前へ 1 2 3 4 5 6 7 8
71件中 1 - 10件表示
  • レヴィー・クルピ

    レヴィー・クルピから見た香川真司香川真司

    2007年5月、都並敏史の解任を受け、10年ぶりにC大阪の監督に復帰。それまで守備的MFの控え選手だった当時18歳の香川真司を就任後すぐに攻撃的MFとしてレギュラーに抜擢。香川はひと月も経たずしてチームの中心選手となる。短期間で低迷していたチームの建て直しに成功し、一時期絶望視されていたJ1への昇格争いにも加わった。昇格はならなかったものの、香川、小松塁、森島康仁ら若手の成長を促し、レギュラーに定着させるなどその手腕を遺憾なく発揮した。レヴィー・クルピ フレッシュアイペディアより)

  • FCみやぎバルセロナ

    FCみやぎバルセロナから見た香川真司香川真司

    1998年3月、ジュニアユースチームとして発足。2001年にユース、2011年に女子チームが発足。2004年に1期生の西山貴永が川崎フロンターレに入団し、以降丹野研太、香川真司などの選手を輩出している。各年代別日本代表にも多くの選手が選出されている。FCみやぎバルセロナ フレッシュアイペディアより)

  • 乾貴士

    乾貴士から見た香川真司香川真司

    2007年に横浜F・マリノスへ入団。J1第2節・対横浜FC戦でプロデビューを果たしたものの、以降は横浜FMの厚い選手層に阻まれ、なかなか出場機会を得られなかった。このため、2008年6月からセレッソ大阪へ期限付き移籍し、香川真司と息の合ったプレーを披露。チームはJ1昇格はならなかったが、シーズン終了後に活躍を認められセレッソ大阪に完全移籍。乾貴士 フレッシュアイペディアより)

  • セレッソ大阪

    セレッソ大阪から見た香川真司香川真司

    背番号「8」は特別なものであるとされ、「ミスターセレッソ」こと森島寛晃が長年つけていたが、引退後は香川真司などその後チームの中心となる選手に受け継がれている。セレッソ大阪 フレッシュアイペディアより)

  • ホルシュタイン・キール

    ホルシュタイン・キールから見た香川真司香川真司

    国内カップ戦においては1941年の4強進出が最高。準決勝はシャルケ04に0対6で敗れた。その後、目立った成績はみられなかったが、2002年の1回戦では1部のヘルタ・ベルリンを破る快挙を果たした。また、2011/2012シーズンDFB Pokalでは前年のブンデスリーガ王者のボルシア・ドルトムントに敗れた(0-4)ものの、準々決勝まで進出した。なお、この試合で日本代表・香川真司が二点目となるゴールを挙げている。ホルシュタイン・キール フレッシュアイペディアより)

  • 高山啓義

    高山啓義から見た香川真司香川真司

    2009年6月29日、セレッソ大阪対水戸ホーリーホック戦において、スローインを他の選手に代わろうとした香川真司に対してイエローカードを出すそぶりで威嚇した。高山啓義 フレッシュアイペディアより)

  • 2010 FIFAワールドカップ日本代表

    2010 FIFAワールドカップ日本代表から見た香川真司香川真司

    2010 FIFAワールドカップ日本代表(2010フィーファワールドカップにほんだいひょう)のは、2010年に南アフリカで開催されたFIFAワールドカップのサッカー日本代表メンバー。監督の岡田は「本大会ベスト4」を目標に掲げたが、予選での戦いから解任論が出るような状態であった。本戦での登録メンバーには若手選手が多かった。岡田が我慢強く使い重用していた香川真司は本大会登録メンバーからは漏れた。サプライズ選出としては矢野貴章がアルビレックス新潟初のW杯戦士となった。2010 FIFAワールドカップ日本代表 フレッシュアイペディアより)

  • 宮城県黒川高等学校

    宮城県黒川高等学校から見た香川真司香川真司

    香川真司 (プロサッカー選手・プレミアリーグ、マンチェスター・ユナイテッドFC) (転校→ウィザス高等学校)宮城県黒川高等学校 フレッシュアイペディアより)

  • 三村仁司

    三村仁司から見た香川真司香川真司

    君原健二、瀬古利彦、谷口浩美、高橋尚子、有森裕子、野口みずき、イチロー、長谷川穂積、尾崎好美、小崎まり、青木宣親、内川聖一、香川真司、木?良子などトップアスリートのシューズ製作を担当。三村仁司 フレッシュアイペディアより)

  • 移籍金

    移籍金から見た香川真司香川真司

    2001年、FIFAは、国際移籍をするような優秀な選手を育てたクラブ(12歳-23歳在籍チーム)が、その対価を得られる制度として「連帯貢献金」を定めた。選手が国際移籍をした場合に、移籍金の5%が連帯貢献金となる。12-15歳まで所属したクラブは1年当たり移籍金の0.25%、16-23歳までのクラブは0.5%を、移籍先に請求することができる(育成したクラブの申告制)。例えば、2012年7月1日からボルシア・ドルトムントからマンチェスター・ユナイテッドFCへ移籍金15億円で移籍した香川真司の場合は、このうち5%の7500万円の連帯貢献金を、香川が12歳から23歳まで育ったクラブに分配することが出来る。香川が12歳から16歳まで過ごしたFCみやぎバルセロナが2千万円強で、残りの連帯貢献金は、21歳まで過ごしたセレッソ大阪、23歳まで所属したドルトムントが在籍期間に従って受け取ることが出来る。連帯貢献金は移籍金が発生する国際移籍のたびに支払われるため、今後も選手を育てたクラブがきちんと手続きを行い、申告すれば受け取ることが出来る。移籍金 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8
71件中 1 - 10件表示

「香川真司」のニューストピックワード