79件中 11 - 20件表示
  • 2007年のパシフィック・リーグクライマックスシリーズ

    2007年のパシフィック・リーグクライマックスシリーズから見た馬原孝浩馬原孝浩

    ソ: ○杉内(7回)?水田(1回)?馬原(1回)2007年のパシフィック・リーグクライマックスシリーズ フレッシュアイペディアより)

  • フルタの方程式

    フルタの方程式から見た馬原孝浩馬原孝浩

    速い球を投げる「コツ」 - 馬原孝浩(福岡ソフトバンクホークス)フルタの方程式 フレッシュアイペディアより)

  • 2006年のパシフィック・リーグプレーオフ

    2006年のパシフィック・リーグプレーオフから見た馬原孝浩馬原孝浩

    (ソ)和田、○柳瀬(1勝)、H藤岡、馬原?山崎2006年のパシフィック・リーグプレーオフ フレッシュアイペディアより)

  • 神内靖

    神内靖から見た馬原孝浩馬原孝浩

    からはさらなる活躍を目指すために大幅な肉体改造を行ったが、これによって体重が10kg増加すると同時に球速も10km/h近く速くなった。同年5月18日の対読売ジャイアンツ戦(東京ドーム)で初先発勝利を果たすと何度か先発を任され、自己最多となる6勝を挙げた。特にチームが苦手としていた対北海道日本ハムファイターズ戦では6試合で2勝・防御率1.10を記録するなど、幾度となくチームの危機を救ったが、後半に入ると6連戦がほとんど無い緩い日程だったためにコマ不足が解消され、登板機会は多くなかった。同年6月18日の対中日ドラゴンズ戦(ナゴヤドーム)では、先発して6回途中まで11個の三振を奪ったが、神内の後を三瀬幸司・吉武真太郎・篠原貴行・藤岡好明・馬原孝浩のリレーで、1試合最多タイ(継投による達成は史上初)となる19奪三振を記録した。神内靖 フレッシュアイペディアより)

  • 畑野優理子

    畑野優理子から見た馬原孝浩馬原孝浩

    畑野 優理子(はたの・ゆりこ、本名:馬原 優理子〔旧姓:畑野〕、1981年1月16日 - )は、元TNCテレビ西日本編成制作局アナウンス部所属のアナウンサー。夫はオリックス・バファローズの馬原孝浩畑野優理子 フレッシュアイペディアより)

  • 久米勇紀

    久米勇紀から見た馬原孝浩馬原孝浩

    開幕戦の勢いのままシーズン前半を防御率0点台で終えるなど、馬原孝浩不在(右肩炎症で長期離脱)で手薄な救援陣の救世主となり、40試合に登板し防御率3.25、チーム最多の19ホールドポイントを記録。しかし連投の疲れからか中盤以降は打たれる場面が目立つようになり、二軍落ちも経験した。久米勇紀 フレッシュアイペディアより)

  • 熊本市立必由館高等学校

    熊本市立必由館高等学校から見た馬原孝浩馬原孝浩

    馬原孝浩(元プロ野球選手、オリックス・バファローズ投手)熊本市立必由館高等学校 フレッシュアイペディアより)

  • 2013年の福岡ソフトバンクホークス

    2013年の福岡ソフトバンクホークスから見た馬原孝浩馬原孝浩

    1月12日 - オリックスがソフトバンクへFA移籍した寺原隼人の人的補償として、馬原孝浩を獲得した事を発表。背番号は202013年の福岡ソフトバンクホークス フレッシュアイペディアより)

  • 高橋秀聡

    高橋秀聡から見た馬原孝浩馬原孝浩

    九州共立大学への進学後は、2年生まで九州六大学野球のリーグ戦で勝ち星を挙げられなかったがものの、3年生の春から頭角を現した。馬原孝浩の卒業後には、背番号18のエースとして活躍。サイドスローから140km/h台の速球を投げる右腕投手として、同リーグの公式戦で通算17勝を挙げたことから、プロ球界から即戦力の投手として期待された。高橋秀聡 フレッシュアイペディアより)

  • 福山龍太郎

    福山龍太郎から見た馬原孝浩馬原孝浩

    その後は、同球団のスカウトに就任。現在は九州地区担当のスカウトとして活動し、馬原孝浩、今宮健太、甲斐拓也らの獲得に携わっている。福山龍太郎 フレッシュアイペディアより)

79件中 11 - 20件表示

「馬原孝浩」のニューストピックワード