馬原孝浩 ニュース&Wiki etc.

馬原 孝浩(まはら たかひろ、1981年12月8日 - )は、熊本県熊本市出身の元プロ野球選手(投手)。 (出典:Wikipedia)

つながり調べ

関連のありそうなワードから見た「馬原孝浩」のつながり調べ

  • 高橋秀聡

    高橋秀聡から見た馬原孝浩

    九州共立大学への進学後は、2年生まで九州六大学野球のリーグ戦で勝ち星を挙げられなかったがものの、3年生の春から頭角を現した。馬原孝浩の卒業後には、背番号18のエースとして活躍。サイドスローから140km/h台の速球を投げる右腕投手として、同リーグの公式戦で通算17勝を挙げたことから、プロ球界から即戦力の投手として期待された。(高橋秀聡 フレッシュアイペディアより)

  • あぶさん

    あぶさんから見た馬原孝浩

    ダイエーへの譲渡(福岡移転)以降では景浦とAK砲と呼ばれた秋山幸二(後に監督)、のちには巨人の投手として日本シリーズで対戦することにもなる工藤公康、石毛宏典ら西武からの移籍組(秋山、工藤と石毛は西武時代にも、工藤はダイエーからの移籍後も、石毛はオリックス監督就任後もよく登場)やオールスターで息子の景虎とバッテリーを組んだこともある城島健司、三冠王をとることになる松中信彦、俊足巧打の外野手・柴原洋、大型内野手・川崎宗則や井口資仁ら野手陣や、新垣渚(景浦の娘・夏子に好意を持つ描写もあった)、和田毅(代走に出たこともある)、馬原孝浩ら投手陣の活躍が目立った。小久保裕紀は景浦と本塁打王を争うことのできた希有なバッターの一人である。また、下柳剛の登場も多く、登場人物の恋の相手としてフィーチャーされるなどの扱いも受けた。下柳は他球団への移籍後もよく登場しており、特に阪神時代は景虎のチームメイトにもなっている。この下柳のほか、吉田豊彦も景浦父子双方のチームメイトだった(父とは南海・ダイエーで、子とは近鉄で)ことがある。(あぶさん フレッシュアイペディアより)

「馬原孝浩」のニューストピックワード