79件中 51 - 60件表示
  • ドカベン スーパースターズ編

    ドカベン スーパースターズ編から見た馬原孝浩馬原孝浩

    投手。CS出場がかかった最終戦の東京戦で先発。この試合で1番に起用された山田に4打席連続本塁打を許すも他の打者には打たれず9回4失点。試合は1点を争うシーソーゲームとなり山田は延長10回に杉内俊哉から、12回にも馬原孝浩からも本塁打を放ち6打席連続本塁打の記録達成。更にこの試合6-5のうち8本もの本塁打(その全てがソロ)が出るという壮絶な空中戦だった。(山田6・松田1・多村1・松中1)ドカベン スーパースターズ編 フレッシュアイペディアより)

  • TNCスーパーニュース

    TNCスーパーニュースから見た馬原孝浩馬原孝浩

    畑野が福岡ソフトバンクホークス投手・馬原孝浩との結婚のために降板。ただし、この事実が明らかになったのはずっと後のことである。TNCスーパーニュース フレッシュアイペディアより)

  • ふるさと大使

    ふるさと大使から見た馬原孝浩馬原孝浩

    わくわく親善大使(熊本県熊本市)- 朝日健太郎・有村智恵・高良健吾・古閑美保・コロッケ・島津亜矢・江一燕・末續慎吾・武田双雲・田山淳朗・寺嶋民哉・不動裕理・馬原孝浩・宮崎美子・八代亜紀・笠りつ子・ロアッソ熊本ふるさと大使 フレッシュアイペディアより)

  • ブライアン・ファルケンボーグ

    ブライアン・ファルケンボーグから見た馬原孝浩馬原孝浩

    に福岡ソフトバンクホークスへ入団。初登板から16試合目まで自責点0を続けるなど、セットアッパーとして活躍した。攝津正、ファルケンボーグ、馬原孝浩のリリーフトリオはグループ会社(ソフトバンクモバイル)にあやかってSBM(Settsu,Brian,Mahara)と名付けられた。シーズン終盤には肘を痛めて一時離脱したが、攝津に続いてリーグ2位となる23ホールドを記録した。ブライアン・ファルケンボーグ フレッシュアイペディアより)

  • 小瀬浩之

    小瀬浩之から見た馬原孝浩馬原孝浩

    はウエスタン・リーグで3割以上の打率を残し、7月15日に初めて一軍に昇格する。同日の対ロッテ戦においてスタメンで初出場し、プロ初打席で小林宏之から初安打となる遊撃内野安打を放ち、すかさず初盗塁を記録し、翌日には初打点を挙げた。7月19日の対日本ハム戦で多田野数人から満塁走者一掃の適時二塁打を放って勝利に貢献し、試合後に勝利投手だった山本省吾と共にプロ入り初のお立ち台に上がった。以後、主に9番・左翼手として一軍に定着し、8月5日の対ソフトバンク戦で久米勇紀からプロ入り初本塁打を放ち、8月27日の対ソフトバンク戦では馬原孝浩から決勝スクイズを決めた。一時は3割前後を維持していた打率は9月中旬を境に落としていったが、9月29日の対西武戦では、延長10回表に大沼幸二からまたも決勝スクイズを決め、この試合の勝利でチームは9年ぶりにAクラス入りを果たした。その後、日本ハムとのクライマックスシリーズでは、第1戦で8番・左翼手として出場し、チームは敗れるもダルビッシュ有からチームで唯一猛打賞を記録。翌第2戦は相手先発が左腕の藤井秀悟だったためスタメンから外れるも、最終回に代打で出場しマイケル中村から四球を選んだ。最終的に58試合に出場して打率.262、出塁率.342、チーム3位の7盗塁を記録する等、持ち味の俊足巧打を生かしてまずまずの成績を残した。オフには2年間交際していた一般の女性と入籍した。小瀬浩之 フレッシュアイペディアより)

  • 金子千尋

    金子千尋から見た馬原孝浩馬原孝浩

    先発で9回表終了まで無安打に抑えながら、その裏の代打で交代を余儀なくされた2014年5月31日の対巨人戦(前述)では、延長戦に入ってからも救援陣が継投で記録を継続。11回表に佐藤達也が片岡治大にチーム初安打、12回表に馬原孝浩が亀井義行に決勝本塁打を許すなど、延長12回までもつれ込んだ末にチームは0対1で敗れた。金子は、この結果について、試合終了後に淡々とした姿勢で「(巨人打線が)ノーヒットだったのは知っていたが、9回まで0?0(というスコア)でいっていたので、ノーヒットを意識することなく最後まで投げられた。9回裏にサヨナラ(で勝っていた)なら、ノーヒットノーランとして記録に残るので嬉しいけど、自分の使命はチームに勝ちを付けること。それができなかったので、ノーヒット(ノーランを達成できなかったこと)へのコメントはできない」と振り返っていた。なお、先発投手からの継投で無安打投球を続けた末に、延長で初安打を許したチームは日本プロ野球公式戦2例目(NPBの公式戦では初めての事例)であった。金子千尋 フレッシュアイペディアより)

  • 近藤大亮

    近藤大亮から見た馬原孝浩馬原孝浩

    大学卒業後にパナソニックへ入社すると、1年目から公式戦に登板した。には、9月のアジア野球選手権大会に日本代表として出場すると、10月のプロ野球ドラフト会議でオリックス・バファローズから2巡目で指名。契約金8,000万円、年俸1,200万円(金額は推定)という条件で入団した。また、この年限りで現役を引退した馬原孝浩から、背番号20を引き継いだ。近藤大亮 フレッシュアイペディアより)

  • 立岡宗一郎

    立岡宗一郎から見た馬原孝浩馬原孝浩

    趣味は釣りで、ホークス時代には同じ趣味の馬原孝浩へ「弟子入り」を志願。また、川?宗則にも弟子入りを志願し、川?からは「来る者は拒みませんよ。共に名前に『宗』の字があるから『ムネリンズ』やね」と歓迎された。立岡宗一郎 フレッシュアイペディアより)

  • 榎下陽大

    榎下陽大から見た馬原孝浩馬原孝浩

    九州産業大学進学後は1年春からベンチ入りし、同年と2年秋、3年秋、4年秋の福岡六大学リーグ優勝を経験した。2年春にはベストナイン、4年秋にはMVPに選出された。リーグ通算31勝7敗。同リーグでは馬原孝浩(九州共立大学)以来となる30勝投手。榎下陽大 フレッシュアイペディアより)

  • 中央区 (熊本市)

    中央区 (熊本市)から見た馬原孝浩馬原孝浩

    馬原孝浩(プロ野球選手)中央区 (熊本市) フレッシュアイペディアより)

79件中 51 - 60件表示

「馬原孝浩」のニューストピックワード