71件中 21 - 30件表示
  • 立岡宗一郎

    立岡宗一郎から見た馬原孝浩馬原孝浩

    趣味は釣りで、同じく釣りを趣味としている馬原孝浩へ「弟子入り」を志願。また、同じ守備位置を争うと予想されていた川?宗則にも弟子入りを志願し、川?からは「来る者は拒まない。共に名前に『宗』の字があるから『ムネリンズ』やね」と歓迎された。立岡宗一郎 フレッシュアイペディアより)

  • ロドニー・ペドラザ

    ロドニー・ペドラザから見た馬原孝浩馬原孝浩

    球持ちの長さと抜群のコントロール、ツーシームと変化十分の縦スライダーを武器にダイエーのクローザーとして活躍した。に記録した35セーブは2007年に馬原孝浩に、ダイエー在籍時に記録した通算117セーブは2009年に同じく馬原に更新されるまで球団記録であった。なお、変化球が不思議な変化をするという理由で、不正投球(スピットボール)疑惑を持たれていた。ロドニー・ペドラザ フレッシュアイペディアより)

  • リック・ガトームソン

    リック・ガトームソンから見た馬原孝浩馬原孝浩

    のシーズン開幕当初は、故障したクローザーの馬原孝浩に代わって起用されたが、ほどなくして先発に固定される。5月28日の対横浜戦(新大分球場)では、投手では交流戦史上初となる場外ホームランを三浦大輔から左翼へ放った。 試合は雨天コールドとなりそのまま完投勝利。このまま好調で行くかと思った矢先の8月6日、ブルペンで投げ込み中に右足を痛めそのまま離脱(代わりに高橋秀聡が登板)、9月に復帰したものの5勝7敗と、前年とほとんど同じ成績に終わった。このため、10月12日にジェイソン・スタンリッジ、ジェレミー・パウエル、クリストファー・ニコースキー、マイケル・レストビッチと共に戦力外通告を受ける。リック・ガトームソン フレッシュアイペディアより)

  • 2007年のパシフィック・リーグクライマックスシリーズ

    2007年のパシフィック・リーグクライマックスシリーズから見た馬原孝浩馬原孝浩

    ソ: ○杉内(7回)?水田(1回)?馬原(1回)2007年のパシフィック・リーグクライマックスシリーズ フレッシュアイペディアより)

  • 高橋秀聡

    高橋秀聡から見た馬原孝浩馬原孝浩

    大学は九州共立大学に進学。2年までは勝星を挙げることはなかったが、3年春から頭角を現し、馬原孝浩卒業後には背番号18を背負ってエースとなった。大学通算17勝。高橋秀聡 フレッシュアイペディアより)

  • 1981年のスポーツ

    1981年のスポーツから見た馬原孝浩馬原孝浩

    12月8日 - 馬原孝浩(熊本県、野球)1981年のスポーツ フレッシュアイペディアより)

  • 橋本将

    橋本将から見た馬原孝浩馬原孝浩

    は里崎が開幕早々に故障して指名打者で起用されたため、序盤戦は橋本が正捕手を務めた。チーム全体が開幕から打撃不振だったことと、5月4日に里崎が故障の悪化によって降格したことから、5月7日の対オリックス・バファローズ戦では初めて4番で先発出場した。ところが、4番2試合目となった5月9日の対東北楽天ゴールデンイーグルス戦で負傷退場して約2ヵ月間の戦線離脱、さらに同日には第3捕手の田中雅彦も登録抹消されていたため、9日が一軍初出場だった金澤岳がしばらく先発出場せざるを得なくなり、チームがこの時期大きく負け超す一因となった。復帰後は7月24日の対北海道日本ハムファイターズ戦でダルビッシュ有から先制決勝満塁本塁打、9月7日の対福岡ソフトバンクホークス戦では馬原孝浩から同点満塁本塁打を放つなど、徐々に復調していった。前半戦の出遅れが響いてチームはこの年4位に終わったが、最終的には打率.311、11本塁打、55打点と自己最高の成績を挙げ、出塁率も4割を超え長打力と選球眼を併せ持った橋本らしさを発揮した一年となった。また、この年国内FA権を取得し、橋本は移籍した場合ロッテへの補償が不要な年俸Cランクだったこともあって注目選手の一人に挙げられていたが、FA宣言せずにロッテに残留した。橋本将 フレッシュアイペディアより)

  • 畑野優理子

    畑野優理子から見た馬原孝浩馬原孝浩

    畑野 優理子(はたの・ゆりこ、本名:馬原 優理子〔旧姓:畑野〕、1981年1月16日 - )は、元TNCテレビ西日本編成制作局アナウンス部所属のアナウンサー。夫はオリックス・バファローズの馬原孝浩投手。畑野優理子 フレッシュアイペディアより)

  • 久米勇紀

    久米勇紀から見た馬原孝浩馬原孝浩

    開幕戦の勢いのままシーズン前半を防御率0点台で終えるなど、馬原孝浩不在(右肩炎症で長期離脱)で手薄な救援陣の救世主となり、40試合に登板し防御率3.25、チーム最多の19ホールドポイントを記録。しかし連投の疲れからか中盤以降は打たれる場面が目立つようになり、二軍落ちも経験した。久米勇紀 フレッシュアイペディアより)

  • 神内靖

    神内靖から見た馬原孝浩馬原孝浩

    からはさらなる活躍を目指すために大幅な肉体改造を行ったが、これによって体重が10kg増加すると同時に球速も10km/h近く速くなった。同年5月18日の対読売ジャイアンツ戦(東京ドーム)で初先発勝利を果たすと何度か先発を任され、自己最多となる6勝を挙げた。特にチームが苦手としていた対北海道日本ハムファイターズ戦では6試合で2勝・防御率1.10を記録するなど、幾度となくチームの危機を救ったが、後半に入ると6連戦がほとんど無い緩い日程だったためにコマ不足が解消され、登板機会は多くなかった。同年6月18日の対中日ドラゴンズ戦(ナゴヤドーム)では、先発して6回途中まで11個の三振を奪ったが、神内の後を三瀬幸司・吉武真太郎・篠原貴行・藤岡好明・馬原孝浩のリレーで、1試合最多タイ(継投による達成は史上初)となる19奪三振を記録した。神内靖 フレッシュアイペディアより)

71件中 21 - 30件表示

「馬原孝浩」のニューストピックワード

  • Backstreet Boys Fan Club Japan

  • ブルー&ロンサム

  • TERA The Exiled Realm of Arborea