71件中 21 - 30件表示
  • マリオ・ゲッツェ

    マリオ・ゲッツェから見た香川真司香川真司

    ボルシア・ドルトムントのユース出身の選手であり、8歳の時からドルトムントに所属している。ブンデスリーガデビューとなったのは2009年11月21日に行われ、0-0で引き分けたマインツ戦であり、ヤクプ・ブワシュチコフスキと交代で88分から出場した。2010-11シーズンのブンデスリーガでは香川真司が怪我でチームを離脱して以降、ユルゲン・クロップはゲッツェを重用し、期待に応えたゲッツェは中心選手としてチームのリーグ優勝に貢献した。シーズンを通して6ゴール15アシストを記録し、2004-05シーズン以降のブンデスリーガにおいて、18歳の選手として最高の記録を残した。マリオ・ゲッツェ フレッシュアイペディアより)

  • 1989年のスポーツ

    1989年のスポーツから見た香川真司香川真司

    3月17日 - 香川真司(兵庫県、サッカー)1989年のスポーツ フレッシュアイペディアより)

  • 槙野智章

    槙野智章から見た香川真司香川真司

    2010年12月30日、ドイツ・ブンデスリーガの1.FCケルンへ完全移籍加入することで合意したと発表された。契約期間は2013年6月30日まで。代理人は長谷部誠、香川真司らと同じトーマス・クロート。2011年1月29日、FCザンクトパウリ戦でブンデスリーガデビュー。チームは敗れたがフル出場した。しかし、その後は中々出場機会に恵まれず、移籍1年目は出場5試合に留まった。続く2011-12シーズンも前半戦でわずか3試合の出場のみとなった。槙野智章 フレッシュアイペディアより)

  • F.C.オフサイドトーク

    F.C.オフサイドトークから見た香川真司香川真司

    海外移籍組:香川真司(セレッソ→ボルシア・ドルトムント→マンチェスター・ユナイテッド)、安田理大(ガンバ→エールディヴィジ・フィテッセ)、乾貴士(横浜F・マリノス→セレッソ→VfLボーフム)F.C.オフサイドトーク フレッシュアイペディアより)

  • 小松塁

    小松塁から見た香川真司香川真司

    2008年も当初は出場機会に恵まれなかったが、第8節のロアッソ熊本戦でスタメンに復帰すると、第9節の横浜FC戦から5試合連続でゴールを挙げるなど、スタメン起用に応えて成果を挙げている。2008年シーズンでは、古橋の負傷もあり、小松が1トップとなり、左に香川真司、右に柿谷曜一朗ないしは白谷建人、後半以降は乾貴士がシャドープレーヤーとなるフォーメーションを組むことが多かった。時として、森島康仁やカイオとツインタワーを組むこともあった。しかし10月のフォーメーション変更後は、カイオにポジションを奪われ、再び控え暮らしが続くようになった。それでも、香川と並んで、チームトップタイの16得点を稼いだ。小松塁 フレッシュアイペディアより)

  • 矢野貴章

    矢野貴章から見た香川真司香川真司

    2010年8月27日、ブンデスリーガのSCフライブルク公式サイトにて、同クラブとの契約が発表され、夢だった海外移籍を実現。代理人は長谷部誠、香川真司らと同じトーマス・クロート。9月11日、VfBシュトゥットガルト戦でブンデスリーガデビューを果たすも、その後はレギュラーの座を掴むすることはできず、2010-11シーズンは主に途中投入で15試合に出場するも無得点に終わった。翌2011-12シーズンは、ベンチ入りすることもままならず、2011年12月20日にクラブから戦力外通告を受けた。その後、ドイツクラブへの移籍やスイス2部・FCアーラウのトライアウトの参加など去就が報じられたが、いずれも契約には至らず、2012年2月8日、古巣新潟への完全移籍での復帰が発表された。背番号は前回所属時の11番をFWブルーノ・ロペスが背負っていたため、空いていた9番を背負うこととなった。1年半ぶりの復帰となった新潟ではリーグ戦開幕から未勝利のまま低迷していたチームの初勝利となった第6節セレッソ大阪戦で決勝ゴールを挙げるなどしたものの、リーグ戦30試合に主に試合途中から出場が殆どで、得点も2得点に留まるなど、低迷したチームの中、期待通りの活躍が出来ずにシーズンを終えた。矢野貴章 フレッシュアイペディアより)

  • 牧内辰也

    牧内辰也から見た香川真司香川真司

    2008年、香川真司らを擁しカタール国際ユーストーナメントで優勝。同年、AFC U-19選手権予選を突破したものの、AFC U-19選手権2008では準々決勝対U-19韓国代表に破れ2009 FIFA U-20ワールドカップの出場権を得る事ができなかった。大会終了後同代表監督を退任した。牧内辰也 フレッシュアイペディアより)

  • 遠藤康

    遠藤康から見た香川真司香川真司

    3歳年長の兄が所属していた少年サッカークラブ、なかのフットボールクラブでサッカーに触れるようになり、6歳の時に同クラブに正式に入団した。小学校5年次、クラブ代表の小幡忠義の勧誘を受け、2001年に塩釜FCジュニアユースに入団。中学3年次の2003年にはU-16宮城県トレセンに、当時FCみやぎバルセロナジュニアユース所属だった香川真司とともに選出されて同年度のカメイカップに出場した。遠藤康 フレッシュアイペディアより)

  • 今野泰幸

    今野泰幸から見た香川真司香川真司

    2012年10月12日に行われたフランスとの親善試合ではCKからボールを奪いドリブルでカウンターを仕掛け決勝点を導いたが、海外の多くのメディアがこのゴールの得点者を、本来の香川真司ではなく今野であると誤報した。今野泰幸 フレッシュアイペディアより)

  • 岡崎慎司

    岡崎慎司から見た香川真司香川真司

    2008年7月に入籍し、翌年1月には第1子が誕生している。2011年1月21日のアジアカップ2011・カタール戦の香川真司の1点目のゴール(岡崎のループシュートを香川が押し込んだ)の際、この日生まれた第2子の誕生をゆりかごダンスで祝った。岡崎慎司 フレッシュアイペディアより)

71件中 21 - 30件表示

「香川真司」のニューストピックワード