71件中 41 - 50件表示
  • 岩村明憲

    岩村明憲から見た馬原孝浩馬原孝浩

    は同じくこのシーズンから日本球界に復帰した松井稼頭央と共に主力として期待されたが、開幕から打率.169、OPS.421、失策6と攻守に精彩を欠き、5月14日に出場選手登録を抹消。復帰まで1ヵ月半を要したが、復帰直後の6月29日のソフトバンク戦(Kスタ宮城)において、延長10回裏に馬原孝浩から日本球界復帰後初の適時打となる逆転サヨナラ二塁打を放った。しかし、その後も調子が上向くことはなく、内村賢介が二塁手のスタメンに固定された影響で、それまで正二塁手だった高須洋介が三塁手に定着。押しだされるようにスタメンの座を失い、守備代走要員となった。9月16日の西武戦(西武ドーム)の代打で二ゴロ併殺崩れの間に出塁し、ホーム突入時に銀仁朗と交錯して肋骨を骨折。打率.183、本塁打なし、OPS.475という成績でそのままシーズンを終えた。岩村明憲 フレッシュアイペディアより)

  • 古閑美保

    古閑美保から見た馬原孝浩馬原孝浩

    少年野球でエースと4番を任されていた熊本市立託麻東小学校5年時、熊本市水前寺野球場で行われた市の大会の決勝戦にて、当時熊本市立託麻原小学校6年生だった馬原孝浩(現・福岡ソフトバンクホークス)からセンターオーバーの本塁打を打ったことがある(試合は5-6で敗れた)。古閑はその後当時のことを憶えておらず、馬原がラジオ番組で語っていた内容を親戚から聞き、思い出したという。プロ野球読売ジャイアンツに所属する藤村大介(熊本工高)と親戚(再従弟)の関係で、なおかつ卒業した小学校と中学校が同じである。その縁からかジャイアンツ主催の公式戦の始球式に登板したこともあるが、古閑本人はアンチ巨人を公言している。古閑美保 フレッシュアイペディアより)

  • 小瀬浩之

    小瀬浩之から見た馬原孝浩馬原孝浩

    はウエスタン・リーグで3割以上の打率を残し、7月15日に初めて一軍昇格。同日の対ロッテ戦においてスタメンで初出場し、プロ初打席で小林宏之から初安打となる遊撃内野安打を放ち、すかさず初盗塁を記録し、翌日には初打点を挙げた。7月19日の対日本ハム戦で多田野数人から満塁走者一掃の適時二塁打を放って勝利に貢献し、試合後に勝利投手だった山本省吾と共にプロ入り初のお立ち台に上がった。以後、主に9番・左翼手として一軍に定着し、8月5日の対ソフトバンク戦で久米勇紀からプロ入り初本塁打を放ち、8月27日の対ソフトバンク戦では馬原孝浩から決勝スクイズを決めた。一時は3割前後を維持していた打率は9月中旬を境に落としていったが、9月29日の対西武戦では、延長10回表に大沼幸二からまたも決勝スクイズを決め、この試合の勝利でチームは9年ぶりにAクラス入りを果たした。その後、日本ハムとのクライマックスシリーズでは、第1戦で8番・左翼手として出場し、チームは敗れるもダルビッシュ有からチームで唯一猛打賞を記録。翌第2戦は相手先発が左腕の藤井秀悟だったためスタメンから外れるも、最終回に代打で出場しマイケル中村から四球を選んだ。最終的に58試合に出場して打率.262、出塁率.342、チーム3位の7盗塁を記録する等、持ち味の俊足巧打を生かしてまずまずの成績を残した。オフには、2年間交際していた一般の女性と入籍した。小瀬浩之 フレッシュアイペディアより)

  • 藤本敦士

    藤本敦士から見た馬原孝浩馬原孝浩

    は2番二塁手として開幕スタメン出場。猛打賞で好調なスタートを切ったものの、2戦目の1打席目で自打球を目に受け退場。そこからまた関本との併用になったが、シーズン後半に今岡誠が離脱したことで関本が三塁手に回り、藤本が二塁手に定着した。同年はオールスターゲームに3度目の出場を果たし、2戦目で馬原孝浩から8回表に勝ち越し2点タイムリーを放って1打数1安打2打点でMVPを獲得した。フレッシュオールスターMVPとのダブル受賞は簑田浩二・石井浩郎・青木宣親に続く史上4人目の記録。日米野球にもファン投票で選出され、2戦目の初打席でタイムリー、4戦目ではチーム初安打を放つなど、日本シリーズでは打率0割台と打てないが、プレッシャーのない舞台に強いところを見せた。守備でも9月24日の対読売ジャイアンツ戦ではファインプレー3連発でチームを救い、守備で活躍しお立ち台にたった。ファインプレーのみならず堅実なところも見せ、二塁手として12球団トップの守備率.995を記録。一方で打撃成績は打率.237と前年より更に落ちてしまった。同年オフに熱狂的なファンがスポーツ用具メーカーの社員を装って藤本の自宅を訪れ、公式戦で使用したグラブを騙し取る事件が起きた。なお、犯人は翌年に逮捕された。藤本敦士 フレッシュアイペディアより)

