71件中 51 - 60件表示
  • TNCスーパーニュース

    TNCスーパーニュースから見た馬原孝浩馬原孝浩

    畑野が福岡ソフトバンクホークス投手・馬原孝浩との結婚のため降板。但しこの事実が明らかになったのはずっと後のことである。TNCスーパーニュース フレッシュアイペディアより)

  • ももち浜ストア

    ももち浜ストアから見た馬原孝浩馬原孝浩

    畑野優理子(TNC元アナウンサー) - 入社直後にコーナーを持っていた。その後2007年3月まで「TNCスーパーニュース」担当。現在はオリックス・バファローズ・馬原孝浩投手の妻。ももち浜ストア フレッシュアイペディアより)

  • ブライアン・ファルケンボーグ

    ブライアン・ファルケンボーグから見た馬原孝浩馬原孝浩

    、東北楽天ゴールデンイーグルスとの争奪戦の末、福岡ソフトバンクホークスに入団。初登板から16試合目まで自責点0を続けるなど、セットアッパーとして活躍した。攝津正、ファルケンボーグ、馬原孝浩のリリーフトリオはグループ会社(ソフトバンクモバイル)にあやかってSBM(Settsu,Brian,Mahara)と名付けられた。シーズン終盤には肘を痛めて一時離脱したが、攝津に続いてリーグ2位となる23ホールドを記録した。ブライアン・ファルケンボーグ フレッシュアイペディアより)

  • 12月8日

    12月8日から見た馬原孝浩馬原孝浩

    1981年 - 馬原孝浩、プロ野球選手12月8日 フレッシュアイペディアより)

  • 2007年の野球

    2007年の野球から見た馬原孝浩馬原孝浩

    全日本野球会議が、第24回アジア野球選手権大会兼北京オリンピック野球競技アジア地区予選の第1次日本代表候補選手60人を発表。社会人、大学生からの候補選出はなく、すべてプロ選手からの選出となった。候補となったのは以下の60人。投手(29人)?ダルビッシュ有、武田久、八木智哉、MICHEAL(以上日本ハム)、西口文也、小野寺力、涌井秀章(以上西武)、馬原孝浩、新垣渚、和田毅、杉内俊哉(以上ソフトバンク)、薮田安彦、渡辺俊介、小林宏之(以上ロッテ)、田中将大、青山浩二(以上楽天)、川上憲伸、岡本真也、岩瀬仁紀(以上中日)、藤川球児(阪神)、林昌範、上原浩治、高橋尚成、内海哲也、金刃憲人(以上巨人)、黒田博樹、大竹寛(以上広島)、那須野巧、木塚敦志(以上横浜)。捕手(5人)?里崎智也(ロッテ)、谷繁元信(中日)、矢野燿大(阪神)、阿部慎之助(読売)、相川亮二(横浜)。内野手(15人)?中島裕之(西武)、松中信彦(ソフトバンク)、TSUYOSHI、今江敏晃(以上ロッテ)、北川博敏(オリックス)、荒木雅博、井端弘和(以上中日)、鳥谷敬、今岡誠(以上阪神)、宮本慎也(ヤクルト)、小笠原道大、二岡智宏(以上巨人)、梵英心、新井貴浩(以上広島)、村田修一(横浜)。外野手(11人)?稲葉篤紀(日本ハム)、和田一浩(西武)、多村仁、大村直之(以上ソフトバンク)、村松有人(オリックス)、礒部公一、鉄平(以上楽天)、福留孝介(中日)、青木宣親(ヤクルト)、谷佳知、高橋由伸(以上巨人)。2007年の野球 フレッシュアイペディアより)

