の観光都市に成長しており、2012年にマスターカードが公表した統計によると、世界で8番目に外国人旅行者が多く訪れる都市であり、中東では随一である。現在は観光を軸とした一貫した政策のもとで、ジュメイラビーチの人工島に建設された世界最高級の高層ホテルである「ブルジュ・アル・アラブ」などの高級リゾートホテルや中東地域最大のショッピングセンターの建設、人工衛星から見える唯一の人工島群である「パーム・アイランド」や「ザ・ワールド」、「ジュメイラ・アイランズ」、「ドバイウォーターフロント」、「ジュメイラ・レイク・タワーズ」、「ドバイ・マリタイム・シティ」、「ドバイ・メディア・シティ」、「ドバイマリーナ」、砂漠の人工スキー場「スキー・ドバイ」など、各種観光資源の開発に力を注いでいる。ドバイ フレッシュアイペディアより)

161件中 121 - 130件表示

「首長国ドバイ」のニューストピックワード