79件中 61 - 70件表示
  • 小池正晃

    小池正晃から見た馬原孝浩馬原孝浩

    はキャンプから二軍スタートとなりそのまま開幕を迎えた。5月28日に初の一軍昇格を果たす。6月19日のオリックス戦(ナゴヤドーム)で岸田護からサヨナラホームラン、7月6日の阪神戦では逆転満塁本塁打を打つなど勝負強さとパンチ力を発揮した。トニ・ブランコが離脱した際には一塁手で出場した。ソフトバンクとの日本シリーズでは第一戦で延長10回表に馬原孝浩から勝ち越しとなるソロホームランを放つ。オフに出場機会を求めて国内FA権を行使。12月19日に横浜DeNAベイスターズと契約し、4年ぶりに古巣に復帰した。小池正晃 フレッシュアイペディアより)

  • 比嘉幹貴

    比嘉幹貴から見た馬原孝浩馬原孝浩

    には、先発投手や他の救援投手が試合の中盤(主に6・7回)で走者を出した局面を中心に、一軍公式戦で自己最多の62試合に登板。一軍監督の森脇浩司から「切り札」と称されるほどの信頼を背景に、佐藤達也・馬原孝浩・平野佳寿と共に「勝利の方程式」へ組み込まれると、チームのレギュラーシーズン2位・クライマックスシリーズ進出に貢献した。レギュラーシーズンでは、34登板試合連続無失点(パシフィック・リーグのシーズン公式戦タイ記録)を達成したほか、通算で0点台の防御率を記録した。比嘉幹貴 フレッシュアイペディアより)

  • JFK (阪神タイガース)

    JFK (阪神タイガース)から見た馬原孝浩馬原孝浩

    福岡ソフトバンクホークス(2009年):攝津正 (Settsu)・ブライアン・ファルケンボーグ (Brian)・馬原孝浩 (Mahara) の3人で「SBM」。 ソフトバンクモバイルの略称にちなんでいる。JFK (阪神タイガース) フレッシュアイペディアより)

  • 高山郁夫

    高山郁夫から見た馬原孝浩馬原孝浩

    シーズンからは1軍投手コーチ(ブルペン)となり、はリーグワーストの救援防御率だった。からは解任された杉本正の後任として一軍投手コーチ(ベンチ)に就任。同年は馬原孝浩につなぐセットアッパーの整備を課題として掲げ、シーズンに入るとSBMという継投のパターンが確立された。同年はチーム防御率はリーグ5位から2位になった。には勢いのある投手を起用する方針を打ち出し、森福允彦の登板機会増加につながった。高山郁夫 フレッシュアイペディアより)

  • 嶋村一輝

    嶋村一輝から見た馬原孝浩馬原孝浩

    初安打:2004年8月6日、対福岡ダイエーホークス21回戦(Yahoo!BBスタジアム)、9回裏に馬原孝浩から中前安打嶋村一輝 フレッシュアイペディアより)

  • 寺原隼人

    寺原隼人から見た馬原孝浩馬原孝浩

    ''、春季キャンプでは尾花高夫投手コーチの下でテークバックで昨年よりも肘を上げるフォームへ改造した。ロッテ・ジャイアンツ、東京ヤクルトスワローズ、広島二軍と先発無失点を続けていたが最終テストで炎上し、開幕ローテから漏れた。二軍公式戦では先発で4連敗するなど調子が上がらず、5月22日に昇格して同日の対阪神タイガース戦に先発したが3回でKOされた。続く5月27日に中継ぎ登板で1イニングを3者凡退に抑えたが、馬原孝浩の一軍復帰により6月3日に二軍降格となった。降格後は二軍の先発として調子を上げ4試合連続で好投していたが、7月5日の試合で3回KOされ、7月15日に西戸崎室内練習場での練習中にノックのボールを踏んで左足首を痛め、同日福岡市内の病院で検査の結果、左足首靭帯の断裂と診断され、7月22日に福岡市内の病院で縫合手術を受けた。秋季キャンプから小久保裕紀の個人トレーナーだった山尾伸一と個人契約を結んで肉体改造を行った。寺原隼人 フレッシュアイペディアより)

