159件中 91 - 100件表示
  • 馬肉

    馬肉から見たスロベニア

    日本以外で馬肉食が一般的な社会はフランス語圏である。フランスでは、「仔牛のステーキ」が馬肉であることもある。他に、オーストリア、イタリア、スイス、ベルギー、ルーマニア、アイスランド、カザフスタン、マルタ、モンゴル、オランダ、ノルウェー、スロベニア、スウェーデン、カナダのケベック州などがある。これらの国や地域では、食用の馬肉が生産され、ソーセージなどに加工するなどして消費されている。世界の馬肉産業に強いのはベルギー系である。馬肉 フレッシュアイペディアより)

  • 馬肉

    馬肉から見たイタリア

    日本以外で馬肉食が一般的な社会はフランス語圏である。フランスでは、「仔牛のステーキ」が馬肉であることもある。他に、オーストリア、イタリア、スイス、ベルギー、ルーマニア、アイスランド、カザフスタン、マルタ、モンゴル、オランダ、ノルウェー、スロベニア、スウェーデン、カナダのケベック州などがある。これらの国や地域では、食用の馬肉が生産され、ソーセージなどに加工するなどして消費されている。世界の馬肉産業に強いのはベルギー系である。馬肉 フレッシュアイペディアより)

  • 馬肉

    馬肉から見た馬肉混入問題

    イギリス同様に、馬肉食はタブーとなっている。2013年に大手スーパーマーケット・テスコが扱っていたビーフハンバーガーから馬肉が検出され問題となった(馬肉混入問題)。馬肉 フレッシュアイペディアより)

  • 馬肉

    馬肉から見た広西チワン族自治区

    中華人民共和国では馬肉食を特に指弾する勢力はないものの、一部の地方を除いて伝統的に馬肉はあまり食べられない。本草綱目によると、馬肉は体を冷やす食品とされる。中国では、馬肉はソーセージの原料として利用される。また、広西チワン族自治区では、馬肉は一般的な食材である。馬肉 フレッシュアイペディアより)

  • 馬肉

    馬肉から見た馬車

    ウマは歴史的に農耕や馬車の牽引、乗用に重用され、家畜の中でも生活の友、あるいは戦場において戦士の命を預ける戦友としてきたために、肉食に供することに激しく嫌悪感や抵抗感を持つ文化を持つ地域・個人と、そうではない者の対照が激しい。これは狩猟の友などとしてやはり飼育者・使用者との友情を育むことが多いイヌを食用とする犬食文化に対して投げかけられる様々な感情や文化摩擦の問題と似た部分が多い。馬肉 フレッシュアイペディアより)

  • 馬肉

    馬肉から見たノルウェー

    日本以外で馬肉食が一般的な社会はフランス語圏である。フランスでは、「仔牛のステーキ」が馬肉であることもある。他に、オーストリア、イタリア、スイス、ベルギー、ルーマニア、アイスランド、カザフスタン、マルタ、モンゴル、オランダ、ノルウェー、スロベニア、スウェーデン、カナダのケベック州などがある。これらの国や地域では、食用の馬肉が生産され、ソーセージなどに加工するなどして消費されている。世界の馬肉産業に強いのはベルギー系である。馬肉 フレッシュアイペディアより)

  • 馬肉

    馬肉から見た英語

    なお、英語で「馬を食べる」(eat a horse)といった場合、(丸々一頭食べられるほど)空腹であるという意味で、あくまで比喩表現である。「a」が付いているので「馬肉」という肉の種類を表すのではなく個体として「馬」を表すので「eat a chicken」と言っても同じである(鶏を丸々一羽食べられるほど空腹)。馬肉 フレッシュアイペディアより)

  • 馬肉

    馬肉から見たアメリカ合衆国下院

    アメリカ合衆国では馬肉食は忌避されている。第二次世界大戦中に、牛肉価格の高騰のためニュージャージー州で食用馬肉の販売を一時的に合法化したが、戦後禁止された。またハーバード大学のFaculty Clubでは、1983年まで100年以上、メニューに馬肉があった。しかし、「馬は開拓時代からの数少ない文化」とする動物保護団体等の活動が盛んで、2006年9月7日、下院は、食用を目的とした馬の屠畜を禁止する法案を可決した。さらに2007年1月、テキサス州では屠畜生産停止の裁判所仮命令が発令され実質的生産停止された。背景には、アメリカ人自身が馬肉を食さず、産業への影響が少ないといった国内事情がある。馬肉 フレッシュアイペディアより)

  • 馬肉

    馬肉から見た戦場

    ウマは歴史的に農耕や馬車の牽引、乗用に重用され、家畜の中でも生活の友、あるいは戦場において戦士の命を預ける戦友としてきたために、肉食に供することに激しく嫌悪感や抵抗感を持つ文化を持つ地域・個人と、そうではない者の対照が激しい。これは狩猟の友などとしてやはり飼育者・使用者との友情を育むことが多いイヌを食用とする犬食文化に対して投げかけられる様々な感情や文化摩擦の問題と似た部分が多い。馬肉 フレッシュアイペディアより)

  • 馬肉

    馬肉から見た犬食文化

    ウマは歴史的に農耕や馬車の牽引、乗用に重用され、家畜の中でも生活の友、あるいは戦場において戦士の命を預ける戦友としてきたために、肉食に供することに激しく嫌悪感や抵抗感を持つ文化を持つ地域・個人と、そうではない者の対照が激しい。これは狩猟の友などとしてやはり飼育者・使用者との友情を育むことが多いイヌを食用とする犬食文化に対して投げかけられる様々な感情や文化摩擦の問題と似た部分が多い。馬肉 フレッシュアイペディアより)

159件中 91 - 100件表示