130件中 91 - 100件表示
  • 直轄市 (中華民国)

    直轄市 (中華民国)から見た馬英九馬英九

    直轄市に改められたあとの台北市長に初めて直接選挙で選ばれた陳水扁は、市長時代の手腕を評価され、後に中華民国総統に就任した。元総統である李登輝も直轄市昇格後に官選だった台北市長の職を経験している。1998年に陳水扁を破り2006年まで台北市長であった馬英九は、2005年から2007年まで中国国民党の主席を務めたほか、2008年に総統に当選・就任した。元高雄市長の謝長廷も、1996年総統選挙において副総統候補、2008年総統選挙に総統候補として出馬した経験があり、民主進歩党主席(2000年?2002年)や行政院長(2005年2月?2006年1月)を歴任している。直轄市 (中華民国) フレッシュアイペディアより)

  • チャイニーズタイペイ

    チャイニーズタイペイから見た馬英九馬英九

    2008年4月、馬英九は総統就任を前に中央通訊社とのインタビューで世界保健機関 (WHO) 加盟問題について、「外交部は『中華台北』を用いるなと言うが、問題は『中華台北』以外の名称で(加盟に)成功したことがあるのか。『中国台北』というさらに受け入れがたい名称のほか、現在『中華台北』より適切な(参加可能な)ものがあるだろうか」と述べ、「中華台北 (Chinese Taipei)」について国際社会で受け入れられる「適切な名称」であるとの認識を示し、台湾名義の使用は今後推進しないとの考えを述べた。チャイニーズタイペイ フレッシュアイペディアより)

  • 先島諸島

    先島諸島から見た馬英九馬英九

    1972年の沖縄返還に伴って日本国の施政権が回復した。しかし米国統治下で東経123度の与那国島の上空に防空識別圏の境界線が引かれていたため、返還後も島の領空の西3分の2は台湾の防空識別圏内のままであった。ただし台湾は、自主的に与那国島を避けるように台湾寄りの海上に防空識別圏の境界線を設定して運用しており、外務省も「防空上の問題は事実上生じない」という立場をとっていた。そして2010年6月25日に正式に防衛省の訓令の見直しが施行され、日本の防空識別圏が与那国島の西端から西側に14海里(領空12海里+緩衝地帯2海里)広げられて日本の領空と台湾の防空識別圏の重複問題が解決した。台湾の親中派の馬英九政権は「一方的な識別圏の変更は認められない」との声明を出したが、台湾は前述の通り、元より識別圏の境界線を与那国島上空から西側の海上に設定して運用していたため、問題にはならないと見られている。先島諸島 フレッシュアイペディアより)

  • 反日感情

    反日感情から見た馬英九馬英九

    馬英九総統の外交政策、対日戦略のブレーンで中華民国総統府国家安全会議諮問委員を務める楊永明台湾大学教授は、「一般的に言って、日台間では相互に友好感情が存在するという基本認識がある。台湾はおそらく世界で最も親日的な社会であり、日本でも台湾に対する好感が広範に存在するのである」と指摘している。同じく中華民国総統府国家安全会議諮問委員(閣僚級、日台関係担当)を務める李嘉進は「日台は『感情の関係』だ。普通の外交関係は国益が基本だが、日台は特別。お互いの好感度が抜群に高い。戦前からの歴史が育てた深い感情が出発点となっている」と発言している。反日感情 フレッシュアイペディアより)

  • 台湾第四原子力発電所

    台湾第四原子力発電所から見た馬英九馬英九

    最近では馬英九政権下、民国紀元(中華民国暦)100年となる2011年に「建国100年行事」として運転開始を目指していたが、一号機中央制御室火災により延期された。台湾第四原子力発電所 フレッシュアイペディアより)

  • 外省人

    外省人から見た馬英九馬英九

    日本でも比較的よく知られている台湾外省人の例としては、高金素梅(国会議員)、郝龍斌(台北市長)、胡志強(台中市長)、レイニー・ヤン(歌手)、テレサ・テン(歌手)、馬英九(中華民国総統)、朱立倫(国民党副主席)、劉兆玄(行政院長)、侯孝賢とアン・リー(映画監督)、郭台銘(実業家)、任家萱(S.H.Eのメンバー)、朱孝天(F4のメンバー)、徐熙媛「大S」(女優)、徐熙娣「小S」(司会者)、陳建州(司会者)などを挙げることができる。ちなみに中国系アメリカ人のアイリス・チャンの両親も台湾へ移住した外省人である。外省人 フレッシュアイペディアより)

  • 国立政治大学

    国立政治大学から見た馬英九馬英九

    金溥聡:新聞学系副教授。元台北市副市長。総統馬英九の親友である。国立政治大学 フレッシュアイペディアより)

  • 陳水扁

    陳水扁から見た馬英九馬英九

    台湾の住民は首都の市長となった陳水扁の政治手腕と民衆に近い政治センスに高い評価を与え、高い支持率の下、陳水扁は台北捷運の建設や下水道をはじめとする治水事業などを実施し、また既得権益に打撃を与える清廉さで支持率は76%を記録した。しかし1998年の台北市長選では2期目を目指す陳水扁に対し、国民党は民衆の支持がある馬英九を擁し、結果として陳水扁はわずかに馬英九に及ばず落選した。陳水扁 フレッシュアイペディアより)

  • 岩手・宮城内陸地震

    岩手・宮城内陸地震から見た馬英九馬英九

    在日本台北経済文化代表処代表許世楷は、2008年6月26日、岩手県知事、宮城県知事を相次いで訪ね、総統馬英九からのお見舞いのメッセージとともに、台湾からの義援金を600万円ずつ贈った。岩手・宮城内陸地震 フレッシュアイペディアより)

  • 大江健三郎

    大江健三郎から見た馬英九馬英九

    2012年9月28日には「『領土問題』の悪循環を止めよう」と題する声明を元長崎市長の本島等、元「世界」編集長の岡本厚ら左派および進歩派の知識人、文化人ら1300人と共同で発表。尖閣諸島も竹島も過去に日本が侵略したものだという立場を示した。尖閣諸島に「領土問題は存在しない」とする日本政府の立場を批判する一方で、台湾の馬英九総統の対話提案を高く評価している。大江健三郎 フレッシュアイペディアより)

130件中 91 - 100件表示

「馬英九」のニューストピックワード