63件中 21 - 30件表示
  • 馬原孝浩

    馬原孝浩から見たフレッシュオールスターゲーム

    1年目の2004年は新人王有力候補と期待され開幕一軍入りし、開幕4戦目の対西武戦で初先発初勝利を挙げたが、その後は体調を崩しわずか3勝。フレッシュオールスターゲームでは敗戦投手になった。には開幕3戦目で初完投勝利を挙げたが、その後3連敗して二軍落ち。しかし交流戦からリリーフとして一軍に復帰すると、三瀬幸司の不調により抑えに定着した。6月以降だけでリーグ2位タイの22セーブを記録し、王貞治監督に翌年のクローザーに指名された。馬原孝浩 フレッシュアイペディアより)

  • 馬原孝浩

    馬原孝浩から見た福岡ソフトバンクホークス

    九州共立大学では1学年年上の新垣渚と共にエースとして活躍。大学通算30勝5敗の成績を残す。日米大学野球選手権大会(2002年、2003年)、世界大学野球選手権大会(第1回:2002年イタリアで開催、日本は銅メダル獲得)の代表にも選ばれ、2003年のドラフト自由獲得枠で福岡ダイエーホークスに入団。馬原孝浩 フレッシュアイペディアより)

  • 馬原孝浩

    馬原孝浩から見た広島市民球場 (初代)

    初安打・初打点:2005年6月8日、対広島東洋カープ5回戦(広島市民球場)、9回表にマイク・ロマノから右越適時二塁打馬原孝浩 フレッシュアイペディアより)

  • 馬原孝浩

    馬原孝浩から見た東京ヤクルトスワローズ

    は第2回WBC日本代表に選出され5試合に登板した。5月25日の対ヤクルト戦でシーズン中での自己最速となる157km/hを計測し、7月21日の対楽天戦では球団新記録となる通算118セーブを達成。リーグ2位となる29セーブを記録した。馬原孝浩 フレッシュアイペディアより)

  • 馬原孝浩

    馬原孝浩から見た日本シリーズ

    は、キャンプの時期から病気の母親の看病と並行していたが、母親は開幕直前に他界した。このため開幕戦に帯同しなかった。帯同後は抑えとして登板するも、4月23日までにセーブ失敗を2度記録するなど登板した全試合で失点を喫した。結局、5試合で1勝1敗(1勝はセーブがつく場面で登板して追いつかれ、その裏にサヨナラ勝ちしたためについたもの)、防御率13.50と不振を極め、1セーブも挙げられないまま4月24日に二軍降格となった。二軍での再調整を経て5月23日に一軍登録されると、25日の対巨人戦で1点リードの最終回に登板し、3者凡退で抑えシーズン初セーブを記録した。しかし7月18日の登板後に右肩の違和感を訴えて、翌日に右肩関節の大円筋付着部の筋挫傷と判明して登録抹消。出場予定だったオールスター戦も辞退した。9月11日に1軍復帰した。クライマックスシリーズ・日本シリーズでも抑えの役割として登板するも、日本シリーズ1・2戦共に延長戦で決勝打を打たれて2試合連続で敗戦投手となった。馬原孝浩 フレッシュアイペディアより)

  • 馬原孝浩

    馬原孝浩から見た熊本市

    熊本県熊本市出身。小学校時代には、熊本市の選抜チームのエースとして同市の姉妹都市であるサンアントニオ市(アメリカ合衆国テキサス州)の選抜チームと試合をした経験がある。熊本市水前寺野球場で行われた県大会の決勝戦にて、当時男子に交じって少年野球をやっていた元プロゴルファーの古閑美保にライトオーバーの本塁打を打たれたことがあり、馬原自身も当時のことを鮮明に覚えていると『ジャンクSPORTS』などで語っている。馬原孝浩 フレッシュアイペディアより)

  • 馬原孝浩

    馬原孝浩から見た広島東洋カープ

    初安打・初打点:2005年6月8日、対広島東洋カープ5回戦(広島市民球場)、9回表にマイク・ロマノから右越適時二塁打馬原孝浩 フレッシュアイペディアより)

  • 馬原孝浩

    馬原孝浩から見た2009年

    は前半から好調で、オールスター以前の自責点は2で防御率0点台の快投を見せた。オールスターゲームでは前年に続き敗戦投手となった。後半疲れからか3敗を喫したが、2年連続の防御率1点台に球団記録となるシーズン38セーブを記録し、初の最多セーブ投手のタイトルを獲得。またその活躍により「2007 ヤナセ・福岡ソフトバンクホークス MVP賞」を受賞。メルセデスベンツA200 TURBO AVANTGARDEが贈られた。ほっともっとフィールド神戸が苦手であるとされ、2007年は5度の登板で3度セーブに失敗。またシーズン14失点のうち7点を同球場で失っている。2007年に元テレビ西日本のアナウンサーであった畑野優理子と結婚(入籍12月3日、挙式12月16日)(2009年12月28日に女児が誕生)。馬原孝浩 フレッシュアイペディアより)

  • 馬原孝浩

    馬原孝浩から見たテレビ西日本

    は前半から好調で、オールスター以前の自責点は2で防御率0点台の快投を見せた。オールスターゲームでは前年に続き敗戦投手となった。後半疲れからか3敗を喫したが、2年連続の防御率1点台に球団記録となるシーズン38セーブを記録し、初の最多セーブ投手のタイトルを獲得。またその活躍により「2007 ヤナセ・福岡ソフトバンクホークス MVP賞」を受賞。メルセデスベンツA200 TURBO AVANTGARDEが贈られた。ほっともっとフィールド神戸が苦手であるとされ、2007年は5度の登板で3度セーブに失敗。またシーズン14失点のうち7点を同球場で失っている。2007年に元テレビ西日本のアナウンサーであった畑野優理子と結婚(入籍12月3日、挙式12月16日)(2009年12月28日に女児が誕生)。馬原孝浩 フレッシュアイペディアより)

  • 馬原孝浩

    馬原孝浩から見た熊本県

    熊本県熊本市出身。小学校時代には、熊本市の選抜チームのエースとして同市の姉妹都市であるサンアントニオ市(アメリカ合衆国テキサス州)の選抜チームと試合をした経験がある。熊本市水前寺野球場で行われた県大会の決勝戦にて、当時男子に交じって少年野球をやっていた元プロゴルファーの古閑美保にライトオーバーの本塁打を打たれたことがあり、馬原自身も当時のことを鮮明に覚えていると『ジャンクSPORTS』などで語っている。馬原孝浩 フレッシュアイペディアより)

63件中 21 - 30件表示

「馬原孝浩」のニューストピックワード

  • Backstreet Boys Fan Club Japan

  • ブルー&ロンサム

  • TERA The Exiled Realm of Arborea