108件中 21 - 30件表示
  • 香川真司

    香川真司から見たトキオ・ホテル

    ドイツ4人組バンドTokio Hotelのボーカルのビル・カウリッツは香川のファンだといい、プロモーションで来日した際、2011年2月10日に東京のパークハイアットホテルで対談をした。香川真司 フレッシュアイペディアより)

  • 香川真司

    香川真司から見たビル・カウリッツ

    ドイツ4人組バンドTokio Hotelのボーカルのビル・カウリッツは香川のファンだといい、プロモーションで来日した際、2011年2月10日に東京のパークハイアットホテルで対談をした。香川真司 フレッシュアイペディアより)

  • 香川真司

    香川真司から見た清水秀彦

    2004年、宮城県黒川高等学校に進学し、高校1年生の時に日本クラブユースサッカー選手権 (U-18)大会に出場。2005年9月、高校2年生の時にU-18東北代表(清水秀彦監督)に飛び級で選出され、仙台カップ国際ユースサッカー大会 (U-18) にボランチとして出場し、MIPの1人に選ばれた。香川真司 フレッシュアイペディアより)

  • 香川真司

    香川真司から見たマッツ・フンメルス

    香川のプレーに関しドルトムントでチームメイトだったドイツ代表MFマリオ・ゲッツェは「シンジはトップ下としてヨーロッパ・ナンバーワンのプレーヤーだと思う。見ていて何度も腰を上げちゃうほどエキサイティングなプレーを連発しているよね」と語り、同国代表DFマッツ・フンメルスは「シンジはワールドクラスの選手だ。ボールをキープする際のスピードとテクニックには悪魔的な怖さを感じるよ。味方でよかった」と語っている。香川真司 フレッシュアイペディアより)

  • 香川真司

    香川真司から見たレヴィー・クルピ

    2006年は出場機会がなかったが、J2で迎えた2007年シーズン中盤からは、当時の監督レヴィー・クルピによって見出されてレギュラーを獲得し、リーグ戦35試合の出場で5得点12アシストを記録した。また、カナダで開催されたU-20ワールドカップにも飛び級で選出され、2試合に出場した。なお、そのときFIFAに提出したメンバー表ではDF登録であった。香川真司 フレッシュアイペディアより)

  • 香川真司

    香川真司から見た岡崎慎司

    2011年1月、アジアカップ・カタール大会の代表メンバーに選ばれ、中村俊輔が代表引退してから空き番となっていた背番号『10』を受け継いだ。グループステージのサウジアラビア戦では岡崎慎司の得点をアシストし、準々決勝の開催国カタール戦ではともに1点リードされている状況から2得点を挙げ、伊野波雅彦の決勝点もアシストする活躍で日本代表の準決勝進出に貢献した。しかし、準決勝の韓国戦で右足を負傷し途中交代したところ、右第5中足骨(右足小指の付け根)骨折の全治3カ月の重傷であることが判明し、決勝のオーストラリア戦を前に戦線離脱を余儀なくされた。その後2011年8月に行われたキリンチャレンジカップ2011の韓国戦で代表復帰し、2ゴールを挙げる活躍を見せた。香川真司 フレッシュアイペディアより)

  • 香川真司

    香川真司から見たバイエル・レバークーゼン

    ブンデスリーガ初出場 - 2010年8月22日 第1節 対バイエル・レバークーゼン戦 (ズィグナル・イドゥナ・パルク)香川真司 フレッシュアイペディアより)

  • 香川真司

    香川真司から見た仙台市

    2001年、中学から仙台にサッカー留学し、仙台市立八乙女中学校に通いながら、神戸NKの監督の勧めでFCみやぎバルセロナ(宮城県仙台市)のジュニアユースに所属し練習に励んだ。この時期、ナショナルトレセンやU-15日本代表にも選ばれている。香川真司 フレッシュアイペディアより)

  • 香川真司

    香川真司から見たアイントラハト・フランクフルト

    2010年7月1日、育成補償金35万ユーロ(約4000万円)でブンデスリーガ1部のボルシア・ドルトムントに完全移籍。UEFAヨーロッパリーグプレーオフ第1戦でのFKカラバフ戦では2得点を挙げ、公式戦初得点を記録した。第3節VfLヴォルフスブルク戦でブンデスリーガ初得点を記録し、第4節ではシャルケ04とのルールダービーにて、「僕が2点取って2-0で勝つ」との公約通りに2得点を挙げ、キッカー誌、ビルト紙等で最高評価点『1』を獲得した。UEFAヨーロッパリーグにおいては、チームは決勝トーナメント進出を逃したが、香川自身は8試合で4得点を記録した。このシーズン、香川自身はリーグ前半期17試合で8得点を記録し(MF登録選手の中ではリーグ1位)、ブンデスリーガ公式サイトが選ぶ前半戦のMVPに選出され、キッカー誌が選定するリーグ前半戦の攻撃的MF部門ではMVPに選出された。2011年1月には国際サッカー連盟(FIFA)が発表した「2011年期待の若手13人」の1人に選ばれた。しかし、2011年1月のアジアカップでの負傷により、ドルトムントの9シーズンぶりのリーグ優勝の瞬間をピッチで迎えることはできなかった。それでも、5月14日の最終節アイントラハト・フランクフルト戦の後半43分にサポーターのカガワコールに迎えられ、約4カ月ぶりの実戦復帰を果たした。後半戦はこの1試合の出場に留まったものの、シーズン終了後にキッカー誌が選定したブンデスリーガの年間ベストイレブンに名を連ねた。香川真司 フレッシュアイペディアより)

  • 香川真司

    香川真司から見た神戸市

    香川 真司(かがわ しんじ、1989年3月17日 - )は、兵庫県神戸市出身のプロサッカー選手。プレミアリーグ・マンチェスター・ユナイテッドFC所属。ポジションはミッドフィールダー(MF)、フォワード (FW)。日本代表。香川真司 フレッシュアイペディアより)

108件中 21 - 30件表示

「香川真司」のニューストピックワード