108件中 71 - 80件表示
  • 香川真司

    香川真司から見たサッカーの背番号

    2009年から背番号をミスターセレッソ森島寛晃がかつて着用した「8」へ変更。第15節水戸戦でプロ入り初のハットトリックを達成し、その後も4試合連続ゴールを記録するなど得点を重ねる。シーズン終盤は怪我の影響で主にスーパーサブとしての出場だったが、リーグ戦27得点13アシストを記録しJ2得点王に輝くなど、チームのJ1昇格の大きな原動力となった。香川真司 フレッシュアイペディアより)

  • 香川真司

    香川真司から見た2010 FIFAワールドカップ

    2008年に平成生まれとしては初めて日本代表に選出され、5月24日のキリンカップ、対コートジボワール戦で国際Aマッチデビューを飾る。同年10月9日のキリンチャレンジカップ、対UAE戦では史上3番目の若さで代表初得点を挙げた。2010年6月のFIFAワールドカップ・南アフリカ大会では登録メンバーには選出されなかったが、サポートメンバーとしてチームに同行した。香川真司 フレッシュアイペディアより)

  • 香川真司

    香川真司から見た新潟スタジアム

    A代表初得点 - 2008年10月9日 キリンチャレンジカップ 対UAE戦 (東北電力ビッグスワンスタジアム)香川真司 フレッシュアイペディアより)

  • 香川真司

    香川真司から見たオールド・トラッフォード

    プレミアリーグ初得点 - 2012年8月25日 第2節 対フラムFC戦 (オールド・トラッフォード)香川真司 フレッシュアイペディアより)

  • 香川真司

    香川真司から見たキッカー (新聞)

    2010年7月1日、育成補償金35万ユーロ(約4000万円)でブンデスリーガ1部のボルシア・ドルトムントに完全移籍。UEFAヨーロッパリーグプレーオフ第1戦でのFKカラバフ戦では2得点を挙げ、公式戦初得点を記録した。第3節VfLヴォルフスブルク戦でブンデスリーガ初得点を記録し、第4節ではシャルケ04とのルールダービーにて、「僕が2点取って2-0で勝つ」との公約通りに2得点を挙げ、キッカー誌、ビルト紙等で最高評価点『1』を獲得した。UEFAヨーロッパリーグにおいては、チームは決勝トーナメント進出を逃したが、香川自身は8試合で4得点を記録した。このシーズン、香川自身はリーグ前半期17試合で8得点を記録し(MF登録選手の中ではリーグ1位)、ブンデスリーガ公式サイトが選ぶ前半戦のMVPに選出され、キッカー誌が選定するリーグ前半戦の攻撃的MF部門ではMVPに選出された。2011年1月には国際サッカー連盟(FIFA)が発表した「2011年期待の若手13人」の1人に選ばれた。しかし、2011年1月のアジアカップでの負傷により、ドルトムントの9シーズンぶりのリーグ優勝の瞬間をピッチで迎えることはできなかった。それでも、5月14日の最終節アイントラハト・フランクフルト戦の後半43分にサポーターのカガワコールに迎えられ、約4カ月ぶりの実戦復帰を果たした。後半戦はこの1試合の出場に留まったものの、シーズン終了後にキッカー誌が選定したブンデスリーガの年間ベストイレブンに名を連ねた。香川真司 フレッシュアイペディアより)

  • 香川真司

    香川真司から見たナショナルトレセン

    2001年、中学から仙台にサッカー留学し、仙台市立八乙女中学校に通いながら、神戸NKの監督の勧めでFCみやぎバルセロナ(宮城県仙台市)のジュニアユースに所属し練習に励んだ。この時期、ナショナルトレセンやU-15日本代表にも選ばれている。香川真司 フレッシュアイペディアより)

  • 香川真司

    香川真司から見たスーパーサブ

    2009年から背番号をミスターセレッソ森島寛晃がかつて着用した「8」へ変更。第15節水戸戦でプロ入り初のハットトリックを達成し、その後も4試合連続ゴールを記録するなど得点を重ねる。シーズン終盤は怪我の影響で主にスーパーサブとしての出場だったが、リーグ戦27得点13アシストを記録しJ2得点王に輝くなど、チームのJ1昇格の大きな原動力となった。香川真司 フレッシュアイペディアより)

  • 香川真司

    香川真司から見たハットトリック

    2012年6月5日、イングランド・プレミアリーグの名門マンチェスター・ユナイテッドFCへの完全移籍の合意が両クラブから発表され、同月22日にメディカルチェックをパス、労働許可書を取得し、正式契約を結んだ。契約は2012年7月1日からの4年間。背番号はセレッソ時代にも着用していた26番に決まった。2012年8月20日、リーグ開幕戦エヴァートンFC戦でプレミアリーグデビューを果たすと、続く8月25日の第2節フラムFC戦でプレミアリーグ初得点を決めた。10月23日、CLグループリーグ第3節スポルティング・ブラガ戦で左膝を負傷し、2カ月の間戦列から離れてしまったが、12月29日のウェストブロム戦で復帰を果たした。2013年2月13日、CL決勝トーナメント1回戦1sdレグのレアル・マドリード戦では、先発出場で日本人5人目となるCL決勝トーナメント出場を果たしアウェーゴールに貢献。2ndレグでは出場機会はなく、チームも敗退した。3月2日のノリッジ・シティFC戦でヨーロッパ移籍後初、プレミアリーグにおいてアジア人選手初のハットトリックを達成した。香川真司 フレッシュアイペディアより)

  • 香川真司

    香川真司から見たカナダ

    2006年は出場機会がなかったが、J2で迎えた2007年シーズン中盤からは、当時の監督レヴィー・クルピによって見出されてレギュラーを獲得し、リーグ戦35試合の出場で5得点12アシストを記録した。また、カナダで開催されたU-20ワールドカップにも飛び級で選出され、2試合に出場した。なお、そのときFIFAに提出したメンバー表ではDF登録であった。香川真司 フレッシュアイペディアより)

  • 香川真司

    香川真司から見たU-20サッカー日本代表

    2008年は開幕からC大阪の主力として活躍し、本来の世代であるU-19代表の他、U-23の北京五輪日本代表にも飛び級で選出され、リーグ戦では35試合の出場で16得点10アシストを記録した。香川真司 フレッシュアイペディアより)

108件中 71 - 80件表示

「香川真司」のニューストピックワード