79件中 31 - 40件表示
  • 12月8日

    12月8日から見た馬原孝浩馬原孝浩

    1981年 - 馬原孝浩、プロ野球選手12月8日 フレッシュアイペディアより)

  • 橋本将

    橋本将から見た馬原孝浩馬原孝浩

    は里崎が開幕早々に故障して指名打者で起用されたため、序盤戦は橋本が正捕手を務めた。チーム全体が開幕から打撃不振だったことと、5月4日に里崎が故障の悪化によって降格したことから、5月7日の対オリックス・バファローズ戦では初めて4番で先発出場した。ところが、4番2試合目となった5月9日の対楽天イーグルス戦で負傷退場して約2ヵ月間の戦線離脱、さらに同日には第3捕手の田中雅彦も登録抹消されていたため、9日が一軍初出場だった金澤岳がしばらく先発出場せざるを得なくなり、チームがこの時期大きく負け超す一因となった。復帰後は7月24日の対北海道日本ハムファイターズ戦で先発ダルビッシュ有から先制決勝満塁本塁打、9月7日の対福岡ソフトバンクホークス戦では守護神馬原孝浩から同点満塁本塁打を放つなど、徐々に復調していった。前半戦の出遅れが響いてチームはこの年4位に終わったが、最終的には打率.311、11本塁打、55打点と自己最高の成績を挙げ、出塁率も4割を超え長打力と選球眼を併せ持った橋本らしさを発揮した一年となった。また、この年国内FA権を取得し、橋本は移籍した場合ロッテへの補償が不要な年俸Cランクだったこともあって注目選手の一人に挙げられていたが、FA宣言せずにロッテに残留した。橋本将 フレッシュアイペディアより)

  • 2011年の日本シリーズ

    2011年の日本シリーズから見た馬原孝浩馬原孝浩

    投手:00吉川輝昭、14馬原孝浩、17大場翔太、18新垣渚、19森福允彦、21和田毅、25ブライアン・ファルケンボーグ、28大隣憲司、34山田大樹、40藤岡好明、41岩嵜翔、47杉内俊哉、50攝津正、51金澤健人、54D.J.ホールトン、63藤田宗一、91陽耀勲、93ヤンシー・ブラゾバン2011年の日本シリーズ フレッシュアイペディアより)

  • 2010年のオールスターゲーム (日本プロ野球)

    2010年のオールスターゲーム (日本プロ野球)から見た馬原孝浩馬原孝浩

    パ:●和田(ソフトバンク)、ダルビッシュ(日本ハム)、木佐貫(オリックス)、小林宏(ロッテ)、ファルケンボーグ(ソフトバンク)、馬原(ソフトバンク) - 嶋(楽天)、里崎(ロッテ)2010年のオールスターゲーム (日本プロ野球) フレッシュアイペディアより)

  • 長野翼

    長野翼から見た馬原孝浩馬原孝浩

    西日本スポーツは2011年1月7日付紙面で、福岡で活動する場合系列のテレビ西日本(TNC・テレ西)が何らかの形で受け皿となるべく、オファーを出していたと報じた。なお、馬原孝浩と結婚した畑野優理子(元TNC)とはアナウンサーとしても同期で、同系列・大学も同じという繋がりから面識があった。長野翼 フレッシュアイペディアより)

  • 小山伸一郎

    小山伸一郎から見た馬原孝浩馬原孝浩

    技術面では踏み出す足の位置を馬原孝浩のフォームを参考に変え、加えて野村克也監督(当時)の助言も参考にしたところ、フォームの修正が以前に比べ簡単になったこと。小山伸一郎 フレッシュアイペディアより)

  • ギャビー・サンチェス

    ギャビー・サンチェスから見た馬原孝浩馬原孝浩

    初本塁打:2015年4月11日、対オリックス・バファローズ2回戦(楽天Koboスタジアム宮城)、9回裏に馬原孝浩から左越同点2ランギャビー・サンチェス フレッシュアイペディアより)

  • 岩村明憲

    岩村明憲から見た馬原孝浩馬原孝浩

    このシーズンから同じく日本球界に復帰した松井稼頭央とともに主力として期待されたが、開幕から打率.169、OPS.421、失策6と攻守に精彩を欠き、5月14日に出場選手登録を抹消。復帰まで1ヵ月半を要したが、復帰直後の6月29日のソフトバンク戦(Kスタ宮城)において、延長10回裏に馬原孝浩から日本球界復帰後初の適時打となる逆転サヨナラ二塁打を放った。しかし、その後も調子が上向くことはなく、内村賢介が二塁手のスタメンに固定された影響で、それまで正二塁手だった高須洋介が三塁手に定着。押しだされるようにスタメンの座を失い、守備代走要員となった。9月16日の西武戦(西武ドーム)の代打で二ゴロ併殺崩れの間に出塁し、ホーム突入時に銀仁朗と交錯して肋骨を骨折。打率.183、本塁打なし、OPS.475という成績でそのままシーズンを終えた。岩村明憲 フレッシュアイペディアより)

  • 古閑美保

    古閑美保から見た馬原孝浩馬原孝浩

    少年野球でエースと4番を任されていた熊本市立託麻東小学校5年時、熊本市水前寺野球場で行われた市の大会の決勝戦にて、当時熊本市立託麻原小学校6年生だった馬原孝浩(元福岡ソフトバンクホークス、オリックス・バファローズ)からセンターオーバーの本塁打を打ったことがある(試合は5-6で敗れた)。古閑はその後当時のことを憶えておらず、馬原がラジオ番組で語っていた内容を親戚から聞き、思い出したという。プロ野球読売ジャイアンツに所属する藤村大介(熊本工高)と親戚(再従弟)の関係で、なおかつ卒業した小学校と中学校が同じである。その縁からかジャイアンツ主催の公式戦の始球式に登板したこともあるが、古閑本人はアンチ巨人を公言している。古閑美保 フレッシュアイペディアより)

  • 2015年の日本プロ野球

    2015年の日本プロ野球から見た馬原孝浩馬原孝浩

    オリックス・バファローズは、坂口智隆、馬原孝浩に戦力外通告したことを発表。また監督代行の福良淳一が監督に昇格し来季の一軍監督に、二軍監督に田口壮が就任したことを発表した。2015年の日本プロ野球 フレッシュアイペディアより)

79件中 31 - 40件表示

「馬原孝浩」のニューストピックワード