前へ 1 2 3 4 5 6 7 8
79件中 1 - 10件表示
  • 2013年のオリックス・バファローズ

    2013年のオリックス・バファローズから見た馬原孝浩馬原孝浩

    馬原孝浩、平野恵一、糸井嘉男を補強し、前年最下位からの巻き返しが期待されたが、前年最下位だったチーム防御率がリーグ1位になった一方で、2年連続でチーム打率がリーグ最下位となり、レギュラーシーズンを5位で終えた。2013年のオリックス・バファローズ フレッシュアイペディアより)

  • SBM (野球)

    SBM (野球)から見た馬原孝浩馬原孝浩

    SBMは、2009年に確立された秋山幸二監督政権下の福岡ソフトバンクホークスにおける攝津正(S)、ブライアン・ファルケンボーグ(B)、馬原孝浩(M)という3人のリリーフ投手を指す用語である。BをファルケンボーグのボーグのBと取り上げる新聞社などもある。SBM (野球) フレッシュアイペディアより)

  • 川島慶三

    川島慶三から見た馬原孝浩馬原孝浩

    ''は、指名時点で球団は外野手として期待していたが、川島が二塁手を続ける事を希望した。春季キャンプは一軍で開始した。2月26日にオープン戦初打席で場外サヨナラスリーランホームランを放つなど勝負強い打撃と堅実な守備を見せ、開幕一軍の座を掴んだ。4月2日の対オリックス・バファローズ戦で7回に代打としてプロ初出場し、山本省吾相手に中飛で倒れ、そのまま左翼手として守備についた。4月3日に一旦抹消され、4月14日に再昇格すると、4月15日に敵地・福岡 Yahoo! JAPANドームで行われた対福岡ソフトバンクホークス戦で9回から代打として出場し、延長12回同点一死一三塁の場面で、馬原孝浩にショートゴロを打たされたが、チームが禁止していたヘッドスライディングを敢行してセーフとなる間に三塁走者小笠原道大が生還し、同試合の決勝点を挙げ、これがプロ初打点となった。また直後に馬原?山崎勝己バッテリーからプロ入り初盗塁も記録した。4月16日の同カードで1番二塁手として初の先発出場を果たし、7回に杉内俊哉からレフト前ヒットでプロ初安打を放ち、フェルナンド・セギノールの二塁打で生還しプロ初得点も記録した。4月22日の千葉ロッテマリーンズ戦で本拠地・札幌ドームで初出場した。調子は続かず打率.130となった所で5月12日に二軍へ降格。7月20日に東京ドームで行われたフレッシュオールスターゲームに6番・右翼手で先発起用され、4打数無安打だったが、2回にショートゴロでチーム初打点を挙げた。8月3日に再昇格すると、8月6日の対埼玉西武ライオンズ戦で4回に代打で起用され西口文也から二塁打を放ち代打での初安打を記録し、7回にも再び西口から二塁打を打ち初のマルチヒットを達成した。8月20日に二軍へ降格し、9月16日に再昇格すると、同日の対千葉ロッテ戦では9回に代打で出場し、ジャスティン・ミラーから二塁打を打ち本拠地初安打を記録した。リーグ戦1位通過を決めた9月27日のシーズン最終戦には代走でのみ出場した。1年目の先発出場は9試合、打率182でシーズンを終えた。守備面では失策はなかったが内野手失格となり、5月以降は外野手や指名打者で起用された。二軍ではリーグ6位タイの9本塁打(207打数)を記録した。川島慶三 フレッシュアイペディアより)

