63件中 51 - 60件表示
  • 馬原孝浩

    馬原孝浩から見たジャンクSPORTS

    熊本県熊本市出身。小学校時代には、熊本市の選抜チームのエースとして同市の姉妹都市であるサンアントニオ市(アメリカ合衆国テキサス州)の選抜チームと試合をした経験がある。熊本市水前寺野球場で行われた県大会の決勝戦にて、当時男子に交じって少年野球をやっていた元プロゴルファーの古閑美保にライトオーバーの本塁打を打たれたことがあり、馬原自身も当時のことを鮮明に覚えていると『ジャンクSPORTS』などで語っている。馬原孝浩 フレッシュアイペディアより)

  • 馬原孝浩

    馬原孝浩から見た合志市

    国立療養所菊池恵楓園(国立ハンセン病療養所、熊本県合志市)を入団以来毎年訪問し、交流を続けている。入団壮行会の激励金の一部を同園に寄付し、園内グラウンドでトレーニングをした。馬原孝浩 フレッシュアイペディアより)

  • 馬原孝浩

    馬原孝浩から見た炎症

    開幕直前に右肩炎症を発症し長期離脱。7月25日に一軍登録され、翌26日の対ロッテ戦でシーズン初セーブ。10月6日の対楽天戦で、日本人選手では最速となる178試合目での通算100セーブを達成した。馬原孝浩 フレッシュアイペディアより)

  • 馬原孝浩

    馬原孝浩から見たカーブ (球種)

    最速158km/h(WBCで計測、レギュラーシーズンでの最速は157km/h)で2010年には両リーグの日本人投手トップの平均球速150.2km/hをマークした速球と、最速で142km/hをマークする落差の大きなフォーク(厳密に言えばスプリット)、カットボールを武器とする。変化球は他にもカーブや2種類のスライダーも投球割合の数パーセントを占める。先発時代にはチェンジアップも用いていた。馬原孝浩 フレッシュアイペディアより)

  • 馬原孝浩

    馬原孝浩から見た国立ハンセン病療養所

    国立療養所菊池恵楓園(国立ハンセン病療養所、熊本県合志市)を入団以来毎年訪問し、交流を続けている。入団壮行会の激励金の一部を同園に寄付し、園内グラウンドでトレーニングをした。馬原孝浩 フレッシュアイペディアより)

  • 馬原孝浩

    馬原孝浩から見た世界大学野球選手権大会

    九州共立大学では1学年年上の新垣渚と共にエースとして活躍。大学通算30勝5敗の成績を残す。日米大学野球選手権大会(2002年、2003年)、世界大学野球選手権大会(第1回:2002年イタリアで開催、日本は銅メダル獲得)の代表にも選ばれ、2003年のドラフト自由獲得枠で福岡ダイエーホークスに入団。馬原孝浩 フレッシュアイペディアより)

  • 馬原孝浩

    馬原孝浩から見た投手

    馬原 孝浩(まはら たかひろ、1981年12月8日 - )は、オリックス・バファローズに所属するプロ野球選手(投手)。馬原孝浩 フレッシュアイペディアより)

  • 馬原孝浩

    馬原孝浩から見た福岡県警察

    は石井弘寿の故障のため、2次リーグから2006 ワールド・ベースボール・クラシック日本代表に選出されたが、代表に選出された選手では久保田智之とともに出場機会がなかった。シーズンでは初めて年間通して抑えを務め、防御率1.65で29セーブの数字を残した。8月23日の対オリックス戦では自己最速の156km/hを計測。被本塁打は9月2日の対楽天戦でホセ・フェルナンデスに打たれた1本のみだった。シーズンオフには日米野球の抑え投手部門にファン投票1位で選出され、第2戦、第5戦に登板し計3イニングを無失点。第5戦では4試合で4本塁打していたライアン・ハワードに全球ストレートで勝負し、空振り三振に仕留めた。2006年12月1日福岡県警察早良警察署一日署長を務めた。馬原孝浩 フレッシュアイペディアより)

  • 馬原孝浩

    馬原孝浩から見た国立療養所菊池恵楓園

    国立療養所菊池恵楓園(国立ハンセン病療養所、熊本県合志市)を入団以来毎年訪問し、交流を続けている。入団壮行会の激励金の一部を同園に寄付し、園内グラウンドでトレーニングをした。馬原孝浩 フレッシュアイペディアより)

  • 馬原孝浩

    馬原孝浩から見たプロ野球選手

    馬原 孝浩(まはら たかひろ、1981年12月8日 - )は、オリックス・バファローズに所属するプロ野球選手(投手)。馬原孝浩 フレッシュアイペディアより)

63件中 51 - 60件表示

「馬原孝浩」のニューストピックワード

  • Backstreet Boys Fan Club Japan

  • ブルー&ロンサム

  • TERA The Exiled Realm of Arborea