130件中 11 - 20件表示
  • 2008年

    2008年から見た馬英九馬英九

    3月22日 - 第12任中華民国総統選挙で、中国国民党候補の馬英九が民主進歩党候補の謝長廷を大差で退け、第12代目中華民国総統に当選。5月20日に総統就任予定。。2008年 フレッシュアイペディアより)

  • 中華民国

    中華民国から見た馬英九馬英九

    アメリカは、第二次世界大戦勃発以来、中華民国と事実上の同盟関係にあり、中華民国が軍事的脅威にさらされた場合は台湾関係法に基づき、適切な行動を取ることとなっている。実際に、1996年に行われた総統選挙に伴い、中華人民共和国の人民解放軍(共産党軍)が選挙への恫喝として軍事演習を強行し、基隆沖海域にミサイルを撃ち込むなどの威嚇行為を行った際には、アメリカ軍はこれに対して台湾海峡に空母打撃群を派遣し、同国のウォーレン・クリストファー国務長官は「アメリカは必要な場合には、台湾を助けるために台湾に近づく」と中華人民共和国に対して警告した。2008年3月に行われた総統選挙の際も近海に空母2隻を派遣した。その総統選挙で当選した馬英九は大陸との間で両岸経済協力枠組協議という自由貿易協定を締結、事実上の経済同盟を発足させるなど、2010年代からは中台関係は回復する方向に進んでいる。中華民国 フレッシュアイペディアより)

  • 尖閣諸島問題

    尖閣諸島問題から見た馬英九馬英九

    当時台北市長であった馬英九は、「台湾は日本と交戦することを躊躇してならず、台湾は東京に対し漁業域の確定を要求すべき」と発言していたが、総統就任後、2008年秋に尖閣諸島の主権問題の棚上げ・周辺海域の共同資源開発を提案し、漁業権交渉を優先させる方針を明らかにしている。中国の海洋調査活動については「問題を複雑化する」として否定的であり、日台間にトラブルに対処する緊急連絡窓口を設けることで合意するなど、「主権問題棚上げ論」に傾きつつある。また、台湾当局は尖閣諸島問題で中国側との連携、協力は一切しないと再三にわたり言明している。尖閣諸島問題 フレッシュアイペディアより)

  • 2008年中華民国総統選挙

    2008年中華民国総統選挙から見た馬英九馬英九

    国民党の馬英九主席の出馬表明を受けて、民進党の中央常務委員会は2007年2月14日、総統選挙の告示を3月1日に行うことを決定した。当初の予備選挙のスケジュールは、2008年中華民国総統選挙 フレッシュアイペディアより)

  • アジア・太平洋国会議員連合

    アジア・太平洋国会議員連合から見た馬英九馬英九

    2009年8月の第40回年次総会は、初めて台湾(台北)で開催され、台湾から馬英九総統が出席した。日本の国会議員からは山本順三、玉澤徳一郎、秋元司、大江康弘、神取忍の5名が参加。齋藤正樹財団法人交流協会台北事務所長も列席した。アジア・太平洋国会議員連合 フレッシュアイペディアより)

  • 1990年中華民国総統選挙

    1990年中華民国総統選挙から見た馬英九馬英九

    国民党内部では、当初李登輝の再選については反対がなく、空席になっていた副総統候補人事が焦点となっており、行政院長だった李煥の指名が予想されていた。しかし李登輝は当時総統府秘書長であった李元簇を指名する方針を表明したため、反発した外省人(郝柏村、趙少康など)を中心とする非主流派は、2月11日に開催された党推薦候補を決定する臨時中央委員会全体会議で本省人の林洋港を総統候補に擁立する画策を秘密裏に進め、これを事前に察知した李登輝ら主流派との間で「2月政争」が発生した。李登輝は本省人に加え、宋楚瑜、馬英九などの若い外省人政治家の支持を得て多数を確保し、会議の席上では、非主流派から提案された投票による採決が否決され、従来の起立採決により、李登輝が満場一致で総統候補に選出された。1990年中華民国総統選挙 フレッシュアイペディアより)

  • 中央日報 (機関紙)

    中央日報 (機関紙)から見た馬英九馬英九

    2002年4月、国民党主席の連戦は『中央日報』の大幅な人員削減を進めた。その後馬英九が国民党主席に就任すると、国民党は中央日報社の売却を積極的に探すようになった。しかし、2005年に『中華日報』に売却する話が浮上したものの、購入先は現れなかった。そのため2006年5月24日、国民党中央常務委員会は中央日報社の株式処分案を採択、5月末をもって中央日報社への資金補助を停止し、2006年6月1日、第2万8356号をもって『中央日報』は停刊(事実上の廃刊)となった。同年9月にインターネット上の民間ニュースサイトとして「復活」した。中央日報 (機関紙) フレッシュアイペディアより)

  • 台日特別パートナーシップ

    台日特別パートナーシップから見た馬英九馬英九

    台日特別パートナーシップ(台日特別夥伴關係, Taiwan-Japan Special Partnership)とは、中華民国(台湾)の馬英九政権(2008年5月発足)が掲げている対日政策路線のスローガン。台日特別パートナーシップ フレッシュアイペディアより)

  • 中興寓所

    中興寓所から見た馬英九馬英九

    所在地は台北市(中正区)龍福里の重慶南路二段である。李登輝総統の時代から総統公邸となったが、当時は「大安官邸」と呼ばれていた。陳水扁総統の時代になってから、当時は「玉山官邸」と呼ばれていた。馬英九総統の時代現在の呼称で呼ばれるようになった。中興寓所 フレッシュアイペディアより)

  • 海峡交流基金会

    海峡交流基金会から見た馬英九馬英九

    2008年3月:台湾の台湾総統選挙で、「92コンセンサスを基礎とする両岸交流」を掲げる国民党の馬英九が当選。海峡交流基金会 フレッシュアイペディアより)

130件中 11 - 20件表示

「馬英九」のニューストピックワード