94件中 31 - 40件表示
  • 甲斐の黒駒

    甲斐の黒駒から見た馬肉馬肉

    日本では長野県や東北地方、南九州など伝統的な馬産地域において馬刺しなど馬肉(桜肉)を食する文化があり、山梨県にも馬肉文化が残されている。山梨県において考古学的には馬に限らず肉食に関する確実な証拠は乏しく、未解明の部分が多い。百々遺跡から出土した平安期の馬は皮革利用が行われていたされ、解体された馬肉は食用とされていたとも考えられている。甲斐の黒駒 フレッシュアイペディアより)

  • ハマノパレード

    ハマノパレードから見た馬肉馬肉

    現在であれば予後不良の診断が下された馬は薬物投与による安楽死の処置を執られることが原則となっているが、ハマノパレードにそうした対応は行われず、苦痛の軽減処置を施されないまま、翌朝になって愛知県近郊の屠殺場へ送られた。その馬肉は同日中に「さくら肉『本日絞め』400キログラム」という品目で市場へ売りに出され、やがてこの事実がスポーツニッポンで記事として取り上げられ、大きな反響を呼んだ。ハマノパレード フレッシュアイペディアより)

  • 高校生のコメロンパン

    高校生のコメロンパンから見た馬肉馬肉

    米粉のカレーパン。カロリーが牛肉の約3分の1の熊本特産馬肉入り米粉パン。エブリワンと共同開発。高校生のコメロンパン フレッシュアイペディアより)

  • 恵水県

    恵水県から見た馬肉馬肉

    馬肉火鍋 - 中国では珍しく馬肉の料理が名物となっている。恵水県 フレッシュアイペディアより)

  • 重宗雄三

    重宗雄三から見た馬肉馬肉

    河野謙三ら反重宗グループ「桜会」は当初、参院自民党でも十数名程度の勢力にすぎず、重宗支持派が圧倒していた。このことから馬肉(サクラ肉)とかけ、「サクラはたいしたこたぁねえ」と発言している。この侮りが河野の議長当選につながり、さらに河野と親しい田中角栄の角福戦争勝利を招来した。重宗雄三 フレッシュアイペディアより)

  • ザウアーブラーテン

    ザウアーブラーテンから見た馬肉馬肉

    ザウアーブラーテン(、sauer: 酸味の=漬けた Braten: ロースト肉)は、ドイツの肉の蒸し煮であり、通常牛肉(または鹿肉、ラム、マトン、豚肉、馬肉の場合もある)を用い、酢、水、香辛料および調味料を混ぜた漬け汁でマリネしてから調理する。ザウアーブラーテンは伝統的に赤キャベツ、ジャガイモのダンプリング(カルトッフェルクレーセ、Kartoffelklöße)、シュペッツレ、茹でたジャガイモ、または麺を添えて供される。アメリカのドイツ料理レストランではザウアーブラーテンにジャガイモのパンケーキを添えるが、ドイツで行う地域はごく一部である。ザウアーブラーテン フレッシュアイペディアより)

  • カザフスタン料理

    カザフスタン料理から見た馬肉馬肉

    カザフスタン料理 (カザフスタンりょうり) はカザフスタンで食されている料理である。カザフスタンの伝統料理では羊肉や馬肉、その他乳製品を用いることが多い。何百年という期間を通して、カザフスタンではヒツジ、ラクダ、ウマなどを飼う遊牧民としての生活を送ってきており、これらの動物を交通手段や衣服、食事など幅広い用途に使用してきた。カザフスタン料理の料理技術や主な食材はこの遊牧民的な生活様式に大きな影響を受けている。例えば、料理技術の大部分は食材や料理の長期保存技術のためのものである。長期保存のための肉の塩漬けや乾燥に関する技術に関しては非常に多くの種類が存在し、遊牧民生活において保存を容易にするため (発酵乳)が好まれる傾向にある。カザフスタン料理 フレッシュアイペディアより)

  • 桜鍋

    桜鍋から見た馬肉馬肉

    桜鍋(サクラ鍋、さくらなべ)は、馬肉(桜肉)をすき焼きのようにして食べる鍋料理のこと。味噌仕立てで馬肉を煮る桜鍋は、明治初期から続く東京の伝統料理である、精力をつける料理なので吉原など色街の近くに多かった。馬肉の生産地である青森県や長野県、熊本県にも同じ料理がある。また、馬肉をしゃぶしゃぶの要領で食すこともある。桜鍋 フレッシュアイペディアより)

  • アイスランドのキリスト教化

    アイスランドのキリスト教化から見た馬肉馬肉

    次の日にトルゲイルは、幼児の遺棄と馬肉を食べることに関する古いしきたりを残し、また人目につかない異教の崇拝を容認するという条件をつけた上で、アイスランド人はキリスト教徒になるべきであると告げた。人々はトルゲイルの決定に従って洗礼を施された。自身は異教の聖職者であったトルゲイルは、彼の持つ異教の神像をとって、それらを大きな滝に投げ入れた。その故事によって、滝は現在、「神の滝」(ゴーザフォス。)として知られている。アイスランドのキリスト教化 フレッシュアイペディアより)

  • コンビーフ

    コンビーフから見た馬肉馬肉

    日東食品製造が馬肉を中心とした雑肉を主原料とする缶詰を開発し、発売元の野崎産業が自社名を冠して「ノザキのニューコンビーフ」という商品名で1961(昭和36)年に発売した。コンビーフ フレッシュアイペディアより)

94件中 31 - 40件表示

「馬肉」のニューストピックワード