  • あぶさん

    あぶさんから見た馬原孝浩馬原孝浩

    ダイエーへの譲渡(福岡移転)以降では景浦とAK砲と呼ばれた秋山幸二(後に監督)、のちには巨人の投手として日本シリーズで対戦することにもなる工藤公康、石毛宏典ら西武からの移籍組(秋山、工藤と石毛は西武時代にも、工藤はダイエーからの移籍後も、石毛はオリックス監督就任後もよく登場)やオールスターで息子の景虎とバッテリーを組んだこともある城島健司、三冠王をとることになる松中信彦、俊足巧打の外野手・柴原洋、大型内野手・川崎宗則や井口資仁ら野手陣や、新垣渚(景浦の娘・夏子に好意を持つ描写もあった)、和田毅(代走に出たこともある)、馬原孝浩ら投手陣の活躍が目立った。小久保裕紀は景浦と本塁打王を争うことのできた希有なバッターの一人である。また、下柳剛の登場も多く、登場人物の恋の相手としてフィーチャーされるなどの扱いも受けた。下柳は他球団への移籍後もよく登場しており、特に阪神時代は景虎のチームメイトにもなっている。この下柳のほか、吉田豊彦も景浦父子双方のチームメイトだった(父とは南海・ダイエーで、子とは大阪近鉄で)ことがある。あぶさん フレッシュアイペディアより)

  • オールスターゲーム (日本プロ野球)

    オールスターゲーム (日本プロ野球)から見た馬原孝浩馬原孝浩

    同一球団最多出場 10人 福岡ソフトバンクホークス(森福允彦、馬原孝浩、和田毅、杉内俊哉、攝津正、小久保裕紀、本多雄一、松田宣浩、川崎宗則、内川聖一)2011年※馬原孝浩は怪我で出場を辞退した。千葉ロッテマリーンズ 10人 2005年(薮田、清水直、小林宏、渡辺俊、小林雅、里崎、フランコ、西岡、李、福浦)オールスターゲーム (日本プロ野球) フレッシュアイペディアより)

  • 攝津正

    攝津正から見た馬原孝浩馬原孝浩

    、オープン戦の好成績が評価され開幕1軍入り。5月8日の対西武戦で、中継ぎとして1回1/3を無失点に抑えプロ初勝利。ゲーム終盤で攝津、ブライアン・ファルケンボーグ、馬原孝浩の継投で逃げ切る勝ちパターンが確立し、勝利の方程式「SBM」と命名された。オールスターではファン投票中継ぎ部門から新人でただ一人選出され、緊張のあまり整列時のハイタッチを忘れる一幕もあった。第2戦で登板する予定だったが、第1戦で1点リードの8回一死二、三塁の場面で緊急登板し、無失点に抑えた。9月15日、登板63試合で藤岡好明の持つパ新人最多登板記録(62試合)を更新。前日は発熱で試合を欠場していたが、無死満塁のピンチを併殺と三振で切って取った。9月17日には33ホールドを記録し球団記録を更新。10月11日のシーズン最終戦で70試合登板に到達し、1959年の杉浦忠、2000年の吉田修司の69試合を上回って球団新記録を樹立した。林安夫の新人最多登板(71試合)には届かなかったが、70試合は同年のリーグ最多登板で、39ホールドポイントで最優秀中継ぎ投手と新人王のタイトルを獲得した。オフには球団から背番号を篠原貴行の付けていた16に変更するという打診があったが、「50の攝津で覚えられた」と攝津はこれを固辞。攝津正 フレッシュアイペディアより)

  • 白戸家

    白戸家から見た馬原孝浩馬原孝浩

    松中信彦・杉内俊哉・馬原孝浩・本多雄一が出演。白戸家 フレッシュアイペディアより)

  • 2009 ワールド・ベースボール・クラシック日本代表

    2009 ワールド・ベースボール・クラシック日本代表から見た馬原孝浩馬原孝浩

    投手陣は前回の先発投手二人制に近いものの、若干球数制限が緩和されたため厳密ではなくなった。先発投手三本柱は前年メジャーで18勝を挙げた松坂大輔、日本を代表する投手と原自ら賞賛したダルビッシュ有、前年沢村賞の岩隈久志の三名。前回のWBCも経験している杉内俊哉、渡辺俊介らがブルペンで待機。前年セ・リーグ新人王の山口鉄也、ソフトバンクのクローザー馬原孝浩から藤川球児を経由して逃げ切りを図る。しかし本番では藤川球児の調子が上がらず、準決勝からは先発登板予定のないダルビッシュ有がクローザーに回った。2009 ワールド・ベースボール・クラシック日本代表 フレッシュアイペディアより)

71件中 51 - 60件表示

「馬原孝浩」のニューストピックワード

  • Backstreet Boys Fan Club Japan

  • ブルー&ロンサム

  • TERA The Exiled Realm of Arborea