159件中 31 - 40件表示
  • 馬肉

    馬肉から見た栄養

    馬肉には、栄養価が高く食べても太りにくいことと低アレルギー食品であることから、食肉のチャンピオンとでも言える部分がある。馬肉 フレッシュアイペディアより)

  • 馬肉

    馬肉から見たブタ

    ウマは消化能力が低く食性も狭いため、食肉専用として飼養した場合はウシやブタと比べて高コストとなってしまう。しかし廃用となった乗用馬に由来する供給が多く、一般に消費者による選好性も牛肉や豚肉に比して低いことから、馬肉は安価な原料用食肉として、ソーセージやランチョンミートのつなぎなどの加工食品原料や、ペットフード原料に利用される。ただし馬刺しなどで利用可能な部位は比較的高値で取引される。馬肉 フレッシュアイペディアより)

  • 馬肉

    馬肉から見た九州

    獣肉食が宗教上の禁忌とされ、食用の家畜を飼う文化が九州の一部などを除いて一般的ではなかった江戸時代の日本本土では、廃用となった役用家畜の肉を食すことは半ば非公然的ではあるが貴重な獣肉食の機会であった。馬肉 フレッシュアイペディアより)

  • 馬肉

    馬肉から見たばんえい競馬

    また、北海道で行われているばんえい競馬では、競走に出るための能力試験(または能力検定ともいう。入厩馬に課せられる模擬競走、地方競馬のみの制度)を突破できなかったり、あるいは満足な競走成績が残せなかったりした競走馬が食肉向けに転用されており、公式サイトでも包み隠すことなくそのことが解説されている。通常、平地競馬の能力試験は、一定の制限時間をクリアすれば良いため、力一杯走る必要がなく、「馬なり」で能試を走らせることもあるが、ばんえいの場合は能試の結果がいわば「生死を分ける」ため、実戦さながらに行われる。馬肉 フレッシュアイペディアより)

  • 馬肉

    馬肉から見たハーバード大学

    アメリカ合衆国では馬肉食は忌避されている。第二次世界大戦中に、牛肉価格の高騰のためニュージャージー州で食用馬肉の販売を一時的に合法化したが、戦後禁止された。またハーバード大学のFaculty Clubでは、1983年まで100年以上、メニューに馬肉があった。しかし、「馬は開拓時代からの数少ない文化」とする動物保護団体等の活動が盛んで、2006年9月7日、下院は、食用を目的とした馬の屠畜を禁止する法案を可決した。さらに2007年1月、テキサス州では屠畜生産停止の裁判所仮命令が発令され実質的生産停止された。背景には、アメリカ人自身が馬肉を食さず、産業への影響が少ないといった国内事情がある。馬肉 フレッシュアイペディアより)

  • 馬肉

    馬肉から見た鍋料理

    馬肉の赤身が空気に触れると桜色となることや、馬肉の切り身がサクラの花びらを想像させることから、サクラ(桜)やサクラ肉(桜肉)という俗称があり、その鍋料理の「桜鍋」や、刺身の「馬刺し」で食される部位である。地方によってはその肉をけとばしと呼ぶ地域もある。馬肉 フレッシュアイペディアより)

  • 馬肉

    馬肉から見た置賜地方

    一部の地方では馬肉は400年以上も前から重要な蛋白源として重用されてきた。現代日本の馬肉は、牛肉が高かった時代の増量材、ニューコンミートに代表される加工食品等に使用されていた冷凍トリミング(主に南米産)、熊本県、長野県伊那地方、山梨県、福島県会津地方、山形県置賜地方、青森県南部地方などの郷土料理として供されることで知られている「馬刺し」や「桜鍋」用の生鮮肉(現在はほとんど北米産、若干欧州産)と用途も分かれている。馬肉 フレッシュアイペディアより)

  • 馬肉

    馬肉から見たコレステロール

    牛豚鶏などの畜種より、低カロリー、低脂肪、低コレステロール、低飽和脂肪酸、高たんぱく質。馬肉 フレッシュアイペディアより)

  • 馬肉

    馬肉から見た消費者

    ウマは消化能力が低く食性も狭いため、食肉専用として飼養した場合はウシやブタと比べて高コストとなってしまう。しかし廃用となった乗用馬に由来する供給が多く、一般に消費者による選好性も牛肉や豚肉に比して低いことから、馬肉は安価な原料用食肉として、ソーセージやランチョンミートのつなぎなどの加工食品原料や、ペットフード原料に利用される。ただし馬刺しなどで利用可能な部位は比較的高値で取引される。馬肉 フレッシュアイペディアより)

  • 馬肉

    馬肉から見た肉食

    ウマは歴史的に農耕や馬車の牽引、乗用に重用され、家畜の中でも生活の友、あるいは戦場において戦士の命を預ける戦友としてきたために、肉食に供することに激しく嫌悪感や抵抗感を持つ文化を持つ地域・個人と、そうではない者の対照が激しい。これは狩猟の友などとしてやはり飼育者・使用者との友情を育むことが多いイヌを食用とする犬食文化に対して投げかけられる様々な感情や文化摩擦の問題と似た部分が多い。馬肉 フレッシュアイペディアより)

159件中 31 - 40件表示