84件中 11 - 20件表示
  • 馬原孝浩

    馬原孝浩から見た橋本将

    は開幕直前に右肩炎症を発症し長期離脱。7月25日に一軍登録され、翌26日の対ロッテ戦でシーズン初セーブを挙げた。しかし、9月7日のロッテ戦では4点リードの9回に登板するも満塁のピンチを招くと橋本将に同点満塁本塁打を打たれてしまい、1死を取っただけで降板し、チームも延長12回に勝ち越され敗れてしまった。チームは9月に調子を落としていった。10月6日の楽天戦で日本人選手では最速となる178試合目での通算100セーブを達成したが、翌日7日の楽天戦は最終戦で監督を勇退する王貞治が指揮を執る最後の試合でもあったが両チームの投手陣が1点も与えず、0?0のまま延長12回入った。馬原は延長11回途中から登板するも12回に山崎武司にサヨナラ適時打を打たれてしまい、チームの最下位が決定してしまった上、王監督最後の試合を勝利で飾れず、王政権最後の敗戦投手となってしまった。最終的に21試合で2敗11セーブ、防御率2.79の成績しか残せず、チームにとっても自身にとっても不本意なシーズンとなってしまった。馬原孝浩 フレッシュアイペディアより)

  • 馬原孝浩

    馬原孝浩から見たグリーン・デイ

    「HORSESHOES AND HANDGRENADES」- Green Day (2014年 - 2015年)馬原孝浩 フレッシュアイペディアより)

  • 馬原孝浩

    馬原孝浩から見た千葉ロッテマリーンズ

    は開幕直前に右肩炎症を発症し長期離脱。7月25日に一軍登録され、翌26日の対ロッテ戦でシーズン初セーブを挙げた。しかし、9月7日のロッテ戦では4点リードの9回に登板するも満塁のピンチを招くと橋本将に同点満塁本塁打を打たれてしまい、1死を取っただけで降板し、チームも延長12回に勝ち越され敗れてしまった。チームは9月に調子を落としていった。10月6日の楽天戦で日本人選手では最速となる178試合目での通算100セーブを達成したが、翌日7日の楽天戦は最終戦で監督を勇退する王貞治が指揮を執る最後の試合でもあったが両チームの投手陣が1点も与えず、0?0のまま延長12回入った。馬原は延長11回途中から登板するも12回に山崎武司にサヨナラ適時打を打たれてしまい、チームの最下位が決定してしまった上、王監督最後の試合を勝利で飾れず、王政権最後の敗戦投手となってしまった。最終的に21試合で2敗11セーブ、防御率2.79の成績しか残せず、チームにとっても自身にとっても不本意なシーズンとなってしまった。馬原孝浩 フレッシュアイペディアより)

  • 馬原孝浩

    馬原孝浩から見たヤナセ

    ヤナセ・福岡ソフトバンクホークスMVP賞:1回 (2007年)馬原孝浩 フレッシュアイペディアより)

  • 馬原孝浩

    馬原孝浩から見た東北楽天ゴールデンイーグルス

    は石井弘寿の故障のため、2次リーグから2006 ワールド・ベースボール・クラシック日本代表に選出されたが、代表に選出された選手では久保田智之とともに出場機会がなかった。シーズンでは初めて年間通して抑えを務め、51試合で防御率1.65で29セーブの数字を残した。8月23日のオリックス戦では自己最速の156km/hを計測。被本塁打は9月2日の楽天戦でホセ・フェルナンデスに打たれた1本のみだった。シーズンオフには日米野球の抑え投手部門にファン投票1位で選出され、第2戦、第5戦に登板し計3イニングを無失点。第5戦では4試合で4本塁打していたライアン・ハワードに全球ストレートで勝負し、空振り三振に仕留めた。馬原孝浩 フレッシュアイペディアより)

  • 馬原孝浩

    馬原孝浩から見た読売ジャイアンツ

    はキャンプの時期から病気の母親の看病と並行していたが、母親は癌性髄膜炎の為開幕直前の4月10日に他界した。このため開幕戦に帯同しなかった。帯同後は抑えとして登板するも、4月23日までにセーブ失敗を2度記録するなど登板した全試合で失点を喫した。結局、5試合で1勝1敗(1勝はセーブがつく場面で登板して追いつかれ、その裏にサヨナラ勝ちしたためについたもの)、防御率13.50と不振を極め、1セーブも挙げられないまま4月24日に二軍降格となった。二軍での再調整を経て5月23日に一軍登録されると、25日の対巨人戦で1点リードの最終回に登板し、3者凡退で抑えシーズン初セーブを記録した。しかし7月18日の登板後に右肩の違和感を訴えて、翌日に右肩関節の大円筋付着部の筋挫傷と判明して登録抹消。出場予定だったオールスター戦も辞退した。9月11日に1軍復帰した。クライマックスシリーズ・日本シリーズでも抑えの役割として登板するも、日本シリーズ1・2戦共に延長戦で決勝打を打たれて2試合連続で敗戦投手となった。その後第5戦と第6戦の登板では無失点に抑えたが、第7戦はセーブ機会で9回を迎えたが、登板することはなかった。しかし、チームは8年ぶりに日本一に輝いた。馬原孝浩 フレッシュアイペディアより)

  • 馬原孝浩

    馬原孝浩から見た埼玉西武ライオンズ

    1年目のは新人王有力候補と期待され開幕一軍入りし、開幕4戦目の西武戦で初先発初勝利を挙げたが、その後は体調を崩しわずか3勝。フレッシュオールスターゲームでは敗戦投手になった。馬原孝浩 フレッシュアイペディアより)

  • 馬原孝浩

    馬原孝浩から見た福岡ソフトバンクホークス

    九州共立大学では1学年年上の新垣渚と共にエースとして活躍。福岡六大学リーグ通算46試合登板、30勝4敗、防御率1.10。最優秀選手2回、最優秀投手1回、ベストナイン4回受賞する。日米大学野球選手権大会(2002年、2003年)、世界大学野球選手権大会(第1回:2002年イタリアで開催、日本は銅メダル獲得)の代表にも選ばれ、2003年のドラフト自由獲得枠で福岡ダイエーホークスに入団。プロ入り前に、大学は、中退をするつもりであるという趣旨の発言をスポーツ記者にしている。馬原孝浩 フレッシュアイペディアより)

  • 馬原孝浩

    馬原孝浩から見た三瀬幸司

    には開幕3戦目で初完投勝利を挙げたが、その後3連敗して二軍落ちした。しかし交流戦からリリーフとして一軍に復帰すると、三瀬幸司の不調により抑えに定着した。42試合に登板してリーグ2位タイの22セーブを記録し、王貞治監督に翌年のクローザーに指名された。馬原孝浩 フレッシュアイペディアより)

  • 馬原孝浩

    馬原孝浩から見たマイク・ロマノ

    初安打・初打点:2005年6月8日、対広島東洋カープ5回戦(広島市民球場)、9回表にマイク・ロマノから右越適時二塁打馬原孝浩 フレッシュアイペディアより)

84件中 11 - 20件表示

「馬原孝浩」のニューストピックワード