  • 吉川輝昭

    吉川輝昭から見た馬原孝浩馬原孝浩

    は中継ぎとして一軍で開幕を迎えた。当初は敗戦処理としての登板機会しか与えられなかったが、その敗戦処理において無失点に締める登板が続いたことで次第に首脳陣の信頼を得て、リードして得点差の開いた試合の終盤などプレッシャーのかからない場面での登板も増えた。攝津正の先発転向と馬原孝浩の不調・登録抹消が重なってブルペン事情が苦しい中、最終的に40試合の登板で37回1/3を投げ、6ホールド・防御率2.41・WHIP0.83と自己最高の成績を残し、中継ぎとして十分な働きを見せた。このオフに和田毅・杉内俊哉・D.J.ホールトンと先発が3人同時に移籍したことから、来シーズンは先発に転向することが予定されていた。吉川輝昭 フレッシュアイペディアより)

  • 福岡恋愛白書

    福岡恋愛白書から見た馬原孝浩馬原孝浩

    出演者は東京・全国区で活躍する俳優をメインで起用した他、地元で活躍するローカルタレント(主に同局の番組出演者)やKBCのアナウンサー、さらに福岡出身やゆかりのある有名人も脇役で登場した。福岡ソフトバンクホークスの選手も出演しており、パート3では馬原孝浩投手(2015年に現役引退)が、パート5では田上秀則捕手(2013年に現役引退)が出演している。パート6以降ではAKB48のメンバーが出演しており、パート6では篠田麻里子(糸島市出身、2013年に卒業)が主演、パート7では指原莉乃(大分県出身、現在はHKT48)が主演、パート8では柏木由紀(鹿児島県出身)が友情出演、パート9では小嶋陽菜(埼玉県出身)が特別出演、パート10では矢吹奈子(東京都出身)、ライバルグループ乃木坂46の深川麻衣(静岡県出身、2016年6月卒業)、他にパート11では川島海荷(埼玉県出身)、浅香航大(神奈川県出身)が出演している。指原のAKB48 32ndシングル選抜総選挙1位センター獲得を記念して、2013年6月21日にパート7が再放送された。EPG番組表での番組タイトルは『ウィークエンドスペシャル 祝・初センターGET! HKT48・指原莉乃主演 福岡恋愛白書7(再)』。福岡恋愛白書 フレッシュアイペディアより)

  • 福岡ソフトバンクホークス

    福岡ソフトバンクホークスから見た馬原孝浩馬原孝浩

    攝津、ブライアン・ファルケンボーグ、馬原孝浩、甲藤啓介の「SBM48」や森福允彦などの救援投手陣が活躍して12球団トップの救援防御率(唯一の2点台〈2.84〉)だった。杉内俊哉と和田毅以外は不振だった先発投手陣を中継ぎ陣が支えた。チーム奪三振数が2005年に阪神が記録したプロ野球記録である1208を、1244で更新した。9月25日にマジック対象チームの西武が日本ハムに敗れたため優勝が決定した。しかし、クライマックスシリーズでは打率1割6分9厘0本塁打と打撃陣が振るわず、ファイナルステージで3勝4敗で3位のロッテに敗れた。クライマックスシリーズは2006年までのプレーオフと異なり結果にかかわらず公式戦の最高勝率チームが優勝となるため、7年ぶり、ソフトバンクとなって初のリーグ優勝となったが、2004年・2005年に続き、日本シリーズ進出は逃した。リーグ優勝チームが日本シリーズ進出を逃すのはパ・リーグでは初、両リーグ全体では2007年の巨人に次ぐ2例目。MVPは和田毅が受賞。オフにFAで横浜から内川聖一、西武から細川亨が移籍したほか、オリックスから自由契約となったアレックス・カブレラを獲得した。またこの年のオフ、巨人で現役を続けていた大道典嘉が現役を引退したことで、南海ホークスに所属経験のある選手が全員引退した。福岡ソフトバンクホークス フレッシュアイペディアより)

