120件中 31 - 40件表示
  • ピタゴラ装置

    ピタゴラ装置から見た香川真司香川真司

    2016年6月11日の放送では、サッカーの日本代表選手である香川真司が装置の終盤でサッカーボールをリフティングしながら運び、番組ロゴが描かれたパネルにシュートし裏返る事でフィニッシュを迎える『香川しんじ装置』と題された大がかりかつ史上最大の装置が披露された。同回では当番組の名物コーナーである『おとうさんスイッチ』の特別編『香川しんじスイッチ』も直前に放送されていた。ピタゴラ装置 フレッシュアイペディアより)

  • 2010年のJリーグ ディビジョン1

    2010年のJリーグ ディビジョン1から見た香川真司香川真司

    W杯後に各主力選手が海外移籍したチームはそれぞれ明暗がくっきりと分かれた。まず上位争いは、ともに後半戦に入って調子を上げたG大阪、J1復帰1年目で香川真司がドイツへ移籍したC大阪の両大阪勢が2位、3位に入り、AFCチャンピオンズリーグ2011出場権を獲得、J1昇格(復帰)初年度のチームがACL出場権を自力で獲得するのは史上初。4連覇を狙った鹿島は、敗戦や失点の数が最少ながら、こちらもドイツへ移籍した内田篤人が退団した影響か、中断明けの第13節川崎戦以降は2連勝が関の山で名古屋の優勝が決まるまでの間は8引き分けと勝ちきれない試合が嵩み4位。但し、天皇杯で優勝してACL出場権を獲得した。2010年のJリーグ ディビジョン1 フレッシュアイペディアより)

  • 仙台のスポーツ

    仙台のスポーツから見た香川真司香川真司

    香川真司(プロサッカー選手。FCみやぎバルセロナ出身。ボルシア・ドルトムント所属)仙台のスポーツ フレッシュアイペディアより)

  • 小松塁

    小松塁から見た香川真司香川真司

    2008年も当初は出場機会に恵まれなかったが、第8節のロアッソ熊本戦でスタメンに復帰すると、第9節の横浜FC戦から5試合連続でゴールを挙げるなど、スタメン起用に応えて成果を挙げている。2008年シーズンでは、古橋の負傷もあり、小松が1トップとなり、左に香川真司、右に柿谷曜一朗ないしは白谷建人、後半以降は乾貴士がシャドープレーヤーとなるフォーメーションを組むことが多かった。時として、森島康仁やカイオとツインタワーを組むこともあった。しかし10月のフォーメーション変更後は、カイオにポジションを奪われ、再び控え暮らしが続くようになった。それでも、香川と並んで、チームトップタイの16得点を稼いだ。小松塁 フレッシュアイペディアより)

  • エースナンバー

    エースナンバーから見た香川真司香川真司

    一方でマンチェスター・ユナイテッドにおける7番のように各チームで固有のエースナンバーも存在する。(ジョージ・ベスト、カントナ、ベッカム、クリスティアーノ・ロナウド、マイケル・オーウェンなどが付けている)。他には、オランダ国内においてヨハン・クライフが背負っていた14番、ドイツ国内における、戦時中に戦闘機パイロットの編隊長が自ら不吉な13番を付け空に向かうことから由来した13番(ゲルト・ミュラー、ミヒャエル・バラックなど)が固有のものである。日本ではセレッソ大阪の8番(森島寛晃、香川真司など)が固有のエースナンバーとなっている。エースナンバー フレッシュアイペディアより)

  • プラク・モニ・ウドン

    プラク・モニ・ウドンから見た香川真司香川真司

    サッカー日本代表の香川真司のファンであると云う。しかし、日本代表と対戦する機会であった2018 FIFAワールドカップ・アジア2次予選では9月のアウェー戦は負傷により辞退、11月のホーム戦はベンチとなり対戦は叶わなかった。プラク・モニ・ウドン フレッシュアイペディアより)

  • キヤノンメディカルシステムズ

    キヤノンメディカルシステムズから見た香川真司香川真司

    2012年 - サッカー日本代表の香川真司が入団したマンチェスター・ユナイテッドに定価57億円のCT装置などを無償貸与、公式パートナーとなった。キヤノンメディカルシステムズ フレッシュアイペディアより)

  • ニック・パウエル

    ニック・パウエルから見た香川真司香川真司

    2012年6月12日、マンチェスター・ユナイテッドFCに移籍することが決定。7月12日、香川真司と一緒に入団会見を行った。背番号はクルー時代と同じ25。ニック・パウエル フレッシュアイペディアより)

  • 田中順也

    田中順也から見た香川真司香川真司

    高校3年時の2005年には、チームのエースストライカーとして背番号「10」を背負い、第29回日本クラブユースサッカー選手権に出場したが、香川真司、吉田麻也、安田理大、槙野智章といった後の日本代表メンバーが勢揃いした大会で目立った成績は残せず、グループリーグで敗退。Jリーグやサッカー名門大学からのオファーはなく、一般推薦で順天堂大学に入学した。田中順也 フレッシュアイペディアより)

  • 細貝萌

    細貝萌から見た香川真司香川真司

    2011-12シーズン、1部昇格を果たしたアウクスブルクは常に残留争いの渦中に立たされるも、自身はレギュラーとして定着し、9月9日の第5節レバークーゼン戦でブンデスリーガ初得点を決めた。2012年3月10日、第25節ボルシア・ドルトムント戦では、首位を走るドルトムントの中心選手である香川真司を激しいマンマークで抑える活躍を見せこの節のベストイレブンに選ばれた。最終的に2011-12シーズンのブンデスリーガに所属する日本人選手では最多の32試合に出場し、クラブの1部残留に貢献した。細貝萌 フレッシュアイペディアより)

120件中 31 - 40件表示

「香川真司」のニューストピックワード