532件中 71 - 80件表示
  • 香川県

    香川県から見た日柳燕石

    幕末には高杉晋作を匿った日柳燕石が出ている。香川県 フレッシュアイペディアより)

  • 香川県

    香川県から見た山内俊夫

    2011年(平成23年)現在、ここ10数年は自民党が議席を独占していたが2007年(平成19年)の選挙では初めて民主党公認の女性候補が当選した。さらに2010年(平成22年)に自民党所属の山内俊夫が離党し、改革クラブに入党したため、自民党所属の議員がゼロとなったが、同年の選挙で自民党の公募による新人が初当選し、再び自民党所属の議員が復活した。香川県 フレッシュアイペディアより)

  • 香川県

    香川県から見た後醍醐天皇

    鎌倉新仏教派の法然も流刑されたことで有名。足利尊氏らの活躍で鎌倉幕府が滅亡して、後醍醐天皇の建武の新政が始まると、讃岐国には足利氏の一門である細川定禅が入った。以後、南北朝時代を経て室町時代を通じて、細川氏が守護大名として讃岐国を支配した。室町幕府内での政争に敗れて南朝に与した細川清氏は、従弟の細川頼之と戦い、敗れた(白峰合戦、現宇多津町・坂出市)。香川県 フレッシュアイペディアより)

  • 香川県

    香川県から見た泉守紀

    第33代 泉守紀 1945年(昭和20年)1月21日香川県 フレッシュアイペディアより)

  • 香川県

    香川県から見た平賀源内

    生駒氏が生駒騒動によって出羽国へ移されると、水戸徳川家の嫡流である松平頼重が高松に入って東讃高松藩12万石を、京極氏が丸亀に入って西讃丸亀藩5万1千石を領する。途中、京極丸亀藩は支藩として多度津藩1万石を分立させたため、江戸時代の讃岐国には3つの藩が並立することになった。高松藩からは平賀源内が出ている。香川県 フレッシュアイペディアより)

  • 香川県

    香川県から見た高橋雄豺

    第23代 高橋雄豺 1931年(昭和6年)6月27日香川県 フレッシュアイペディアより)

  • 香川県

    香川県から見た平井城一

    4代 平井城一 1986年(昭和61年)9月5日 - 1998年(平成10年)9月4日香川県 フレッシュアイペディアより)

  • 香川県

    香川県から見た小野好古

    平安時代には関東地方での平将門の乱に乗じて藤原純友が伊予国で蜂起し、純友は讃岐国の国府を陥落させた。朝廷が追捕使として小野好古を派遣すると讃岐国の武士も乱の平定のために戦う。保元の乱で敗れた崇徳上皇は讃岐国に流刑され、讃岐国で死んだ。平安時代後期には源平合戦の1つである屋島の戦いが行われる。一ノ谷の戦いで源義経に敗れた平氏は屋島の戦いにおいても義経軍の背後からの急襲で敗北し、以後平氏は瀬戸内海における制海権を失った。香川県 フレッシュアイペディアより)

  • 香川県

    香川県から見た細川頼之

    鎌倉新仏教派の法然も流刑されたことで有名。足利尊氏らの活躍で鎌倉幕府が滅亡して、後醍醐天皇の建武の新政が始まると、讃岐国には足利氏の一門である細川定禅が入った。以後、南北朝時代を経て室町時代を通じて、細川氏が守護大名として讃岐国を支配した。室町幕府内での政争に敗れて南朝に与した細川清氏は、従弟の細川頼之と戦い、敗れた(白峰合戦、現宇多津町・坂出市)。香川県 フレッシュアイペディアより)

  • 香川県

    香川県から見た長宗我部元親

    土佐国を統一した長宗我部氏が三好・織田氏の内乱に乗じて讃岐へ侵攻する、これにより織田信長による四国攻めを招くことになった。豊臣秀吉が四国平定に取りかかると讃岐へは宇喜多秀家を総大将とする豊臣軍が侵攻し、長宗我部元親が秀吉に屈服すると讃岐は仙石秀久に与えられ、その後は尾藤氏、生駒氏が相次いで封ぜられる。当初は宇多津聖通寺城に拠点が置かれたが、手狭のため高松に新城が築かれ拠点とされた。香川県 フレッシュアイペディアより)

532件中 71 - 80件表示

「香川のできごと」のニューストピックワード