前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
130件中 1 - 10件表示
  • 日台関係史

    日台関係史から見た馬英九馬英九

    もっとも、かつて対日抗議活動に積極的に関与していた馬英九総統は、2008年6月の聯合号事件(後述)からまもなく「主権問題の棚上げ」論を提起し、漁業権交渉や共同資源開発を日本側に提案するなど、中国当局と一線を画する方針に転換している。2009年5月には、台湾の民間団体中華保釣協会の抗議船出航を阻止した。同年9月には、尖閣諸島中国漁船衝突事件により中国が要人訪日中止等の対抗措置をとる中、台湾は金溥聡国民党秘書長ら訪日団を予定どおり派遣したり、第2次菅内閣発足に公式祝電を打つなど、中国との対応の違いを際立たせてみせた。日台関係史 フレッシュアイペディアより)

  • 王金平

    王金平から見た馬英九馬英九

    2000年総統選で国民党が敗北した後は、党副主席に就任。2005年3月、連戦党主席引退を受けて党主席選に立候補したが、対抗馬の馬英九(当時台北市長)の前に惨敗した。激しい選挙戦を経たため、馬英九の党副主席就任要請を断り、さらに2008年総統選の副総統候補出馬要請も断った。王金平 フレッシュアイペディアより)

  • 蔡英文

    蔡英文から見た馬英九馬英九

    2012年1月14日実施の総統選の民進党公認候補として、再選を目指す国民党の現職の馬英九と次期総統の座を争ったが敗れ、投開票が行われた14日夜に党主席辞任を表明、3月1日付での辞任を了承された。後任の代理主席は、陳菊高雄市長。蔡英文 フレッシュアイペディアより)

  • 二つの中国

    二つの中国から見た馬英九馬英九

    しかし1990年以降、台湾独立運動の高まりにより、中国の正統政府をめぐる議論に代わり、台湾の政治的地位が主要な問題となった。台湾には、中華民国と中華人民共和国はどちらも主権国家であり、「一つの中国と一つの台湾」を形作っているという見解がある。中華民国総統を務めた陳水扁はこれを支持し、中国唯一の正統政府として中華民国の承認を得ようとする活動を中止した。陳水扁政権下において中華民国政府は、台湾国家として国際連合に加盟することを目指した。しかし馬英九が次の総統に就くとこういった動きを取りやめた。二つの中国 フレッシュアイペディアより)

  • 米中関係

    米中関係から見た馬英九馬英九

    胡錦濤主席は2006年4月訪米した。2001年から2008年まで駐中大使を務めたクラーク・ラントは南カリフォルニア大学米中研究所で米中関係の現状について講演した。2008年、馬英九が台湾総統に選出された。馬は国民党の代表であり、大陸との再接近を訴えている。米中関係 フレッシュアイペディアより)

  • 許世楷

    許世楷から見た馬英九馬英九

    2008年5月、国民党政権の発足と同時に辞職届を提出したものの、馬英九総統が慰留。駐日代表ポストの交代が確実視される中、同年6月1日、日台関係60団体が「許代表夫妻を送る会」を都内で共同開催、安倍晋三、ジュディ・オング、櫻井よしこら約800人が駆けつけた。許世楷 フレッシュアイペディアより)

  • 連戦

    連戦から見た馬英九馬英九

    2005年7月には、国民党主席を退き、新設の名誉職ポストである国民党名誉主席に就任した。その後も中国首脳部から厚遇され、2006年4月と2008年8月(北京五輪開幕式に出席)、同年12月にも訪中し、胡錦涛ともたびたび会談している(連戦に代わって国民党主席に就いた馬英九はいまだ一度も訪中していない)。2008年11月のAPECリマ会議に過去最高位の台湾代表として参加した際にも、胡錦涛との間で初のAPEC中台代表者会談を行った。2008年12月の訪中では祖父・連横の記念館開館式に出席している。連戦 フレッシュアイペディアより)

  • 中国国民党

    中国国民党から見た馬英九馬英九

    2000年に民進党の陳水扁総統が就任し、史上初めて野党となった。2001年には立法院(国会)第一党の座も奪われた。しかし、2008年に国民党の馬英九総統が就任し、立法院第一党も奪回、政権与党に復帰した。中国国民党 フレッシュアイペディアより)

  • 民主進歩党

    民主進歩党から見た馬英九馬英九

    1997年県市長選挙では民進党は12県市で勝利したが、台北市長選挙では2期目を目指す陳水扁は、清廉なイメージで選挙戦略を展開したが、李登輝により新台湾人と評価された馬英九に敗れた。民主進歩党 フレッシュアイペディアより)

  • 中華職業棒球大聯盟

    中華職業棒球大聯盟から見た馬英九馬英九

    それでも 2009年シーズンオフに大規模な八百長問題が発覚した。地元紙によれば、暴力団の関係する野球賭博に4球団中3球団・計14選手の関与が疑われる。14人の中には埼玉西武ライオンズで活躍した張誌家(ラニュー)、MLB球団で活躍した曹錦輝(兄弟)らスター選手も含まれる。兄弟エレファンツ監督で元阪神タイガース投手の中込伸も一時身柄を拘束された。これに関して馬英九総統「過ちは野球でなく人にある」と異例の声明を出した。さらに捜査はアマチュアチームでプレーしている元プロ選手にも及び、事態の沈静化は一向に見られない。中華職業棒球大聯盟 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
130件中 1 - 10件表示

「馬英九」のニューストピックワード