186件中 121 - 130件表示
  • ドバイ

    ドバイから見た流通

    元来の石油埋蔵量の少なさにより石油依存型経済からの脱却を志向せざるを得なかったドバイは、特に1980年代の半ば頃から経済政策として『産業の多角化』を積極的に進め、国をあげて中東における金融と流通、および観光の一大拠点となるべくハード、ソフト双方のインフラストラクチャーの充実に力を入れた。ドバイ フレッシュアイペディアより)

  • ドバイ

    ドバイから見たタガログ語

    国語はアラビア語、官公庁の公文書もアラビア語であるが、英語、ヒンディー語(インド人)、ウルドゥー語(パキスタン人)、タガログ語(フィリピン人)なども多く会話に用いられる。外国人労働者の多くはアラビア語を解せず、南アジア諸国とフィリピンなどの旧英米植民地からの労働者が多いことから、英語が共通語として使われるケースが多く、実際には英語がアラビア語以上に使われており、アラビア語と英語の二言語併記となっている。ドバイ フレッシュアイペディアより)

  • ドバイ

    ドバイから見たサンフアン (プエルトリコ)

    サンフアン, プエルトリコドバイ フレッシュアイペディアより)

  • ドバイ

    ドバイから見た短パン

    外国人なら、女性であってもノースリーブに短パン、タンクトップなどといった、欧米と変わらない服装で町中を歩くことが許されている。首長家の女性が北京オリンピックのテコンドーと馬術に参加するなど女性のスポーツ参加が認められている。ドバイ フレッシュアイペディアより)

  • ドバイ

    ドバイから見た地表集電方式

    ドバイ・トラム・・・2014年に開通したトラム路線。ドバイ・マリーナ地区を走る。ドバイメトロ、ジュメイラ・モノレールとも接続されており、市内中心部からドバイメトロ、ドバイ・トラム、ジュメイラ・モノレールを乗り継いでパーム・アイランドまで行けるようになった。車両はアルストム社製の「シタディス」を採用し、車庫など一部を除いて全区間に渡って地表集電方式を採用、架空線を廃している。各停留所は高温かつ砂嵐が多い現地の環境を考慮して、空調とホームドアを備えた停留所となっており、乗車を待つ利用客の快適性を高めたものとなっている。ドバイ フレッシュアイペディアより)

  • ドバイ

    ドバイから見たコードシェア

    現在、エミレーツ航空がドバイ国際空港と、関西国際空港、成田国際空港、東京国際空港の間に1日1便ずつ直行便を日本航空とのコードシェアにより運航している。過去には中部国際空港からの直行便も就航していたが、2009年3月に廃止された。ドバイ フレッシュアイペディアより)

  • ドバイ

    ドバイから見た世襲

    ドバイは他のアラブ首長国連邦の構成国同様に世襲式の絶対君主制を採っている。現首長はムハンマド・ビン・ラーシド・アール・マクトゥームである。なおドバイにおいて議会選挙は行われておらず、結党の自由も認められていない。ドバイはUAEの国会である連邦国民評議会(定数40)に8議席を持っている。ドバイ フレッシュアイペディアより)

  • ドバイ

    ドバイから見た路面電車

    ドバイ・トラム・・・2014年に開通したトラム路線。ドバイ・マリーナ地区を走る。ドバイメトロ、ジュメイラ・モノレールとも接続されており、市内中心部からドバイメトロ、ドバイ・トラム、ジュメイラ・モノレールを乗り継いでパーム・アイランドまで行けるようになった。車両はアルストム社製の「シタディス」を採用し、車庫など一部を除いて全区間に渡って地表集電方式を採用、架空線を廃している。各停留所は高温かつ砂嵐が多い現地の環境を考慮して、空調とホームドアを備えた停留所となっており、乗車を待つ利用客の快適性を高めたものとなっている。ドバイ フレッシュアイペディアより)

  • ドバイ

    ドバイから見たウィキトラベル

    ウィキトラベル旅行ガイド - ドバイドバイ フレッシュアイペディアより)

  • ドバイ

    ドバイから見た運河

    街は東西に流れる運河を軸として大きく2つに分かれる。『ハウル・ドバイ』(ドバイ・クリーク、)というこの川を軸として、北側を『ディラ』(Deira) といい、南側を『バール・ドバイ』(Bur Dubai) という。ドバイはこのクリークを港として使用することで成立した都市であり、この2地区はドバイ成立時からの市街地として旧市街を形成している。ドバイ フレッシュアイペディアより)

186件中 121 - 130件表示

「首長国ドバイ」のニューストピックワード