186件中 81 - 90件表示
  • ドバイ

    ドバイから見たナド・アルシバ競馬場

    また、競馬の国際GI「ドバイワールドカップ」がメイダン競馬場(1996年 - 2009年まではナド・アルシバ競馬場)にて開催されている他、モータースポーツやゴルフ、マリンスポーツの世界的な大会の誘致を積極的に行っている。ドバイ フレッシュアイペディアより)

  • ドバイ

    ドバイから見た首都

    ドバイ(、、 ドゥバイ)は、アラブ首長国連邦を構成する首長国のひとつ。また、ドバイ首長国の首都としてアラビア半島のペルシア湾の沿岸に位置する、アラブ首長国連邦第2の中心都市。人口は約244万人(2016年1月)。ドバイ フレッシュアイペディアより)

  • ドバイ

    ドバイから見た沸騰都市

    1980年の時点でわずか28万人足らずだった総人口は、その後15年間のうちにおよそ2.5倍に膨れ上がり、1995年におよそ70万人、2007年初頭にはおよそ120万人となっている(ただし、『沸騰都市』によると、その大半は登記上の人口であるといい、定住人口はこれを大幅に下回るという)。一方、人口の約半数がインフラ整備のために低賃金で働くインドやバングラデシュなどから来た出稼ぎ労働者であるが、ビザの発行に際してスポンサーとなる雇用主には彼らの宿泊所を提供することが義務付けられている。ドバイ フレッシュアイペディアより)

  • ドバイ

    ドバイから見た浚渫

    第二次世界大戦が終結し、20世紀も半ばに迫った頃、この地を近代的な都市にすることを夢見た当時の首長の推進により、1959年のクウェートからの借金をもとにして社会資本の近代化が図られてゆく。ラーシドはこの借入金でドバイ・クリークの浚渫工事を実施し、中継貿易港としての基礎固めに成功して、以後の大発展の基礎を築いた。ドバイ フレッシュアイペディアより)

  • ドバイ

    ドバイから見たドバイランド

    2007年10月現在、ドバイには46のショッピングモールがある。2008年10月31日には世界最大規模のショッピングモール「ドバイ・モール」が正式オープン。現在、世界最大のテーマパークである「ドバイランド」が2015年から2018年の開業に向けて建設中である。ドバイランドにはユニバーサル・スタジオ・ドバイランドやドリームワークス・スタジオ・テーマパーク、アメリカのアミューズメント・パークの中東初進出となるシックス・フラッグス・ドバイランドも入る。ドバイ フレッシュアイペディアより)

  • ドバイ

    ドバイから見たデーツ

    アラブ、ドバイの人々はコーヒーを習慣的に飲む。また、旅人をアラビックコーヒーとデーツでもてなす。コーヒーポットが家宝になっていることもある。ドバイ フレッシュアイペディアより)

  • ドバイ

    ドバイから見たシャルジャ

    中東地域のほぼ中央、ペルシア湾に面した平坦な砂漠の地にあり、面積はアラブ首長国連邦の構成7首長国中第2位にあたる約3,885km2。北でシャルジャ首長国に、南でアブダビ首長国に、東で国境を隔ててオマーン国に接する。ドバイ フレッシュアイペディアより)

  • ドバイ

    ドバイから見たタンクトップ

    外国人なら、女性であってもノースリーブに短パン、タンクトップなどといった、欧米と変わらない服装で町中を歩くことが許されている。首長家の女性が北京オリンピックのテコンドーと馬術に参加するなど女性のスポーツ参加が認められている。ドバイ フレッシュアイペディアより)

  • ドバイ

    ドバイから見たアラブ

    2013年初頭において、住民の実に83%が外国人である。殊に『世界で最も美しいインド人の町』と言われるほどにインド人が多く、全人口のうち約75%を、インド人を主とする南アジアからの出稼ぎ労働者が占めている。『もはやアラブの都市にあらず』と言われる所以である。ドバイ フレッシュアイペディアより)

  • ドバイ

    ドバイから見た都市国家

    2003年以降の発展は特に凄まじく、2004年の後半から続く原油高がその発展を更に後押ししている。2005年度の経済成長率は16%と高い成長率を見せており、2007年の実質GDPは1980億ディルハム(約6兆円)にまで達している。人口も240万人を超えたドバイは摩天楼の連なる幻惑的な都市国家として中東でも随一の繁栄を誇っている。ドバイ フレッシュアイペディアより)

186件中 81 - 90件表示

「首長国ドバイ」のニューストピックワード