94件中 11 - 20件表示
  • キルギス料理

    キルギス料理から見た馬肉馬肉

    伝統的なキルギス料理では羊肉や馬肉を用いることが多く、様々な乳製品を多用する。料理技術や主な材料はキルギスで伝統的に行われてきた遊牧民的な生活様式に大きな影響を受けている。したがって、料理技術の大部分は食品の長期保存という観点に則ったものである。羊肉はキルギス人が最も好む肉であるが、キルギス人の多くは羊肉を日常生活で十分に用いることができているとは言えない。キルギス料理 フレッシュアイペディアより)

  • 食肉小売品質基準

    食肉小売品質基準から見た馬肉馬肉

    昭和39年(1964年)の東京オリンピック開催に前後して、消費者保護の観点から消費物質に対し適正な品質の表示と販売に対する要望が、製造産業、商業界などに対して広がった。「牛肉大和煮」「牛肉コンビーフ」などの缶詰に牛肉ではなく廉価な馬肉が使用されたり、原材料が不明なまま「合挽き肉」と表示されて販売されていることがあるといった事が問題視されていたこともあり、食肉業界も適正な品質の表示と販売の対象となった。食肉小売品質基準 フレッシュアイペディアより)

  • 能力試験

    能力試験から見た馬肉馬肉

    北海道で行われているばんえい競馬では、能力試験を合格できなかったり、あるいは満足な競走成績が残せなかったりした馬のうち、牡馬のほとんどは、主に肥育業者が集まる競りに出場され、食肉用途に肥育される。1年間に生産される馬のうち、ばんえい競馬の競走馬を目指す馬は1割半ば-2割程度で、残りは当歳秋市場または1歳馬市場で肥育業者向けに出荷されるか、繁殖牝馬となる。能力試験 フレッシュアイペディアより)

  • 猫肉屋

    猫肉屋から見た馬肉馬肉

    精肉店から仕入れて裁断した屑肉をトレイや台車に乗せて"cat's and dog's meat"(猫、犬用の肉はいらんかね)と呼び込みの声を発しながら町を巡回し、ペットとして猫や犬を飼っている家庭に餌用の肉を売る職業である。基本的に店舗は持たず、町を巡回しながらの訪問販売が主流であり(1838年 - 1900年)が1885年に刊行した"Old London street cries"(ロンドンの街の声)に19世紀後期の猫肉屋の実情に関する記述が見られる。テュアー曰く、猫肉屋は他の街を巡回する職業と異なり音楽を演奏せず甲高い声での呼び込みに徹していたという。また、当時のロンドンには35万匹の猫がおり、毎年10万ポンド(約45.36トン)の馬肉を消費するというデータを紹介しているが、このデータには若干の誇張が含まれている可能性があるとも述べている。同書によれば、子猫用の肉は(焼き鳥と同様の)串刺し状にして塩などの味付けはせずにそのまま食べさせていたとされる。猫肉屋 フレッシュアイペディアより)

  • 山鹿薬師馬カレー

    山鹿薬師馬カレーから見た馬肉馬肉

    地元飲食店経営者が山鹿市に来るお客さんをもてなす料理として地元産の馬肉を使ったカレーを開発した。市内4店舗で提供されている。山鹿薬師馬カレー フレッシュアイペディアより)

  • アレクサンドリア攻囲戦

    アレクサンドリア攻囲戦から見た馬肉馬肉

    ナポレオンの大陸軍の軍医総監であったドミニク=ジャン・ラレー男爵は、その回顧録で、若いアラブ馬の肉を食すことが、いかにフランス軍での壊血病の流行を防止したかを記述している。彼は19世紀のフランスで馬肉食の習慣を広めた。アレクサンドリア攻囲戦 フレッシュアイペディアより)

  • 鳥売

    鳥売から見た馬肉馬肉

    等であった。狩猟に使用する「トリモチ」を除きいずれも食用である。いずれも狩猟により収獲したものであって家畜ではなく、牛・あるいは豚等は扱われていない。1544年(天文13年)、祇園社(現在の八坂神社)に所属する「犀鉾神人」(さいのほこじにん)を名乗る神人が鳥の販売を行い、独占権をもつ鳥三座が当時の御厨子所別当・山科言継に対して抗議した記録がある。鳥売 フレッシュアイペディアより)

  • マンティ

    マンティから見た馬肉馬肉

    カザフスタン料理では、マンティの詰め物は通常黒胡椒で味をつけて細切れにした羊肉 (牛肉や馬肉を使用することもある) を使用し、カボチャやウリなどを用いる。マンティは様々なレベルの蒸し器を用いて調理され、バターやサワークリーム、タマネギ (ニンニク) ソースをかけて供される。カザフスタンでは屋台の料理としても売られており、屋台では粉状の唐辛子をふりかけてあるものが一般的である。マンティ フレッシュアイペディアより)

  • カザフスタンの文化

    カザフスタンの文化から見た馬肉馬肉

    伝統的なカザフスタン料理は羊肉や馬肉を用いた料理が多く、他にも様々な乳製品が用いられる。数百年間を通して、カザフ人はヒツジやフタコブラクダ、馬の放牧で生計を立てており、交通手段や衣服、食材などの輸送も主にこれらの動物に依存していた。したがってカザフ人の料理技術や食材もまた彼らの遊牧民生活に大きな影響を受けたものとなっている。例えば、ほぼすべてのカザフ人の料理技術は食料の長期保存を意図した技術となっている。干し肉や塩漬けなどの方法に関しては様々な方法があり、遊牧民生活に適した発酵乳の製造方法などもある。カザフスタンの文化 フレッシュアイペディアより)

  • 甲斐田聡美

    甲斐田聡美から見た馬肉馬肉

    2014年3月29日に渋谷CLUB CRAWLで行われたblue chee's(藤岡麻美と新井利佳が参加しているユニット)のライブイベント『とろけるチーズフォンデュ!』にゲスト出演。公演後は『DAIBAッテキ!!』で共演したドロンズ石本の店で馬肉を食したという。甲斐田聡美 フレッシュアイペディアより)

94件中 11 - 20件表示

「馬肉」のニューストピックワード