84件中 61 - 70件表示
  • 馬原孝浩

    馬原孝浩から見たプロ野球選手

    馬原 孝浩(まはら たかひろ、1981年12月8日 - )は、熊本県熊本市出身の元プロ野球選手(投手)。馬原孝浩 フレッシュアイペディアより)

  • 馬原孝浩

    馬原孝浩から見たオールスターゲーム (日本プロ野球)

    オールスターゲーム出場:3回 (2006年、2007年、2010年)馬原孝浩 フレッシュアイペディアより)

  • 馬原孝浩

    馬原孝浩から見た福岡ドーム

    初登板・初先発・初勝利:2004年3月30日、対西武ライオンズ2回戦(福岡ドーム)、8回2失点馬原孝浩 フレッシュアイペディアより)

  • 馬原孝浩

    馬原孝浩から見たクライマックスシリーズ

    はキャンプの時期から病気の母親の看病と並行していたが、母親は癌性髄膜炎の為開幕直前の4月10日に他界した。このため開幕戦に帯同しなかった。帯同後は抑えとして登板するも、4月23日までにセーブ失敗を2度記録するなど登板した全試合で失点を喫した。結局、5試合で1勝1敗(1勝はセーブがつく場面で登板して追いつかれ、その裏にサヨナラ勝ちしたためについたもの)、防御率13.50と不振を極め、1セーブも挙げられないまま4月24日に二軍降格となった。二軍での再調整を経て5月23日に一軍登録されると、25日の対巨人戦で1点リードの最終回に登板し、3者凡退で抑えシーズン初セーブを記録した。しかし7月18日の登板後に右肩の違和感を訴えて、翌日に右肩関節の大円筋付着部の筋挫傷と判明して登録抹消。出場予定だったオールスター戦も辞退した。9月11日に1軍復帰した。クライマックスシリーズ・日本シリーズでも抑えの役割として登板するも、日本シリーズ1・2戦共に延長戦で決勝打を打たれて2試合連続で敗戦投手となった。その後第5戦と第6戦の登板では無失点に抑えたが、第7戦はセーブ機会で9回を迎えたが、登板することはなかった。しかし、チームは8年ぶりに日本一に輝いた。馬原孝浩 フレッシュアイペディアより)

  • 馬原孝浩

    馬原孝浩から見たアメリカ合衆国

    小学校時代には、熊本市の選抜チームのエースとして同市の姉妹都市であるサンアントニオ市(アメリカ合衆国テキサス州)の選抜チームと試合をした経験がある。熊本市水前寺野球場で行われた県大会の決勝戦にて、当時男子に交じって少年野球をやっていた元プロゴルファーの古閑美保にライトオーバーの本塁打を打たれたことがあり、馬原自身も当時のことを鮮明に覚えていると『ジャンクSPORTS』などで語っている。馬原孝浩 フレッシュアイペディアより)

  • 馬原孝浩

    馬原孝浩から見たカットボール

    スリークォーターから最速157km/hで2010年には両リーグの日本人投手トップの平均球速150.2km/hをマークした速球と、落差の大きなフォーク(スプリットと言われることもある)、カットボールを武器とする。変化球は他にもカーブや2種類のスライダーも投球割合の数パーセントを占める。先発時代にはチェンジアップも用いていた。馬原孝浩 フレッシュアイペディアより)

  • 馬原孝浩

    馬原孝浩から見たアメリカ

    も前年に続いて開幕からセットアッパーで起用された。しかし、一軍の救援陣を担う投手(佐藤やクローザーの平野佳寿など)が相次いで戦列を離れた4月上旬からは、移籍後初めてクローザーを任された。4月20日の対西武戦(ほっともっとフィールド神戸)では自身4年振りのセーブ、翌21日の対千葉ロッテ戦(QVCマリンフィールド)ではこの年唯一の勝利を記録。その一方で、登板した9試合の通算防御率が7.56に達したり、複数の試合で救援に失敗したりするなど投球内容に精彩を欠いた。5月2日に出場選手登録を抹消された後は、ウエスタン・リーグ公式戦での登板中に左膝を痛めたことから、一軍への復帰を果たせなかった。さらに9月には、翌年の契約に関して、日本プロフェッショナル野球協約(野球協約)上の減額制限を超える大幅な減俸を球団から提示。馬原がこの提示に同意しないまま、アメリカ球界への挑戦を視野に球団側へ自由契約を申し入れたため、球団では10月1日に馬原の退団を発表した。12月2日付で、日本野球機構(NPB)から自由契約選手として公示。しかし、「自分にとってのベストパフォーマンスができなくなった」という理由で、同月14日に現役引退を表明した。馬原孝浩 フレッシュアイペディアより)

  • 馬原孝浩

    馬原孝浩から見た宮城球場

    100セーブ:2008年10月6日、対東北楽天ゴールデンイーグルス23回戦(クリネックススタジアム宮城)、9回裏に2番手で救援登板・完了、1回無失点 ※史上22人目馬原孝浩 フレッシュアイペディアより)

  • 馬原孝浩

    馬原孝浩から見たJA全農Go・Go賞

    JA全農Go・Go賞:3回 (救援賞:2005年6月、2006年6月、2009年6月)馬原孝浩 フレッシュアイペディアより)

  • 馬原孝浩

    馬原孝浩から見た九州共立大学

    九州共立大学では1学年年上の新垣渚と共にエースとして活躍。福岡六大学リーグ通算46試合登板、30勝4敗、防御率1.10。最優秀選手2回、最優秀投手1回、ベストナイン4回受賞する。日米大学野球選手権大会(2002年、2003年)、世界大学野球選手権大会(第1回:2002年イタリアで開催、日本は銅メダル獲得)の代表にも選ばれ、2003年のドラフト自由獲得枠で福岡ダイエーホークスに入団。プロ入り前に、大学は、中退をするつもりであるという趣旨の発言をスポーツ記者にしている。馬原孝浩 フレッシュアイペディアより)

84件中 61 - 70件表示

「馬原孝浩」のニューストピックワード