前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
108件中 1 - 10件表示
  • 香川真司

    香川真司から見た香川伸行

    C大阪時代、食事の量がほかの選手よりも多く(ご飯はいつもドンブリで食べていたらしい)、プロ野球南海ホークスの香川伸行(愛称はドカベン)と苗字が同じことから、C大阪時代にホーム試合の時には、「ドカベン香川」の横断幕や垂れ幕が掲げられていて、「ドカベン!」と声援を受けることがあった。同様の横断幕や垂れ幕は、日本代表の試合やドルトムントの試合でも掲げられたことがある。香川真司 フレッシュアイペディアより)

  • 香川真司

    香川真司から見た柿谷曜一朗

    2005年12月18日に地元に近いセレッソ大阪と仮契約を交わした。年が明けて2006年にC大阪に入団し、C大阪と業務提携しているウィザス高等学校(通信制)に転校した。高校卒業前の選手がプロ契約を結ぶのは、Jクラブのユース所属選手がトップチームに昇格した場合を除くと史上初だった。また、同期入団は当時16歳でセレッソ大阪U―18からトップ昇格した柿谷曜一朗香川真司 フレッシュアイペディアより)

  • 香川真司

    香川真司から見た伊野波雅彦

    2011年1月、アジアカップ・カタール大会の代表メンバーに選ばれ、中村俊輔が代表引退してから空き番となっていた背番号『10』を受け継いだ。グループステージのサウジアラビア戦では岡崎慎司の得点をアシストし、準々決勝の開催国カタール戦ではともに1点リードされている状況から2得点を挙げ、伊野波雅彦の決勝点もアシストする活躍で日本代表の準決勝進出に貢献した。しかし、準決勝の韓国戦で右足を負傷し途中交代したところ、右第5中足骨(右足小指の付け根)骨折の全治3カ月の重傷であることが判明し、決勝のオーストラリア戦を前に戦線離脱を余儀なくされた。その後2011年8月に行われたキリンチャレンジカップ2011の韓国戦で代表復帰し、2ゴールを挙げる活躍を見せた。香川真司 フレッシュアイペディアより)

  • 香川真司

    香川真司から見た三浦知良

    尊敬する選手は「キングカズ」こと三浦知良。小学校1年生の時に香川が通っていた小学校に三浦が訪れたことが最初の出会い。プロ入り後、C大阪時代の2008年には三浦が所属する横浜FCとの試合のハーフタイムに、三浦からユニホームをプレゼントされた。2012年9月の2014 FIFAワールドカップ・アジア4次予選ではホームのイラク戦直前、周囲の評価が気になり2ちゃんねるにも目を通していたが、三浦のメールで激励されたことにより平常心を取り戻した。香川真司 フレッシュアイペディアより)

  • 香川真司

    香川真司から見たトーマス・クロート

    代理人のトーマス・クロートは(以前ドイツでプレーしていた)高原直泰から「香川という良い選手がいる」とアドバイスがあったことがきっかけで、ドルトムント行きにつながったとしている。2009年12月にドルトムントのホーム試合に招待された香川は、8万を超える観衆が送る大声援に感激し、早い段階でドルトムントへの入団希望を伝えていたという。香川真司 フレッシュアイペディアより)

  • 香川真司

    香川真司から見た森島寛晃

    2009年から背番号をミスターセレッソ森島寛晃がかつて着用した「8」へ変更。第15節水戸戦でプロ入り初のハットトリックを達成し、その後も4試合連続ゴールを記録するなど得点を重ねる。シーズン終盤は怪我の影響で主にスーパーサブとしての出場だったが、リーグ戦27得点13アシストを記録しJ2得点王に輝くなど、チームのJ1昇格の大きな原動力となった。香川真司 フレッシュアイペディアより)

  • 香川真司

    香川真司から見たオリバー・カーン

    ドルトムント時代、ドルトムントにチームバスを提供しているMANグループのCMに、チームメートや元ドイツ代表の名GKオリバー・カーン氏とともに出演し、香川はチームメイトがつないだボールをGKヴァイデンフェラーが守るゴールにウィニングショットを決めるという役を演じた。香川真司 フレッシュアイペディアより)

  • 香川真司

    香川真司から見た高原直泰

    代理人のトーマス・クロートは(以前ドイツでプレーしていた)高原直泰から「香川という良い選手がいる」とアドバイスがあったことがきっかけで、ドルトムント行きにつながったとしている。2009年12月にドルトムントのホーム試合に招待された香川は、8万を超える観衆が送る大声援に感激し、早い段階でドルトムントへの入団希望を伝えていたという。香川真司 フレッシュアイペディアより)

  • 香川真司

    香川真司から見たキリンチャレンジカップ

    2008年に平成生まれとしては初めて日本代表に選出され、5月24日のキリンカップ、対コートジボワール戦で国際Aマッチデビューを飾る。同年10月9日のキリンチャレンジカップ、対UAE戦では史上3番目の若さで代表初得点を挙げた。2010年6月のFIFAワールドカップ・南アフリカ大会では登録メンバーには選出されなかったが、サポートメンバーとしてチームに同行した。香川真司 フレッシュアイペディアより)

  • 香川真司

    香川真司から見たマリオ・ゲッツェ

    2011-12シーズン初戦となったシャルケ04とのDFBスーパーカップでは怪我からの順調な回復ぶりを見せフル出場するも、チームはPK戦の末敗れタイトルを逃す。第6節のハノーファー戦で怪我から復帰後初のリーグ戦でのゴールを決めたが、10月に入ると不振が続き、2試合連続で出場機会を失うこともあったが、徐々に調子を取り戻し、11月5日の第12節ヴォルフスブルク戦では、1ゴール2アシストの活躍を見せた。第13節バイエルン・ミュンヘン戦ではマリオ・ゲッツェの決勝点をアシスト。一方、初の挑戦となったUEFAチャンピオンズリーグでは11月23日のアーセナル戦でCL初得点を挙げるも、チームはグループ最下位で敗退した。2012年1月28日の第19節ホッフェンハイム戦では2ゴールを決めた。1月はこの試合を含めて2試合で2ゴール1アシストを記録。この活躍が評価されキッカー誌の欧州月間ベストイレブンに選ばれた。その後も好調を維持し、ESM(European Sports Magazines、欧州スポーツ雑誌協会)による2月、3月、4月度の欧州月間ベストイレブンに選出された。第27節1.FCケルン戦では2ゴール1アシストの活躍で得点を2桁にのせた。リーグ優勝に王手をかけた第32節ボルシアMG戦では試合を決定づける2得点目を挙げチームのリーグ連覇に貢献した。5月12日に行われたバイエルンとのDFBポカール決勝では1ゴール1アシストを記録。香川の活躍もありチームは5-2で圧勝、クラブ史上初となる国内2冠を達成し2011-12シーズンを締めくくった。この活躍で香川はビルト誌が選ぶブンデスリーガのベストイレブンに選出され、さらに欧州主要15メディア加盟の「ヨーロピアン・スポーツ・メディア(ESM)」が選ぶ年間ベストイレブンにも選出された。香川真司 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
108件中 1 - 10件表示

「香川真司」のニューストピックワード