71件中 31 - 40件表示
  • 本田 圭佑

    本田圭佑から見た香川真司香川真司

    同年2月7日、全国のサッカー担当記者の投票による2010年度のフットボーラー・オブ・ザ・イヤー(年間最優秀選手)では、有効投票202票のうち75票を集め、33票で2位の楢崎正剛や22票で3位の香川真司・田中マルクス闘莉王らを抑えて、初選出された(50年の歴史がある賞だが、海外のクラブでプレーする選手がこの賞を受賞するのは初)。3月29日に開催されたチャリティーマッチ「東北地方太平洋沖地震復興支援チャリティーマッチ がんばろうニッポン!」では、1点目のきっかけとなったフリーキックを獲得し、岡崎の2点目をアシストする活躍を見せた。本田圭佑 フレッシュアイペディアより)

  • ヤンマー

    ヤンマーから見た香川真司香川真司

    香川真司 - 2011年現在、CMに出演。ヤンマー フレッシュアイペディアより)

  • 高校生Jリーガー

    高校生Jリーガーから見た香川真司香川真司

    香川真司 (FCみやぎバルセロナ) (セレッソ大阪)高校生Jリーガー フレッシュアイペディアより)

  • 都倉賢

    都倉賢から見た香川真司香川真司

    川崎で出場機会を得られず、2008年シーズン途中にザスパ草津に期限付き移籍しレギュラーとしてプレーし、同2009年シーズンからは草津へ完全移籍した。2009年は香川真司に次ぎリーグ2位となる23得点をあげ、低迷するチームの中でひとり気を吐いた。同年オフに複数のクラブからのオファーを受けヴィッセル神戸へ完全移籍した。4月17日のベガルタ仙台戦で移籍後初得点を記録。しかし、チームが低迷し監督が交代して以降はスタメンから外れることも増え、シーズン終盤はメンバー入りもかなわなかった。2011年は開幕当初は流れを変える切り札的な起用をされていたが11節の清水エスパルス戦で2得点をあげ、その後はスタメンに定着したが、17節鹿島アントラーズ戦で試合終盤に中足骨を骨折し、シーズンをほぼ棒に振ることとなった。2012年はタイプが似た元日本代表FW田代有三の加入で立場が危ぶまれたが、大きな故障もなく、6月30日の古巣川崎戦では強烈なミドルシュートを叩きこんだ後イタリア代表でマンチェスター・シティ所属のマリオ・バロテッリがEURO2012で披露したゴールセレブレーションを披露し話題となった。J1では自己最多の25試合に出場し、自己最多の6得点をあげた。都倉賢 フレッシュアイペディアより)

  • 清武弘嗣

    清武弘嗣から見た香川真司香川真司

    2010年、大分の降格に伴い高橋大輔、上本大海と共にセレッソ大阪に完全移籍。シーズン序盤は相次ぐ怪我のため出場機会は少なかったが、香川真司の退団後はその穴を埋める存在としてW杯中断明けからは家長、乾貴士とともに3シャドーを形成してレギュラーに定着した。清武弘嗣 フレッシュアイペディアより)

  • 東芝メディカルシステムズ

    東芝メディカルシステムズから見た香川真司香川真司

    2012年 - サッカー日本代表の香川真司が入団したマンチェスター・ユナイテッドに定価57億円のCT装置などを無償貸与、公式パートナーとなった。東芝メディカルシステムズ フレッシュアイペディアより)

  • 細貝萌

    細貝萌から見た香川真司香川真司

    2011-12シーズン、1部昇格を果たしたアウクスブルクは常に残留争いの渦中に立たされるも、自身はレギュラーとして定着し、9月9日の第5節レバークーゼン戦でブンデスリーガ初得点を決めた。2012年3月10日、第25節ボルシア・ドルトムント戦では、首位を走るドルトムントの中心選手である香川真司を激しいマンマークで抑える活躍を見せこの節のベストイレブンに選ばれた。最終的にブンデスリーガ所属の日本人選手では最多の32試合に出場し、クラブの1部残留に貢献した。細貝萌 フレッシュアイペディアより)

  • 金崎夢生

    金崎夢生から見た香川真司香川真司

    加入直後の2007年から中盤の全てをこなせる万能型ミッドフィールダーとして期待されていたが、中盤のレギュラーに割って入ることができずポジション獲得はならなかった。しかし、「スーパーサブ」として重用され、ルーキーながら18試合に出場した。11月には香川真司の代役としてU-18日本代表にも選出され、攻撃陣を牽引した。金崎夢生 フレッシュアイペディアより)

  • AFCアジアカップ2011

    AFCアジアカップ2011から見た香川真司香川真司

    アルベルト・ザッケローニが新監督として就任したばかりの日本は、前年の2010 FIFAワールドカップからメンバーを大幅に若返らせて出場。しかし、初戦で格下のヨルダンに辛うじて引き分けるなど準備不足もあって大会序盤はなかなか調子が上がらず、しかも激しい戦いの中で松井大輔や香川真司などが次々と怪我で離脱していった。しかし、3戦目でサウジアラビアに5-0で圧勝して調子を取り戻すと、準々決勝では開催国のカタールを相手に一人退場後の数的不利な状況から逆転勝利。準決勝では韓国に延長戦ロスタイムで同点に追いつかれるもPK戦で勝ち抜き、決勝では延長戦の末、オーストラリアに勝利し、2大会ぶりに優勝した。AFCアジアカップ2011 フレッシュアイペディアより)

  • ユルゲン・クロップ

    ユルゲン・クロップから見た香川真司香川真司

    2009-10シーズン以降、ケヴィン・グロスクロイツ、ヌリ・シャヒン、スヴェン・ベンダー、マリオ・ゲッツェらの若手を次々とブレイクさせる。2010-11シーズンにおいては夏の移籍で獲得した香川真司が即フィットし、ドルトムントはリ?グ前半戦終了時点でブンテスリーガ史上第2位となる勝ち点43を達成。後半に入っても勢いは止まらず、チームは2001-2002シーズン以来の優勝を果たした。2011-12シーズンでは開幕当初は低調なスタートに沈むも、その後は最終戦までブンデスリーガ新記録となるリーグ戦28試合連続で無敗・勝ち点81を成し遂げて2シーズン連続の優勝を果たした。ユルゲン・クロップ フレッシュアイペディアより)

71件中 31 - 40件表示

「香川真司」のニューストピックワード