545件中 91 - 100件表示
  • 香川県

    香川県から見たニンニク

    うどんの生産量が日本一であり、オリーブ・金時人参・マーガレット・レタス、ニンニク等の生産も盛んである。中でも、オリーブの日本での栽培は、小豆島で1907年(明治40年)に初めて成功したとされる。香川県 フレッシュアイペディアより)

  • 香川県

    香川県から見たマダイ

    イワシやシラス、タコやイカナゴなどの海面漁業のほかハマチやノリ、マダイなどの養殖漁業も盛んである。特にハマチの養殖は香川県が全国で初めて成功し、2009年(平成21年)の県の漁業全体の生産額でも17%を占める主要産業になっている。香川県 フレッシュアイペディアより)

  • 香川県

    香川県から見た猛暑日

    積雪も一冬に1 - 2回程度は起こるが、大雪は少ない。また夏は瀬戸内海の「凪」や四国山地越えのフェーン現象などの影響で、猛暑日や熱帯夜になる日も少なくない。香川県 フレッシュアイペディアより)

  • 香川県

    香川県から見た高松市美術館

    高松市美術館(以下高松市)香川県 フレッシュアイペディアより)

  • 香川県

    香川県から見た鳴門海峡

    北部に広がる瀬戸内海には、小豆島など多くの島々が点在している。本州の岡山県とは島々を伝う形で架けられた瀬戸大橋により、道路・鉄路で結ばれている。瀬戸内海を越えた岡山県や、鳴門海峡を越えた近畿地方との繋がりが深い。特に岡山県との間においては、民間テレビ放送局が同一のエリアになる程であるが、同時に対抗心も強い。香川県 フレッシュアイペディアより)

  • 香川県

    香川県から見た四国地方

    県庁所在地の高松市には四国地方4つの県警察を監督する四国管区警察局が置かれている。そのうち香川県内を管轄するのは香川県警察本部以下12の警察署である。香川県 フレッシュアイペディアより)

  • 香川県

    香川県から見たビール

    2007年(平成19年) - 2009年(平成21年)家計調査によれば県庁所在地の高松市では全国平均と比較して以下のような特徴が見られた。特筆すべきは家庭内・外食ともうどんの消費が国内1位であるばかりか、全国平均や直近の2位と比べても圧倒的大量なことである。逆に大衆食品と目される食品のうちスパゲッティやハンバーグ、緑茶、ビールは香川県が日本で最も消費されていない都道府県である。さらに特徴的なのは、雨が降らず日照時間も長い気候を反映してティッシュペーパーやトイレットペーパーの紙類の消費が最低な点である。香川県 フレッシュアイペディアより)

  • 香川県

    香川県から見た瀬戸内国際芸術祭

    香川県は、国内でも指折りの県民の貯蓄率を誇る。温暖な気候風土で堅実な小金持ちが多く、四国お遍路へのお接待の精神も残る一方、国内外で活躍する人材を数多く輩出するなど「教育県」としての側面も持つほか「瀬戸内国際芸術祭」を開催するなどアートにも熱心である。また、全国に先駆けてICTを活用した遠隔医療ネットワークが稼働し、医療機関の連携が図られていることで医療水準は非常に高い。総合病院の移住拡張、改築が進み、救急病院数が全国2位を誇り、救急車搬送所要時間は全国3位、介護老人保健施設普及率で全国8位、看護師数が全国14位、医師数は全国12位であるなど医療福祉分野では先進県である。一方、2009年度と2010年度の有効求人倍数はそれぞれ全国1位、2位を誇るなど働きやすい県でもある。香川県 フレッシュアイペディアより)

  • 香川県

    香川県から見た緑茶

    2007年(平成19年) - 2009年(平成21年)家計調査によれば県庁所在地の高松市では全国平均と比較して以下のような特徴が見られた。特筆すべきは家庭内・外食ともうどんの消費が国内1位であるばかりか、全国平均や直近の2位と比べても圧倒的大量なことである。逆に大衆食品と目される食品のうちスパゲッティやハンバーグ、緑茶、ビールは香川県が日本で最も消費されていない都道府県である。さらに特徴的なのは、雨が降らず日照時間も長い気候を反映してティッシュペーパーやトイレットペーパーの紙類の消費が最低な点である。香川県 フレッシュアイペディアより)

  • 香川県

    香川県から見た高速鉄道

    超広域連絡に供する鉄道としては四国新幹線の計画があるが、実現の見通しは全く立っていない。このため2016年3月の北海道新幹線開業により、四国は日本の主要4島で唯一高速鉄道の存在しない島となった。香川県 フレッシュアイペディアより)

545件中 91 - 100件表示