73件中 51 - 60件表示
  • 刺身

    刺身から見た馬肉馬肉

    新鮮な牛肉や馬肉は刺身で生食されるほか、鶏肉では笹身がよく用いられる。そのほか、鯨肉なども刺身として知られる。また、豚肉は寄生虫感染のリスクが高かったために、生食を行わないのが一般的であるが、茹で上げた身を「冷豚」「ゆで豚の刺身」などと称してわさび醤油、ポン酢などで食する料理がある。沖縄料理では山羊肉を刺身にして食べるほか、茹でた豚の耳や顔の皮を酢味噌などであえたものを「ミミガー(耳皮)の刺身」と呼んでいる。刺身 フレッシュアイペディアより)

  • ハンバーグ

    ハンバーグから見た馬肉馬肉

    ハンバーグの起源は、ドイツのハンブルクで労働者向けの食事として流行したタルタルステーキとされている。タルタルステーキは、13世紀頃にヨーロッパに攻め込んだモンゴル帝国のタタール人の生肉料理を原型としている。タタール人は硬い馬肉を細かく刻むことで、食べやすいものに加工していたのである。ハンバーグ フレッシュアイペディアより)

  • 湿布

    湿布から見た馬肉馬肉

    古くには、馬肉のスライスが打ち身などに効く湿布として用いられたり、練った生薬を布に塗布して肌に貼ったりしている。現代でもそれは行われているが、市販品としては腰痛や肩こり・筋肉痛の緩和のための湿布薬が普及している。湿布 フレッシュアイペディアより)

  • 屠殺

    屠殺から見た馬肉馬肉

    屠殺後の用途として、馬肉に回される場合もある。日本では馬肉は「桜肉」と呼ばれ、古くから栄養豊富な食肉として、また「ニューコンミート」(→コンビーフ)のような代用食として親しまれている。ただし、江戸時代には生きた牛馬の屠殺は幕府の禁制の対象であり、自然死や事故死のものが「薬」にされた。食肉も禁制であったため、「薬」と称された。他の用途としては家畜用飼料やウマの項を参照のこと。屠殺 フレッシュアイペディアより)

  • ギャグマンガ日和の登場キャラクター (創作系)

    ギャグマンガ日和の登場キャラクター (創作系)から見た馬肉馬肉

    推理中にインスピレーションが働くと、目つきが大きく変わる事から様々な異名で知られている。この世のすべての犯罪者をたとえ友人だろう親だろうが(ほとんどがクマ吉)警察に通報するくらいの心構え。何か事件が起こるとすぐにクマ吉を疑う。好きな物は馬肉、嫌いな物は犯罪者、好きでも嫌いでもない物は消しゴム。将来の夢は畳の上で死ぬ事。ギャグマンガ日和の登場キャラクター (創作系) フレッシュアイペディアより)

  • コンビーフ

    コンビーフから見た馬肉馬肉

    食糧不足だった1950年(昭和25年)に日東ベストが馬肉を中心とした雑肉を主原料とする缶詰を開発し、発売元の野崎産業の社名を冠して「ノザキのニューコンビーフ」という名前で発売した。1缶が100円台で入手可能なことから、B級グルメの材料などに用いられることも多い。ニューコンビーフを使った料理のレシピを紹介するウェブサイトも多数存在する。コンビーフ フレッシュアイペディアより)

  • カザフスタン料理

    カザフスタン料理から見た馬肉馬肉

    カザフスタン料理 (カザフスタンりょうり) はカザフスタンで食されている料理である。カザフスタンの伝統料理では羊肉や馬肉、その他乳製品を用いることが多い。何百年という期間を通して、カザフスタンではヒツジ、ラクダ、ウマなどによる遊牧民としての生活を送ってきており、これらの動物を交通手段や衣服、食事など幅広い用途に使用してきた。カザフスタン料理の料理技術や主な食材はこの遊牧民的な生活様式に大きな影響を受けている。例えば、料理技術の大部分は食材や料理の長期保存技術のためのものである。長期保存のための肉の塩漬けや乾燥に関する技術に関しては非常に多くの種類が存在し、遊牧民生活において保存を容易にするため (発酵乳)が好まれる傾向にある。カザフスタン料理 フレッシュアイペディアより)

  • 立ち食いそば・うどん店

    立ち食いそば・うどん店から見た馬肉馬肉

    「肉うどん」は、豚肉・牛肉・馬肉を使用するなど、地域や店舗によって異なる(詳細は「そば・うどん」を参照)。立ち食いそば・うどん店 フレッシュアイペディアより)

  • 津軽弁

    津軽弁から見た馬肉馬肉

    津軽弁には、他の方言にも見られるように、共通語に表現しなおすことが困難な独特の表現が見られる。主に形容詞に見られ、代表的なものに「あずましい(主に居心地がよく安心でき、落ち着く様子)」「しない(発音は「しねぇ」に近い。馬肉やすじ肉等において、噛んでもなかなか噛み切れない様子)」「むっつい(ゆで卵の黄身や甘食等において、口の中の水分が足りずもっさりとして飲み込みづらい様子)」などがある。津軽弁 フレッシュアイペディアより)

  • 五戸町

    五戸町から見た馬肉馬肉

    馬肉 - 馬肉の里として知られ、町内には馬肉料理店が点在する。 五戸町 フレッシュアイペディアより)

73件中 51 - 60件表示