79件中 21 - 30件表示
  • 篠原貴行

    篠原貴行から見た馬原孝浩馬原孝浩

    、は左肩故障などでほとんど登板できなかった。、からは再び中継ぎ投手として活躍したが、三瀬幸司・馬原孝浩の台頭もあり徐々に登板機会が減った。2006年7月5日の西武戦(ヤフードーム)では延長12回裏2死の場面でフリオ・ズレータの代走として出場(控えの野手を全て使い切ったため)。またこれが王監督休養前の最後の采配となった。はシーズン中盤あたりに一軍登録され主に対左のワンポイントリリーフとして登板したが、制球が悪く、四球でランナーを出して降板するなど安定しなかった。篠原貴行 フレッシュアイペディアより)

  • 藤本敦士

    藤本敦士から見た馬原孝浩馬原孝浩

    は2番二塁手として開幕スタメン出場。猛打賞で好調なスタートを切ったものの、2戦目の1打席目で自打球を目に受け退場。そこからまた関本との併用になったが、シーズン後半に今岡誠が離脱したことで関本が三塁手に回り、藤本が二塁手に定着した。同年はオールスターゲームに3度目の出場を果たし、2戦目で馬原孝浩から8回表に勝ち越し2点タイムリーを放って1打数1安打2打点でMVPを獲得した。フレッシュオールスターMVPとのダブル受賞は簑田浩二・石井浩郎・青木宣親に続く史上4人目の記録。日米野球にもファン投票で選出され、2戦目の初打席でタイムリー、4戦目ではチーム初安打を放つなど活躍した。守備でも9月24日の対読売ジャイアンツ戦ではファインプレー3連発でチームを救い、守備で活躍しお立ち台にたった。ファインプレーのみならず堅実なところも見せ、二塁手として12球団トップの守備率.995を記録。一方で打撃成績は打率.237と前年より更に落ちてしまった。同年オフに熱狂的なファンがスポーツ用具メーカーの社員を装って藤本の自宅を訪れ、公式戦で使用したグラブを騙し取る事件が起きた。なお、犯人は翌年に逮捕された。藤本敦士 フレッシュアイペディアより)

  • 1981年のスポーツ

    1981年のスポーツから見た馬原孝浩馬原孝浩

    12月8日 - 馬原孝浩(熊本県、野球)1981年のスポーツ フレッシュアイペディアより)

  • 2009年の日本プロ野球

    2009年の日本プロ野球から見た馬原孝浩馬原孝浩

    7月22日 - ソフトバンクの馬原孝浩が対楽天戦で通算118セーブで、通算最多セーブの球団新記録。2009年の日本プロ野球 フレッシュアイペディアより)

  • 2010年の日本プロ野球

    2010年の日本プロ野球から見た馬原孝浩馬原孝浩

    7月28日 - ソフトバンクの馬原孝浩が対楽天戦でNPB史上9人目の通算150セーブ2010年の日本プロ野球 フレッシュアイペディアより)

  • 2013年の日本プロ野球

    2013年の日本プロ野球から見た馬原孝浩馬原孝浩

    1月12日 - オリックスがソフトバンクへFA移籍した寺原隼人の人的補償として、馬原孝浩を獲得した事を発表。背番号は202013年の日本プロ野球 フレッシュアイペディアより)

  • 2006 ワールド・ベースボール・クラシック日本代表

    2006 ワールド・ベースボール・クラシック日本代表から見た馬原孝浩馬原孝浩

    3月10日 1次リーグに出場した石井弘が左肩の違和感を訴えたために代表を離脱。代わって馬原孝浩が代表入り。 2006 ワールド・ベースボール・クラシック日本代表 フレッシュアイペディアより)

  • 小川一夫

    小川一夫から見た馬原孝浩馬原孝浩

    引退後は二軍コーチ、スカウトを歴任。近年ではホークスのスカウト部長として杉内俊哉、和田毅、新垣渚、馬原孝浩といった2000年代ホークス投手陣の中心となった選手を獲得している。小川一夫 フレッシュアイペディアより)

  • 攝津正

    攝津正から見た馬原孝浩馬原孝浩

    オープン戦の好成績が評価され開幕一軍入り。5月8日の対西武戦で、中継ぎとして1回1/3を無失点に抑えプロ初勝利。ゲーム終盤で攝津、ブライアン・ファルケンボーグ、馬原孝浩の継投で逃げ切る勝ちパターンが確立し、勝利の方程式「SBM」と命名された。オールスターではファン投票中継ぎ部門から新人でただ一人選出され、緊張のあまり整列時のハイタッチを忘れる一幕もあった。第2戦で登板する予定だったが、第1戦で1点リードの8回一死二、三塁の場面で緊急登板し、無失点に抑えた。9月15日、登板63試合で藤岡好明の持つパ新人最多登板記録(62試合)を更新。前日は発熱で試合を欠場していたが、無死満塁のピンチを併殺と三振で切って取った。9月17日には33ホールドを記録し球団記録を更新。10月11日のシーズン最終戦で70試合登板に到達し、の杉浦忠、2000年の吉田修司の69試合を上回って球団新記録を樹立した。林安夫の新人最多登板(71試合)には届かなかったが、70試合は同年のリーグ最多登板で、39ホールドポイントで最優秀中継ぎ投手と新人王のタイトルを獲得した。オフには球団から背番号を篠原貴行の付けていた16に変更するという打診があったが、「50の攝津で覚えられた」と攝津はこれを固辞。年俸は3800万円アップの5000万円で一発更改した。攝津正 フレッシュアイペディアより)

  • 2007年の野球

    2007年の野球から見た馬原孝浩馬原孝浩

    【五輪】全日本野球会議が、第24回アジア野球選手権大会兼北京オリンピック野球競技アジア地区予選の第1次日本代表候補選手60人を発表。社会人、大学生からの候補選出はなく、すべてプロ選手からの選出となった。候補となったのは以下の60人。投手(29人)?ダルビッシュ有、武田久、八木智哉、MICHEAL(以上日本ハム)、西口文也、小野寺力、涌井秀章(以上西武)、馬原孝浩、新垣渚、和田毅、杉内俊哉(以上ソフトバンク)、薮田安彦、渡辺俊介、小林宏之(以上ロッテ)、田中将大、青山浩二(以上楽天)、川上憲伸、岡本真也、岩瀬仁紀(以上中日)、藤川球児(阪神)、林昌範、上原浩治、高橋尚成、内海哲也、金刃憲人(以上巨人)、黒田博樹、大竹寛(以上広島)、那須野巧、木塚敦志(以上横浜)。捕手(5人)?里崎智也(ロッテ)、谷繁元信(中日)、矢野燿大(阪神)、阿部慎之助(読売)、相川亮二(横浜)。内野手(15人)?中島裕之(西武)、松中信彦(ソフトバンク)、TSUYOSHI、今江敏晃(以上ロッテ)、北川博敏(オリックス)、荒木雅博、井端弘和(以上中日)、鳥谷敬、今岡誠(以上阪神)、宮本慎也(ヤクルト)、小笠原道大、二岡智宏(以上巨人)、梵英心、新井貴浩(以上広島)、村田修一(横浜)。外野手(11人)?稲葉篤紀(日本ハム)、和田一浩(西武)、多村仁、大村直之(以上ソフトバンク)、村松有人(オリックス)、礒部公一、鉄平(以上楽天)、福留孝介(中日)、青木宣親(ヤクルト)、谷佳知、高橋由伸(以上巨人)。2007年の野球 フレッシュアイペディアより)

79件中 21 - 30件表示

「馬原孝浩」のニューストピックワード