前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
5193件中 1 - 10件表示
  • 年明けうどん

    年明けうどんから見た香川県香川県

    日本において麺類関係の小麦粉使用量が2000年代は減少傾向(2001年 144万トン〜2008年 128万トン、農林水産省調べ)であることに危機感を持った『讃岐うどん業界』によって提唱された。大晦日の年越し蕎麦以外に全国的規模で麺を食する行事・習慣は存在せず、それ以外の国民的麺食行事・習慣を新たに創り出したいとの考えや、香川県における正月の食文化は「あんもち雑煮」が一部で存在しているが、讃岐うどんを食べる行事は特に存在しなかったことも要因となり、2008年7月からさぬきうどん振興協議会によって普及活動が開始された。年明けうどん フレッシュアイペディアより)

  • 真言宗醍醐派

    真言宗醍醐派から見た香川県香川県

    大本山 三宝院(醍醐寺山内、京都市伏見区)・転法輪寺(奈良県御所市)・西国寺(広島県尾道市)・道隆寺(香川県多度津町)・観音寺(香川県丸亀市)・龍泉寺(奈良県天川村)真言宗醍醐派 フレッシュアイペディアより)

  • 四国

    四国から見た香川県香川県

    四国には、徳島県、香川県、愛媛県、高知県の4つの地方公共団体(県)があり、4県総人口は3,912,670人である。(表右下 四国地方も参照)四国 フレッシュアイペディアより)

  • 市町村合併 (2000年代後半)

    市町村合併 (2000年代後半)から見た香川県香川県

    香川県丸亀市+綾歌郡綾歌町+飯山町=丸亀市(新設)市町村合併 (2000年代後半) フレッシュアイペディアより)

  • 日本のダムの歴史

    日本のダムの歴史から見た香川県香川県

    日本におけるダム建設が何時頃から開始されたのかは、明確な資料がないために不明である。中国大陸より弥生時代に稲作が伝来し、水田や畑地に用水を供給するための灌漑技術が次第に浸透したが、具体的に灌漑用のため池に関する記述が登場するのは『古事記』と『日本書紀』であり、特に5世紀に入ると渡来人であった倭漢氏が土木技術において先進的な技能を有していたと記されている。仁徳天皇の時代に茨田(まんだ)堤や横野堤といった堤防が建設されたという伝承があり、渡来人または仏教を伝来した僧侶が中国大陸の最新土木技術を日本に伝え、次第にため池やダム建設技術が向上していったと考えられている。「日本最古のため池」とされている奈良県奈良市に建設された蛙股池(かえるまたいけ)は162年に建設されたという説と607年推古天皇の治世下で建設されたという説があり、決着を見ていない。こうした古代におけるため池建設において、21世紀の今に残る河川法上のダムは大阪府の狭山池(西除川)と香川県の満濃池(金倉川)がある。日本のダムの歴史 フレッシュアイペディアより)

  • NHKのど自慢

    NHKのど自慢から見た香川県香川県

    2013年9月8日は香川県まんのう町からの生放送であったが、正午のニュースが「2020年の東京オリンピック」関連報道で拡大されたため、12:30 - 13:15の放送であった。NHKのど自慢 フレッシュアイペディアより)

  • 金甲山送信所

    金甲山送信所から見た香川県香川県

    民放各社の地上デジタル放送における、この送信所の電波法に定める放送区域(1mV/m)は岡山県岡山市(中区、東区、南区)、倉敷市、玉野市、瀬戸内市、浅口市、都窪郡早島町、香川県香川郡直島町、綾歌郡宇多津町及び仲多度郡多度津町の全域、並びに岡山市(北区)、笠岡市、総社市、備前市、赤磐市、和気郡和気町、浅口郡里庄町、小田郡矢掛町、香川県高松市、丸亀市、坂出市、善通寺市、さぬき市、三豊市、小豆郡土庄町、小豆島町及び木田郡三木町の各一部、74万4,984世帯である。金甲山送信所 フレッシュアイペディアより)

  • 香川県庁舎

    香川県庁舎から見た香川県香川県

    香川県庁舎(かがわけんちょうしゃ)は香川県高松市番町にある香川県の行政機関が入る建物群の総称。香川県庁舎 フレッシュアイペディアより)

  • 高松市の歴史

    高松市の歴史から見た香川県香川県

    本項では香川県高松市及びそれに関連する歴史について述べる。高松市の歴史 フレッシュアイペディアより)

  • 徳島県

    徳島県から見た香川県香川県

    県北部の徳島平野を除いては全体的に山地の多い地形で、特に徳島平野以南に峙える四国山地は、西日本でも有数の険しい山岳地帯となっている。この山々は昔から現在に至るまで四国内の物流や交流の大きな障害となって来た。その一方で、山間部からは吉野川、勝浦川、那賀川など、水量の豊富な河川が多数流れ出しており、豊かな水資源をもたらしてくれている。河川が少なく水不足に陥りやすい隣の香川県とは対照的であるが、逆に治水に長年悩まされている。また那賀川下流域ではほぼ毎夏、工業用水などの渇水が深刻化している。なお徳島県内で最長の河川は吉野川(徳島県側延長109km※)ではなく那賀川(延長125km)である(※総延長194kmから高知県側85kmを引き算出)。徳島県 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
5193件中 1 - 10件表示

「香川のできごと」のニューストピックワード