219件中 81 - 90件表示
  • 馬肉

    馬肉から見た加工食品

    ウマは消化能力が低く食性も狭いため、食用として飼養した場合は牛(ウシ)や豚(ブタ)と比べて生産コストが高い。一方、廃用乗用馬があり、また、一般的に消費者による選好性も牛肉や豚肉に比して低いことから、馬肉は安価な食肉として、ソーセージやランチョンミートのつなぎなどの加工食品原料や、ペットフード原料に利用される。ただし、食用として育てられたものや、馬刺しなどで利用可能な部位は比較的高値で取引される。馬肉 フレッシュアイペディアより)

  • 馬肉

    馬肉から見た家畜

    獣肉食が宗教上の禁忌とされ、食用の家畜を飼う文化が九州の一部や近江国彦根藩などを除いて一般的ではなかった江戸時代の日本本土では、廃用となった役用家畜の肉を食すことは半ば非公然的ではあるが貴重な獣肉食の機会であった。馬肉 フレッシュアイペディアより)

  • 馬肉

    馬肉から見た競馬

    日本の乗馬及び競馬に携わる人の中には食材としての馬肉を忌避する者が多い。しかし、競馬雑誌の競走馬の異動欄には、現役を引退する馬の異動先が記されている。地方競馬への移籍や種牡馬・繁殖入りの他に乗馬になる馬がいる。それが全て乗馬になるわけではない。それ以外にも「用途変更」という名称で姿を消す馬が相当数おり、その「用途」の中には食用もあるといわれている。実際に、廃止された上山競馬場や中津競馬場に在籍していた競走馬の末路は食肉処分だった。また、北海道で行われているばんえい競馬では、競走に出るための能力試験(または能力検定ともいう。入厩馬に課せられる模擬競走、地方競馬のみの制度)を突破できなかったり、あるいは満足な競走成績が残せなかったりした競走馬が食肉向けに転用されており、公式サイトでも包み隠すことなくそのことが解説されている。通常、平地競馬の能力試験は、一定の制限時間をクリアすれば良いため、力一杯走る必要がなく、「馬なり」で能試を走らせることもあるが、ばんえいの場合は能試の結果がいわば「生死を分ける」ため、実戦さながらに行われる。馬肉 フレッシュアイペディアより)

  • 馬肉

    馬肉から見た北海道

    なんこ鍋 - 北海道と東北の郷土料理馬肉 フレッシュアイペディアより)

  • 馬肉

    馬肉から見たブラジル

    アメリカからの輸入も多かったが、2007年に国内最後の屠畜場が閉鎖になって以降輸入は途絶えており、代わりにメキシコ経由での輸入が増えている。そのほかアルゼンチン、ブラジルなどからも馬肉を輸入している。国内産では廃用となった競走馬の一部も食用に回されている。馬肉 フレッシュアイペディアより)

  • 馬肉

    馬肉から見た政府

    ユダヤ教では食物規定により非反芻動物を食せないため、正統派ユダヤ教徒は馬肉を食べない。ただしイスラエルでは憲法の政教分離規定により、政府が宗教上の理由で食品の製造流通を禁止することはできない。馬肉 フレッシュアイペディアより)

  • 馬肉

    馬肉から見たイヌ

    この理由として、明の李時珍がまとめた『本草綱目』は、馬肉は「辛、苦、冷、有毒」としているのに対し、ブタ、ヒツジ、ウシ、ロバ、ラクダなどはいずれも「無毒」としているように、歴史的に馬肉を食べることによる健康への害を多く経験し、それが言い伝えられていたことが考えられる。『本草綱目』は『日華諸家本草』を引用して、清水に晒して完全に血抜きをして、煮て食べないと消化され難く、毒が出ずに疔腫(ちょうしゅ。皮膚や皮下組織の化膿、毛嚢炎)になるとしている。また、馬の鞍の下の黒ずんだ肉や、人の手に拠らずに死んだ馬の肉、肝臓、血を食べると死ぬと注意している。犬肉、豚肉、ショウガ、「蒼耳」(オナモミ属のシベリアオナモミ)とは食べあわせが悪い。李時珍は、中毒した場合にはアロエの根の搾り汁、アンズのさねである杏仁を摂ると解毒できるとしている。馬肉 フレッシュアイペディアより)

  • 馬肉

    馬肉から見たアルゼンチン

    アメリカからの輸入も多かったが、2007年に国内最後の屠畜場が閉鎖になって以降輸入は途絶えており、代わりにメキシコ経由での輸入が増えている。そのほかアルゼンチン、ブラジルなどからも馬肉を輸入している。国内産では廃用となった競走馬の一部も食用に回されている。馬肉 フレッシュアイペディアより)

  • 馬肉

    馬肉から見たサテ

    File:Horse Satay, Yogyakarta.jpg|インドネシアジョグジャカルタ市の馬肉サテ馬肉 フレッシュアイペディアより)

  • 馬肉

    馬肉から見たビーフン

    馬肉米粉 - 広西チワン族自治区桂林市の名物料理。この地域の米粉は福建省、台湾のビーフンと違い、細うどんほどの太さの、切り口が丸い米の麺である。これを馬の肉と骨でとったスープに入れ、煮てスライスした馬肉を載せて供される。この地域においても、豚肉、牛肉の方が広く食べられており、馬肉料理は限られる。馬肉 フレッシュアイペディアより)

219件中 81 - 90件表示

「馬肉」のニューストピックワード