73件中 31 - 40件表示
  • 若大将シリーズ

    若大将シリーズから見た馬肉馬肉

    牛肉と馬肉のすり替え事件とカンニングによる停学処分が原因で勘当。若大将シリーズ フレッシュアイペディアより)

  • 不当景品類及び不当表示防止法

    不当景品類及び不当表示防止法から見た馬肉馬肉

    景品表示法は「1匹の蝿がきっかけになった法律」と言われる。1960年のニセ牛缶事件が契機となった。牛の絵が貼ってあった「三幌ロースト大和煮」の缶詰に蝿が入っていたとの報告が保健所に寄せられた。東京都と神奈川県が調査を進めるうちに、当時、「牛肉大和煮」と表示していた20数社の商品のうち、牛肉100%のものは2社しかなく、大部分は馬肉や鯨肉だったことが判明した(当時は馬肉や鯨肉は、安価であり牛肉よりも低級品と見なされていた)。不当景品類及び不当表示防止法 フレッシュアイペディアより)

  • バーガーキング

    バーガーキングから見た馬肉馬肉

    2013年1月、イギリスとアイルランドで、当地でタブー食とされている馬肉が他の肉に混入され、広く流通していることが判明。精肉工場などの洗い出しが行われた結果、バーガーキングでも馬肉が混入した肉が使用されていたことが判明した。バーガーキング フレッシュアイペディアより)

  • プレスハム

    プレスハムから見た馬肉馬肉

    農林水産省の定義に基けば、つなぎを使用する場合は20%以下、肉塊には豚肉・牛肉・馬肉・めん羊肉または山羊肉の10グラム以上の塊を使うものとなっている。つなぎには畜肉のほかニワトリなどの家禽やウサギ肉を挽肉にしたものにデンプン・小麦粉・コーンミール・植物性や卵・牛乳・血液より得られた蛋白質などを加えたものなどが利用されている。日本農林規格(JAS)では、原料中の豚肉の含有率などによってプレスハムの等級をつけている。プレスハム フレッシュアイペディアより)

  • アイスランドのキリスト教化

    アイスランドのキリスト教化から見た馬肉馬肉

    次の日にトルゲイルは、幼児の遺棄と馬肉を食べることに関する古いしきたりを残し、また人目につかない異教の崇拝を容認するという条件をつけた上で、アイスランド人はキリスト教徒になるべきであると告げた。人々はトルゲイルの決定に従って洗礼を施された。自身は異教の聖職者であったトルゲイルは、彼の持つ異教の神像をとって、それらを大きな滝に投げ入れた。その故事によって、滝は現在、「神の滝」(ゴーザフォス。)として知られている。アイスランドのキリスト教化 フレッシュアイペディアより)

  • 油かす (食品)

    油かす (食品)から見た馬肉馬肉

    牛やの腸を熱してヘットや馬油を取り出した残りで、そのまま食べたり、野菜と煮たり、お好み焼きやうどんの具などしても広く用いられる。栄養的には脂質は適度に抜けコラーゲンが豊富。乾燥状態ではかなり固いが、煮込むと非常にやわらかくなる。油かす (食品) フレッシュアイペディアより)

  • キルギス料理

    キルギス料理から見た馬肉馬肉

    伝統的なキルギス料理では羊肉や馬肉を用いることが多く、様々な乳製品を多用する。料理技術や主な材料はキルギスで伝統的に行われてきた遊牧民的な生活様式に大きな影響を受けている。したがって、料理技術の大部分は食品の長期保存という観点に則ったものである。羊肉はキルギス人が最も好む肉であるが、キルギス人の多くは羊肉を日常生活で十分に用いることができているとは言えない。キルギス料理 フレッシュアイペディアより)

  • 安曇野市

    安曇野市から見た馬肉馬肉

    「綿津見命(わたつみのみこと)」を信奉する安曇族(あづみぞく)は、かつて筑紫を中心に北部九州で海運を司っていたが、のちに東遷して当地に定住。律令制のもとで信濃国安曇郡が成立した。「アヅミ」は海人津見(アマツミ)の転じたものであるとされている''。筑紫と近似した風習は食文化(馬食等)や地名、方言(安曇弁)などに残る。安曇野市 フレッシュアイペディアより)

  • 桜鍋

    桜鍋から見た馬肉馬肉

    桜鍋(サクラ鍋、さくらなべ)は、馬肉(桜肉)をすき焼きのようにして食べる鍋料理のこと。味噌仕立てのすき焼き風に馬肉を煮る桜鍋は,明治初期から続く東京の伝統料理である、精力をつける料理なので吉原など色街の近くに多かった。馬肉の生産地である長野県や熊本県にも同じ料理がある。また、馬肉をしゃぶしゃぶの要領で食すこともある。桜鍋 フレッシュアイペディアより)

  • カザフスタンの文化

    カザフスタンの文化から見た馬肉馬肉

    伝統的なカザフスタン料理は羊肉や馬肉を用いた料理が多く、他にも様々な乳製品が用いられる。数百年間を通して、カザフ人はヒツジやフタコブラクダ、馬の放牧で生計を立てており、交通手段や衣服、食材などの輸送も主にこれらの動物に依存していた。したがってカザフ人の料理技術や食材もまた彼らの遊牧民生活に大きな影響を受けたものとなっている。例えば、ほぼすべてのカザフ人の料理技術は食料の長期保存を意図した技術となっている。干し肉や塩漬けなどの方法に関しては様々な方法があり、遊牧民生活に適した発酵乳の製造方法などもある。カザフスタンの文化 フレッシュアイペディアより)

73件中 31 - 40件表示

「馬肉」のニューストピックワード