  • 2006年の日本プロ野球

    2006年の日本プロ野球から見た馬原孝浩馬原孝浩

    7月3日 - サンヨーオールスターゲーム2006のファン投票最終結果発表。初のファン選出となるのは、パ・リーグからは菊地原毅中継ぎ投手(オリックス)、馬原孝浩抑え投手(ソフトバンク)、里崎智也捕手(ロッテ)、本間満二塁手(ソフトバンク)、今江敏晃三塁手(ロッテ)、柴原洋外野手(ソフトバンク)、セ・リーグからはマーク・クルーン抑え投手(横浜)、アンディ・シーツ一塁手(阪神)、福留孝介外野手(中日)の9選手。最多得票はパ・リーグ、清原和博指名打者の806,021票。またファンによる選抜最多回数も清原の18回。2006年の日本プロ野球 フレッシュアイペディアより)

  • 森福允彦

    森福允彦から見た馬原孝浩馬原孝浩

    は左のワンポイントや敗戦処理などで信頼を築き、8月15日から30日までに登板した6試合、11回2/3を投げた際のWHIPは0.343という数字を残している。なかでも、8月26日の対オリックス・バファローズ戦(ヤフードーム)では延長11、12回を5者連続空振り三振を奪うなど、完璧に抑えた。翌日の対ロッテ戦では5回表の1死満塁、一打逆転の場面で登板し無失点に抑え、プロ初勝利を挙げている。最終的には甲藤啓介と共に攝津正、ブライアン・ファルケンボーグ、馬原孝浩からなるSBMに次ぐ存在となる。最終的に三瀬幸司、篠原貴行らが相次いで退団したホークス中継ぎ陣では唯一と言っていい左の中継ぎとしての地位を得てリーグ優勝に貢献した。森福允彦 フレッシュアイペディアより)

  • 田中幸雄 (内野手)

    田中幸雄 (内野手)から見た馬原孝浩馬原孝浩

    1000打点:2005年8月27日、対福岡ソフトバンクホークス17回戦(札幌ドーム)、10回裏に馬原孝浩から中越サヨナラ適時打 ※史上25人目田中幸雄 (内野手) フレッシュアイペディアより)

  • 2006 ワールド・ベースボール・クラシック日本代表

    2006 ワールド・ベースボール・クラシック日本代表から見た馬原孝浩馬原孝浩

    3月10日 1次リーグに出場した石井弘が左肩の違和感を訴えたために代表を離脱。代わって馬原孝浩(ソフトバンク)が代表入り。 2006 ワールド・ベースボール・クラシック日本代表 フレッシュアイペディアより)

  • 川島慶三

    川島慶三から見た馬原孝浩馬原孝浩

    初打点:2006年4月15日、対福岡ソフトバンクホークス4回戦(福岡Yahoo! JAPANドーム)、12回表に馬原孝浩から遊撃ゴロの間に決勝点川島慶三 フレッシュアイペディアより)

  • 前田智徳

    前田智徳から見た馬原孝浩馬原孝浩

    プレー中に笑顔を見せる事は滅多にないが、2007年ガリバーオールスターゲーム第1戦(東京ドーム)の7回裏、ホークス・馬原孝浩の直球をすくい上げるようにスイングし、右中間に飛び込むオールスター初本塁打を放った。一塁を回ったところで打球の着地点を見届けると拳を握り締め、さらに三塁手前で笑顔で手を叩いて小さくガッツポーズを取りホームイン。ダッグアウト前でナインと嬉しそうにハイタッチを交わした。前田は「落合さん(博満・セ監督)からは『楽しめよ』と言われていたし、ファン投票で選んでもらったからには頑張りたかった。三振だけはしないようにと思っていたが、まさか本塁打になるとは思わなかった。本当に嬉しかった」と話した。前田智徳 フレッシュアイペディアより)

71件中 41 - 50件表示

「馬原孝浩」のニューストピックワード

  • Backstreet Boys Fan Club Japan

  • ブルー&ロンサム

  • TERA The Exiled Realm of Arborea