73件中 21 - 30件表示
  • アイスランド料理

    アイスランド料理から見た馬肉馬肉

    アイスランド人の人口より多いといわれる羊は、ほとんど肉用の品種である。豊かな自然の中で育った羊肉は、フランスなどへも輸出されている。羊は全身余すところなく利用し、羊の頭部を2つに割って焼いたスヴィズ(Svið)や、丸ごと煮込んだスマゥラホゥバ(Smalahove)、臓物料理などでも知られる。羊の頭料理は目玉の部分が最も栄養価が高いとされている。馬肉は19世紀から20世紀初めにかけてよく食べられたが、近年人気に陰りが見えている。アイスランド料理 フレッシュアイペディアより)

  • 学園☆新選組! 〜乙女ゴコロと局中法度〜

    学園☆新選組! 〜乙女ゴコロと局中法度〜から見た馬肉馬肉

    槍を振り回す癖があり、よく学校の備品を壊している(本人は壊した事を自覚しない)。先祖がウマを神聖な生き物として崇める馬賊だったため、馬刺しなどの馬肉料理を食べられない。本人のシナリオでは女性らしく振舞おうと特訓する。学園☆新選組! 〜乙女ゴコロと局中法度〜 フレッシュアイペディアより)

  • ドロンズ 石本

    ドロンズ石本から見た馬肉馬肉

    2007年12月にちりとり鍋を経営する大島の後を追い、石本も馬肉専門の店「馬肉屋たけし」をオープン。芸人仲間も集まる人気店となっている。店にはバイトとして若手芸人を雇っている。なお、大島と石本の店は両方とも恵比寿駅出口付近(大島は西口、石本は東口)にある。ドロンズ石本 フレッシュアイペディアより)

  • 鯨肉

    鯨肉から見た馬肉馬肉

    これに対して、ヒゲクジラに属する鯨類の肉は、ハクジラ類よりは味のクセが少なく牛肉などに近い食味であるとされる。赤身については特に馬肉に近いとの評があり、実際に馬肉を鯨肉と詐称して販売していた例が報告されている。ただしヒゲクジラ類の中でも、鯨種によってかなりの差がある。例えば、現在最も多く流通するミンククジラは、肉の繊維が細やかであると評される一方、小型のため脂肪の乗りが少なく尾身などの珍重部位はあまり採れない。イワシクジラやニタリクジラは江戸時代から食用にも供されてきた種類で、鯨肉の生産効率が高い。大型のナガスクジラの尾の身やサエズリは、脂の乗りが良く高級品として扱われる。鯨肉 フレッシュアイペディアより)

  • モンゴル料理

    モンゴル料理から見た馬肉馬肉

    牛肉()ではボルツ()という干肉に調理する。馬肉()はモンゴル人よりも、モンゴル西部に住むカザフ人がよく食べる。ラクダの肉()はゴビなどの地域で主に食べられるが、豚肉 や鶏肉は、草原で放牧する家畜でなかったため、モンゴル料理にはあまり用いられない。モンゴル料理 フレッシュアイペディアより)

  • ギャグマンガ日和の登場キャラクター

    ギャグマンガ日和の登場キャラクターから見た馬肉馬肉

    好きな物は馬肉、嫌いな物は犯罪者、好きでも嫌いでもない物は消しゴム。ギャグマンガ日和の登場キャラクター フレッシュアイペディアより)

  • 重宗雄三

    重宗雄三から見た馬肉馬肉

    河野謙三ら反重宗グループ「桜会」は当初、参院自民党でも十数名程度の勢力にすぎず、重宗支持派が圧倒していた。このことから馬肉(サクラ肉)とかけ、「サクラはたいしたこたぁねえ」と発言している。この侮りが河野の議長当選につながり、さらに河野と親しい田中角栄の角福戦争勝利を招来した。重宗雄三 フレッシュアイペディアより)

  • 能力試験

    能力試験から見た馬肉馬肉

    北海道で行われているばんえい競馬では、能力試験を合格できなかったり、あるいは満足な競走成績が残せなかったりした馬のうち、牡馬のほとんどは、主に肥育業者が集まる競りに出場され、食肉用途に肥育される。1年間に生産される馬のうち、ばんえい競馬の競走馬を目指す馬は1割半ば-2割程度で、残りは当歳秋市場または1歳馬市場で肥育業者向けに出荷されるか、繁殖牝馬となる。能力試験 フレッシュアイペディアより)

  • オランダ料理

    オランダ料理から見た馬肉馬肉

    オランダでは、牛乳と肉のためにウシを、卵と肉のためにニワトリを、肉のためにブタを、ウールと肉のためにヒツジを飼う。チーズ生産用にヤギが飼われるようになった。伝統的に馬肉は一般的な料理(ステーキやソーセージ)であったが、現在はあまり人気がない。オランダ料理 フレッシュアイペディアより)

  • 競走馬

    競走馬から見た馬肉馬肉

    後2者はいわば再利用という形で第二の人生(馬生)を歩むことになるが、時効を迎え、もしくは充分な競走能力がないことが判明し、かつ引き取り手のいない馬の場合には、日本やフランス等馬食文化が存在し、馬を飼っておく場所が限られる国・地域においては、かなりの割合が食肉(動物飼料・加工用、一部人間用)として処分されることになる。乗馬などの場合においても、皐月賞馬ハードバージのように使役馬として酷使された結果斃死した例もある。また、競走馬を乗馬に調教するためには少なからぬ手間と費用を必要とし、調教が成功したとしても初心者に乗りこなすのは難しい。日本においては、名目上乗馬に用途変更された馬であっても実際には消息不明になることが多く、その大部分はやはり屠殺されていると言われる。競走馬 フレッシュアイペディアより)

73件中 21 - 30件表示