  • 三瀬幸司

    三瀬幸司から見た馬原孝浩馬原孝浩

    は開幕から好調で、4月22日の西武戦で10セーブ目を挙げた。開幕から24試合目での2桁セーブ到達はプロ野球史上最速記録となった。しかし、5月1日のロッテ戦で調整登板をした際に、ベニーに3点本塁打を浴びてシーズン初失点を喫すると、以後は別人のように投球が乱れるケースが増加。更に6月2日の阪神戦では9回裏に金本知憲に頭部死球を与え危険球退場。7月4日の楽天戦では10球連続ボールを含む3連続四球と大乱調で二軍降格となった。その後は昇格するも、馬原孝浩が抑えに抜擢され、自身は中継ぎとなった。結果的に18セーブをマークしたが防御率は4点台となり、翌年以降は馬原が抑えとなり、自身は中継ぎ専任となった。三瀬幸司 フレッシュアイペディアより)

  • 岩嵜翔

    岩嵜翔から見た馬原孝浩馬原孝浩

    ''は、開幕ローテーション6枚目に抜擢され4月17日対西武戦で先発し、5回まで1失点と好投、6回に先頭の中村剛也にレフトにソロホームランを打たれ、二死一三塁としたところで4点リードで降板すると、後続が徐々に追いつかれ9回1点リードで馬原孝浩が佐藤友亮に同点のソロホームランを浴びまたも初白星とはならなかった。翌日4月18日に二軍へ降格され、5月5日に再び一軍に戻り対楽天戦で先発し7回を3失点。翌週本拠地福岡 Yahoo! JAPANドームで行われた5月13日の対西武戦に再び先発し、6回を2失点に抑えて苦節4年目で悲願のプロ入り初勝利となった。5月23日セ・パ交流戦、対ヤクルト戦では5回降雨コールドながら無失点でプロ初完投を挙げた(勝敗は付かず)。7月28日の対楽天戦で先発し、9回を被安打8与四球2奪三振0で初完封勝利を挙げた。なお、奪三振ゼロでの完封勝利は、7月4日のキップ・グロス(当時日本ハム)以来、16年ぶりであり、日本人では5月3日の大脇照夫(当時国鉄・無安打完封も達成)以来、55年ぶりである。岩嵜翔 フレッシュアイペディアより)

  • 白戸家

    白戸家から見た馬原孝浩馬原孝浩

    松中信彦・杉内俊哉・馬原孝浩・本多雄一が出演(現在も所属しているのは本多のみ)。白戸家 フレッシュアイペディアより)

  • 亀井義行

    亀井義行から見た馬原孝浩馬原孝浩

    ''、2月26日の試合前練習中、内野ノックで捕球する際に右手に打球を受け、右手人差し指第一関節の骨折と診断される。その後手術を受け回復、5月17日の二軍戦で実戦復帰し、5月31日の対オリックス戦で一軍復帰。7番右翼手で先発出場すると0対0で迎えた延長12回表に馬原孝浩から決勝のソロ本塁打を放った。その後も右翼手のレギュラーとしてスタメン出場を続け、勝負強い打撃と守備でチームの勝利に貢献。チームを2度目の交流戦優勝に導き、交流戦MVPを獲得した。69試合の出場ながら3割近い打率を残した。クライマックスシリーズではファイナルステージで阪神と対戦。チームはストレートの4連敗で敗退したが、第3戦ではランディ・メッセンジャー、第4戦には能見篤史からそれぞれソロホームランを打つなど、不振だった打撃陣においてレスリー・アンダーソンと共に気を吐いた。オフの10月21日に、「日本プロ野球80周年記念試合」の阪神・巨人連合チームに選出された事が発表された亀井義行 フレッシュアイペディアより)

79件中 61 - 70件表示

「馬原孝浩」のニューストピックワード