532件中 91 - 100件表示
  • 香川県

    香川県から見たマンション

    1980年代までは伝統的な個人経営の小売店舗が多数を占めていたが、1990年代以降、都市化やモータリゼーションの進行、大量消費社会の浸透により、全国や中国・四国地方で展開するスーパーマーケットやコンビニ、電器店等のチェーン店舗が郊外の幹線道路沿いに多数開店し、生活する上での利便性が増した一方、バブル経済の崩壊もあいまって各市ともほぼ例外なく中心市街地がドーナツ化現象により空洞化し、都市部の地価の下落が進んだ。その反動で特に高松市では2000年代に中心市街地周辺への高層マンションの建設が相次ぎ、複数の再開発事業など公共投資が活発に展開された結果、小売店舗の中心市街地への新規出店などにより活気や人通りが戻りつつある。香川県 フレッシュアイペディアより)

  • 香川県

    香川県から見たイワシ

    イワシやシラス、タコやイカナゴなどの海面漁業のほかハマチやノリ、マダイなどの養殖漁業も盛んである。特にハマチの養殖は香川県が全国で始めて成功し、2009年(平成21年)の県の漁業全体の生産額でも17%を占める主要産業になっている。香川県 フレッシュアイペディアより)

  • 香川県

    香川県から見た遍路

    香川県は国内でも指折りの県民の貯蓄率を誇る。温暖な気候風土で、堅実な小金持ちが多く、四国お遍路へのお接待の精神もある。香川県 フレッシュアイペディアより)

  • 香川県

    香川県から見たさいたま市

    セカンドストリート - 2006年(平成18年)に子会社の吸収によりさいたま市北区へ移転。登記上の本店は現在も高松市。香川県 フレッシュアイペディアより)

  • 香川県

    香川県から見た手袋

    瀬地場産業の手袋・桐下駄・うちわ・うどんは日本一の生産量を占め、オリーブ・金時人参・マーガレット・松盆栽、レタス、ニンニク等の生産も盛んである。中でも、オリーブの日本での栽培は、小豆島で1907年(明治40年)にはじめて成功したとされる。香川県 フレッシュアイペディアより)

  • 香川県

    香川県から見たたまねぎ

    米の作付面積はヒノヒカリが全体の45.9%と最も多く、次いでコシヒカリ37.4%となっており、この2品種で全体の8割以上を占めている。これら主食用うるち米の6割は県内で消費され、残り3割は大阪府、1割は兵庫県に向けて出荷されている。麦の作付面積はさぬきの夢2000が68.5%、イチバンボシが31.2%でこの2品種でほぼ全てを構成している。野菜の生産量で最も多いのはレタスで、次いでたまねぎ、ブロッコリー、きゅうり、ねぎ、いちごの順となっている。香川県 フレッシュアイペディアより)

  • 香川県

    香川県から見た那覇空港

    香川県内の唯一の空港は高松空港である。高松市香南町由佐に所在する国管理空港、準国際空港で、国内線では東京、那覇の2都市へ、国際線ではソウルへ定期便が運行している。また、2011年(平成23年)3月末には格安航空会社による上海便が定期航路として就航する予定であったが、東日本大震災や福島第一原発の事故の影響(主に風評被害)で就航が延期された。香川県 フレッシュアイペディアより)

  • 香川県

    香川県から見た小畑美稲

    第4代 小畑美稲 1893年(明治26年)4月5日香川県 フレッシュアイペディアより)

  • 香川県

    香川県から見た土器

    縄文時代晩期後半の林防城遺跡(高松市)で、当時の土器と木製諸手狭鍬が出土しているなどから、県下にも稲作が伝播し、水田耕作が行われたと推定されが、他に水稲耕作に直接かかわる道具や同時に伝播するはずの文化要素が見当たっていない。また、水稲耕作に従事したムラの形跡がない。香川県 フレッシュアイペディアより)

  • 香川県

    香川県から見た関東地方

    平安時代には関東地方での平将門の乱に乗じて藤原純友が伊予国で蜂起し、純友は讃岐国の国府を陥落させた。朝廷が追捕使として小野好古を派遣すると讃岐国の武士も乱の平定のために戦う。保元の乱で敗れた崇徳上皇は讃岐国に流刑され、讃岐国で死んだ。平安時代後期には源平合戦の1つである屋島の戦いが行われる。一ノ谷の戦いで源義経に敗れた平氏は屋島の戦いにおいても義経軍の背後からの急襲で敗北し、以後平氏は瀬戸内海における制海権を失った。香川県 フレッシュアイペディアより)

532件中 91 - 100件表示

「香川のできごと」のニューストピックワード