  • オリックス・バファローズ

    オリックス・バファローズから見た馬原孝浩馬原孝浩

    この年は各選手がキャリアハイレベルの成績を同時に達成し、充実した戦力となったことで6年ぶりAクラスとなる快進撃を見せた。打撃陣では3番や4番を務めた糸井嘉男が、前半戦終了時点で打率、安打、盗塁、出塁率、長打率でトップに立ち、最終的に19本塁打と81打点、31盗塁に加え首位打者と最高出塁率のタイトルを手にする大活躍を見せると、ソフトバンクから移籍したウィリー・モー・ペーニャも32本塁打、91打点の活躍で退団した李大浩の穴を埋め、T- 岡田も24本塁打を放ちチームとして長打力が大幅にアップ。また西武から移籍したエステバン・ヘルマンが30盗塁、安達了一が29盗塁と課題の機動力も大きく向上した。投手陣では最多勝、最優秀防御率、最高勝率の投手三冠に輝き球団史上初の沢村賞を獲得したエース金子千尋に、開幕8戦全勝の球団記録を樹立した西勇輝、さらに9勝を挙げたディクソンら先発陣に、48ホールドポイントを挙げ2年連続ホールド王に輝いた佐藤達也、当時パ・リーグ新記録の40セーブを挙げ初のセーブ王を獲得した平野佳寿に加え、32ホールドの馬原孝浩、パ・リーグ記録の34試合連続無失点を記録した比嘉幹貴、55試合に登板した岸田護ら強力なリリーフ陣の活躍で、リードした試合は落とさない安定した戦いを見せた。4月を首位で終え、ソフトバンクとの熾烈な首位争いを繰り広げ、19年ぶりに前半戦を首位で終える。9月17日には6年ぶりのクライマックスシリーズ進出が決定。ソフトバンクとの優勝争いは続き、9月終盤には残り試合数の関係で一時は2位ながらも優勝マジックが点灯した。10月2日のソフトバンク戦(ヤフオクドーム)、オリックスはこの試合に勝てば残りシーズン2試合を2連敗さえしなければ18年ぶりのリーグ優勝、この試合がシーズン最終戦となるソフトバンクはこの試合に勝てばリーグ優勝という事実上の優勝決定戦を迎える。試合は9回では決着がつかず延長に突入するが、10回裏にサヨナラ負けしたことで優勝を逃し、1位との勝率僅か2厘の差で2位に終わる。日本ハムとのCSファーストステージでは1勝2敗で敗退した。オリックス・バファローズ フレッシュアイペディアより)

  • SPEED世代

    SPEED世代から見た馬原孝浩馬原孝浩

    12月8日 - 馬原孝浩、プロ野球選手SPEED世代 フレッシュアイペディアより)

  • いざゆけ若鷹軍団2007

    いざゆけ若鷹軍団2007から見た馬原孝浩馬原孝浩

    福岡ソフトバンクホークスの球団歌「いざゆけ若鷹軍団」のリメイク楽曲。馬原孝浩、新垣渚、本多雄一、川崎宗則、井手正太郎の5選手がコーラスとして参加しており、DVD収録のミュージック・ビデオにも出演している。いざゆけ若鷹軍団2007 フレッシュアイペディアより)

  • 2005年のパシフィック・リーグプレーオフ

    2005年のパシフィック・リーグプレーオフから見た馬原孝浩馬原孝浩

    前日までわずか1安打のズレータがついに爆発した。ソフトバンクはロッテに1回表のベニーの先制打で1点リードされるが、2回裏に左翼席へソロ本塁打を放ち同点。さらに里崎のソロ本塁打で再びリードを許した直後の4回裏、依然無安打の松中を四球で1塁におくと、今度は右翼席へ2打席連続の本塁打を放ち逆転。2発を浴びた小林宏は5回以降を完全に抑えて味方の援護を待ったが、ロッテ打線は5回表の無死1、2塁で大塚が犠打を失敗してチャンスをつぶすと、以後は吉武→三瀬幸司→馬原孝浩のリレーに抑えられ、追いつけないまま試合終了。息を吹き返したソフトバンクも王手をかけた。2005年のパシフィック・リーグプレーオフ フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8
79件中 1 - 10件表示

「馬原孝浩」のニューストピックワード