84件中 41 - 50件表示
  • 馬原孝浩

    馬原孝浩から見た最多セーブ投手 (日本プロ野球)

    は前半から好調で、オールスター以前の自責点は2で防御率0点台の快投を見せた。オールスターゲームでは前年に続き敗戦投手となった。後半疲れからか3敗を喫したが、2年連続の防御率1点台に球団記録となるシーズン38セーブを記録し、初の最多セーブ投手のタイトルを獲得。またその活躍により「2007 ヤナセ・福岡ソフトバンクホークス MVP賞」を受賞。メルセデスベンツA200 TURBO AVANTGARDEが贈られた。ほっともっとフィールド神戸が苦手であるとされ、2007年は5度の登板で3度セーブに失敗。またシーズン14失点のうち7点を同球場で失っている。2007年に元テレビ西日本のアナウンサーであった畑野優理子と結婚(入籍12月3日、挙式12月16日)。両者の間には2009年12月28日に女児、2012年5月9日に男児が誕生している。馬原孝浩 フレッシュアイペディアより)

  • 馬原孝浩

    馬原孝浩から見た自由契約

    も前年に続いて開幕からセットアッパーで起用された。しかし、一軍の救援陣を担う投手(佐藤やクローザーの平野佳寿など)が相次いで戦列を離れた4月上旬からは、移籍後初めてクローザーを任された。4月20日の対西武戦(ほっともっとフィールド神戸)では自身4年振りのセーブ、翌21日の対千葉ロッテ戦(QVCマリンフィールド)ではこの年唯一の勝利を記録。その一方で、登板した9試合の通算防御率が7.56に達したり、複数の試合で救援に失敗したりするなど投球内容に精彩を欠いた。5月2日に出場選手登録を抹消された後は、ウエスタン・リーグ公式戦での登板中に左膝を痛めたことから、一軍への復帰を果たせなかった。さらに9月には、翌年の契約に関して、日本プロフェッショナル野球協約(野球協約)上の減額制限を超える大幅な減俸を球団から提示。馬原がこの提示に同意しないまま、アメリカ球界への挑戦を視野に球団側へ自由契約を申し入れたため、球団では10月1日に馬原の退団を発表した。12月2日付で、日本野球機構(NPB)から自由契約選手として公示。しかし、「自分にとってのベストパフォーマンスができなくなった」という理由で、同月14日に現役引退を表明した。馬原孝浩 フレッシュアイペディアより)

  • 馬原孝浩

    馬原孝浩から見たフォークボール

    スリークォーターから最速157km/hで2010年には両リーグの日本人投手トップの平均球速150.2km/hをマークした速球と、落差の大きなフォーク(スプリットと言われることもある)、カットボールを武器とする。変化球は他にもカーブや2種類のスライダーも投球割合の数パーセントを占める。先発時代にはチェンジアップも用いていた。馬原孝浩 フレッシュアイペディアより)

  • 馬原孝浩

    馬原孝浩から見た2014年のパシフィック・リーグクライマックスシリーズ

    はシーズンを通じてセットアッパーに起用された。自身のキャリアでは初めてのポジションながら、8回を担う佐藤達也へ繋ぐ役目を任されたため、公式戦では7回に登板することが多かった。その結果、一軍では自己最多の55試合に登板。33ホールドポイントを記録するなど、救援陣の屋台骨を支えるとともに、チームのシーズン2位とクライマックスシリーズへの進出に貢献した。馬原孝浩 フレッシュアイペディアより)

  • 馬原孝浩

    馬原孝浩から見たサンアントニオ

    小学校時代には、熊本市の選抜チームのエースとして同市の姉妹都市であるサンアントニオ市(アメリカ合衆国テキサス州)の選抜チームと試合をした経験がある。熊本市水前寺野球場で行われた県大会の決勝戦にて、当時男子に交じって少年野球をやっていた元プロゴルファーの古閑美保にライトオーバーの本塁打を打たれたことがあり、馬原自身も当時のことを鮮明に覚えていると『ジャンクSPORTS』などで語っている。馬原孝浩 フレッシュアイペディアより)

  • 馬原孝浩

    馬原孝浩から見た九州医療スポーツ専門学校

    福岡での生活を再開するとともに、「体のケアについてもう一度、一から勉強したい」との希望から、球団スタッフや野球解説者としてのオファーを辞退し、柔道整復師・鍼灸師を目指して北九州の小倉にある九州医療スポーツ専門学校へ入学した。馬原孝浩 フレッシュアイペディアより)

  • 馬原孝浩

    馬原孝浩から見たテキサス州

    小学校時代には、熊本市の選抜チームのエースとして同市の姉妹都市であるサンアントニオ市(アメリカ合衆国テキサス州)の選抜チームと試合をした経験がある。熊本市水前寺野球場で行われた県大会の決勝戦にて、当時男子に交じって少年野球をやっていた元プロゴルファーの古閑美保にライトオーバーの本塁打を打たれたことがあり、馬原自身も当時のことを鮮明に覚えていると『ジャンクSPORTS』などで語っている。馬原孝浩 フレッシュアイペディアより)

  • 馬原孝浩

    馬原孝浩から見た2006 ワールド・ベースボール・クラシック日本代表

    は石井弘寿の故障のため、2次リーグから2006 ワールド・ベースボール・クラシック日本代表に選出されたが、代表に選出された選手では久保田智之とともに出場機会がなかった。シーズンでは初めて年間通して抑えを務め、51試合で防御率1.65で29セーブの数字を残した。8月23日のオリックス戦では自己最速の156km/hを計測。被本塁打は9月2日の楽天戦でホセ・フェルナンデスに打たれた1本のみだった。シーズンオフには日米野球の抑え投手部門にファン投票1位で選出され、第2戦、第5戦に登板し計3イニングを無失点。第5戦では4試合で4本塁打していたライアン・ハワードに全球ストレートで勝負し、空振り三振に仕留めた。馬原孝浩 フレッシュアイペディアより)

  • 馬原孝浩

    馬原孝浩から見た腕神経叢

    はクローザー候補として期待されながら、3月5日にヤクルトとのオープン戦で右腕の脱力感を訴えて降板。神戸市内の病院で精密検査を受けた結果、右鎖骨下の「腕神経叢の炎症」と診断されたため、シーズンの大半を患部の治療に費やした。シーズンの終盤には一軍へ復帰。9月28日の日本ハム戦で自身711日振りの一軍戦登板を果たすと、1イニングを無失点に抑えた。だが、長期離脱が響き一軍では3試合の登板に留まった。馬原孝浩 フレッシュアイペディアより)

  • 馬原孝浩

    馬原孝浩から見たチェンジアップ

    スリークォーターから最速157km/hで2010年には両リーグの日本人投手トップの平均球速150.2km/hをマークした速球と、落差の大きなフォーク(スプリットと言われることもある)、カットボールを武器とする。変化球は他にもカーブや2種類のスライダーも投球割合の数パーセントを占める。先発時代にはチェンジアップも用いていた。馬原孝浩 フレッシュアイペディアより)

84件中 41 - 50件表示

「馬原孝浩」のニューストピックワード