前へ 1 2 3 4 5 6 7 8
73件中 1 - 10件表示
  • イケア

    イケアから見た馬肉馬肉

    2013年2月23日、チェコ当局が行った検査により、自社ブランドのミートボールから馬肉が検出されたために、欧州16か国での販売を中止したと発表した。イケア フレッシュアイペディアより)

  • 食のタブー

    食のタブーから見た馬肉馬肉

    モーゼ法の時代から、厳格なユダヤ教徒は馬肉を食べない。馬はひづめが割れていないし反芻もしないので、この肉を食べることは禁じられている。食のタブー フレッシュアイペディアより)

  • タルタルステーキ

    タルタルステーキから見た馬肉馬肉

    生の牛肉または馬肉を、粗いみじん切りにし、オリーブオイル、食塩、コショウで味付けし、タマネギ、ニンニク、ケッパー、ピクルスのみじん切りなどの薬味と卵黄を添えた料理。全体を均一になるように混ぜて食べる。日本では、マグロなどの赤身の魚で作られることもある。タルタルステーキ フレッシュアイペディアより)

  • 山鹿薬師馬カレー

    山鹿薬師馬カレーから見た馬肉馬肉

    地元飲食店経営者が山鹿市に来るお客さんをもてなす料理として地元産の馬肉を使ったカレーを開発した。市内4店舗で提供されている。山鹿薬師馬カレー フレッシュアイペディアより)

  • アレクサンドリア攻囲戦

    アレクサンドリア攻囲戦から見た馬肉馬肉

    ナポレオンの大陸軍の軍医総監であったドミニク=ジャン・ラレー男爵は、その回顧録で、若いアラブ馬の肉を食すことが、いかにフランス軍での壊血病の流行を防止したかを記述している。彼は19世紀のフランスで馬肉食の習慣を広めた。アレクサンドリア攻囲戦 フレッシュアイペディアより)

  • さいぼし

    さいぼしから見た馬肉馬肉

    さいぼしとは、馬肉(や他の獣肉)を天日干しあるいは燻製にした食品。300年前から牛馬の解体に携わってきた者により伝えられる保存食である。さいぼし フレッシュアイペディアより)

  • 霜降り肉

    霜降り肉から見た馬肉馬肉

    主に牛肉について用いられる語であるが、豚肉や馬肉に対しても用いられることがある。霜降り肉 フレッシュアイペディアより)

  • なんこ鍋

    なんこ鍋から見た馬肉馬肉

    「なんこ」とは馬肉を指すが、現在は空知地方を中心に「馬の腸」の意味で使うこともある。なんこ鍋 フレッシュアイペディアより)

  • 猫肉屋

    猫肉屋から見た馬肉馬肉

    精肉店から仕入れて裁断した屑肉をトレイや台車に乗せて"cat's and dog's meat"(猫、犬用の肉はいらんかね)と呼び込みの声を発しながら町を巡回し、ペットとして猫や犬を飼っている家庭に餌用の肉を売る職業である。基本的に店舗は持たず、町を巡回しながらの訪問販売が主流であり(1838年 - 1900年)が1885年に刊行した"Old London street cries"(ロンドンの街の声)に19世紀後期の猫肉屋の実情に関する記述が見られる。テュアー曰く、猫肉屋は他の街を巡回する職業と異なり音楽を演奏せず甲高い声での呼び込みに徹していたという。また、当時のロンドンには35万匹の猫がおり、毎年10万ポンド(約45.36トン)の馬肉を消費するというデータを紹介しているが、このデータには若干の誇張が含まれている可能性があるとも述べている。同書によれば、子猫用の肉は(焼き鳥と同様の)串刺し状にして塩などの味付けはせずにそのまま食べさせていたとされる。猫肉屋 フレッシュアイペディアより)

  • 大和煮

    大和煮から見た馬肉馬肉

    鶏・牛のほか、商業捕鯨が盛んであった時代には鯨肉も多く使われていた。また他に羊肉・馬肉・鹿肉なども使われており、珍しいものとしては熊・トドなどの獣肉も使われることがある。ただし、濃い味付けで肉のクセを隠すことができるとはいえ程度問題であり、特にクセの強い肉、例えばトド肉大和煮などは好みがわかれる。大和煮 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8
73件中 1 - 10件表示