63件中 41 - 50件表示
  • 馬原孝浩

    馬原孝浩から見たテキサス州

    熊本県熊本市出身。小学校時代には、熊本市の選抜チームのエースとして同市の姉妹都市であるサンアントニオ市(アメリカ合衆国テキサス州)の選抜チームと試合をした経験がある。熊本市水前寺野球場で行われた県大会の決勝戦にて、当時男子に交じって少年野球をやっていた元プロゴルファーの古閑美保にライトオーバーの本塁打を打たれたことがあり、馬原自身も当時のことを鮮明に覚えていると『ジャンクSPORTS』などで語っている。馬原孝浩 フレッシュアイペディアより)

  • 馬原孝浩

    馬原孝浩から見た2007年のオールスターゲーム (日本プロ野球)

    は前半から好調で、オールスター以前の自責点は2で防御率0点台の快投を見せた。オールスターゲームでは前年に続き敗戦投手となった。後半疲れからか3敗を喫したが、2年連続の防御率1点台に球団記録となるシーズン38セーブを記録し、初の最多セーブ投手のタイトルを獲得。またその活躍により「2007 ヤナセ・福岡ソフトバンクホークス MVP賞」を受賞。メルセデスベンツA200 TURBO AVANTGARDEが贈られた。ほっともっとフィールド神戸が苦手であるとされ、2007年は5度の登板で3度セーブに失敗。またシーズン14失点のうち7点を同球場で失っている。2007年に元テレビ西日本のアナウンサーであった畑野優理子と結婚(入籍12月3日、挙式12月16日)(2009年12月28日に女児が誕生)。馬原孝浩 フレッシュアイペディアより)

  • 馬原孝浩

    馬原孝浩から見たスライダー (球種)

    最速158km/h(WBCで計測、レギュラーシーズンでの最速は157km/h)で2010年には両リーグの日本人投手トップの平均球速150.2km/hをマークした速球と、最速で142km/hをマークする落差の大きなフォーク(厳密に言えばスプリット)、カットボールを武器とする。変化球は他にもカーブや2種類のスライダーも投球割合の数パーセントを占める。先発時代にはチェンジアップも用いていた。馬原孝浩 フレッシュアイペディアより)

  • 馬原孝浩

    馬原孝浩から見た神戸総合運動公園野球場

    は前半から好調で、オールスター以前の自責点は2で防御率0点台の快投を見せた。オールスターゲームでは前年に続き敗戦投手となった。後半疲れからか3敗を喫したが、2年連続の防御率1点台に球団記録となるシーズン38セーブを記録し、初の最多セーブ投手のタイトルを獲得。またその活躍により「2007 ヤナセ・福岡ソフトバンクホークス MVP賞」を受賞。メルセデスベンツA200 TURBO AVANTGARDEが贈られた。ほっともっとフィールド神戸が苦手であるとされ、2007年は5度の登板で3度セーブに失敗。またシーズン14失点のうち7点を同球場で失っている。2007年に元テレビ西日本のアナウンサーであった畑野優理子と結婚(入籍12月3日、挙式12月16日)(2009年12月28日に女児が誕生)。馬原孝浩 フレッシュアイペディアより)

  • 馬原孝浩

    馬原孝浩から見た2006 ワールド・ベースボール・クラシック日本代表

    は石井弘寿の故障のため、2次リーグから2006 ワールド・ベースボール・クラシック日本代表に選出されたが、代表に選出された選手では久保田智之とともに出場機会がなかった。シーズンでは初めて年間通して抑えを務め、防御率1.65で29セーブの数字を残した。8月23日の対オリックス戦では自己最速の156km/hを計測。被本塁打は9月2日の対楽天戦でホセ・フェルナンデスに打たれた1本のみだった。シーズンオフには日米野球の抑え投手部門にファン投票1位で選出され、第2戦、第5戦に登板し計3イニングを無失点。第5戦では4試合で4本塁打していたライアン・ハワードに全球ストレートで勝負し、空振り三振に仕留めた。2006年12月1日福岡県警察早良警察署一日署長を務めた。馬原孝浩 フレッシュアイペディアより)

  • 馬原孝浩

    馬原孝浩から見た2009 ワールド・ベースボール・クラシック日本代表

    第2回WBC日本代表に選出され5試合に登板した。5月25日の対ヤクルト戦でシーズン中での自己最速となる157km/hを計測し、7月21日の対楽天戦では球団新記録となる通算118セーブを達成。リーグ2位となる29セーブを記録した。馬原孝浩 フレッシュアイペディアより)

  • 馬原孝浩

    馬原孝浩から見た東京ドーム

    初セーブ:2005年6月4日、対読売ジャイアンツ5回戦(東京ドーム)、8回裏1死に2番手で救援登板・完了、1回2/3を無失点馬原孝浩 フレッシュアイペディアより)

  • 馬原孝浩

    馬原孝浩から見たチェンジアップ

    最速158km/h(WBCで計測、レギュラーシーズンでの最速は157km/h)で2010年には両リーグの日本人投手トップの平均球速150.2km/hをマークした速球と、最速で142km/hをマークする落差の大きなフォーク(厳密に言えばスプリット)、カットボールを武器とする。変化球は他にもカーブや2種類のスライダーも投球割合の数パーセントを占める。先発時代にはチェンジアップも用いていた。馬原孝浩 フレッシュアイペディアより)

  • 馬原孝浩

    馬原孝浩から見た千葉マリンスタジアム

    初完投:2005年4月3日、対千葉ロッテマリーンズ3回戦(千葉マリンスタジアム)、8回5失点(自責点3)で敗戦投手馬原孝浩 フレッシュアイペディアより)

  • 馬原孝浩

    馬原孝浩から見た速球

    最速158km/h(WBCで計測、レギュラーシーズンでの最速は157km/h)で2010年には両リーグの日本人投手トップの平均球速150.2km/hをマークした速球と、最速で142km/hをマークする落差の大きなフォーク(厳密に言えばスプリット)、カットボールを武器とする。変化球は他にもカーブや2種類のスライダーも投球割合の数パーセントを占める。先発時代にはチェンジアップも用いていた。馬原孝浩 フレッシュアイペディアより)

63件中 41 - 50件表示

「馬原孝浩」のニューストピックワード

  • Backstreet Boys Fan Club Japan

  • ブルー&ロンサム

  • TERA The Exiled Realm of Arborea