218件中 11 - 20件表示
  • 許世楷

    許世楷から見た馬英九馬英九

    2008年5月、国民党政権の発足と同時に辞職届を提出したものの、馬英九総統が慰留。駐日代表ポストの交代が確実視される中、同年6月1日、日台関係60団体が「許代表夫妻を送る会」を都内で共同開催、安倍晋三、ジュディ・オング、櫻井よしこら約800人が駆けつけた。許世楷 フレッシュアイペディアより)

  • 環島 (台湾)

    環島 (台湾)から見た馬英九馬英九

    劉の馬英九(を参照。)の事例が示すとおり世代を問わず、一般人でも学生同士や家族内、1人旅、鉄道での輪行を組み合わせるなど人数や形態も多様である。一般的な自転車環島は9日(1日平均100km強)だが、エキスパート向けに短縮したものや、逆に数日延長した日程のものまであり誰でも気軽にチャレンジできる。一周したときの達成感もさることながら、台湾への認識と理解を深める最適な方法であるとされている。環島 (台湾) フレッシュアイペディアより)

  • 王金平

    王金平から見た馬英九馬英九

    2000年総統選で国民党が敗北した後は、党副主席に就任。2005年3月、連戦党主席引退を受けて党主席選に立候補したが、対抗馬の馬英九(当時台北市長)の前に惨敗した。激しい選挙戦を経たため、馬英九の党副主席就任要請を断り、さらに2008年総統選の副総統候補出馬要請も断った。王金平 フレッシュアイペディアより)

  • 重北軽南

    重北軽南から見た馬英九馬英九

    台湾での南北経済格差の背景には中国国民党による長きに渡る重北軽南政策の影響がある。中国大陸での学術研究では馬英九政権がかつて重北軽南を転換すべく推進した政策、公共事業は南部の経済発展にある程度寄与したものの多くの事業が頓挫、先送りされたことで、「重北軽南」は引き続き反対派と産業界の非難を招く結果となっている。。重北軽南 フレッシュアイペディアより)

  • 二つの中国

    二つの中国から見た馬英九馬英九

    しかし1990年以降、台湾独立運動の高まりにより、中国の正統政府をめぐる議論に代わり、台湾の政治的地位が主要な問題となった。台湾には、中華民国と中華人民共和国はどちらも主権国家であり、「一つの中国と一つの台湾」を形作っているという見解がある。中華民国総統を務めた陳水扁はこれを支持し、中国唯一の正統政府として中華民国の承認を得ようとする活動を中止した。陳水扁政権下において中華民国政府は、台湾国家として国際連合に加盟することを目指した。しかし馬英九が次の総統に就くとこういった動きを取りやめた。二つの中国 フレッシュアイペディアより)

  • 連戦

    連戦から見た馬英九馬英九

    2005年7月には、国民党主席を退き、新設の名誉職ポストである国民党名誉主席に就任した。その後も中国首脳部から厚遇され、2006年4月と2008年8月(北京五輪開幕式に出席)、同年12月にも訪中し、胡錦涛ともたびたび会談している(呉伯雄に代わって国民党主席に就いた馬英九はいまだ一度も訪中していない)。2008年11月のAPECリマ会議に過去最高位の台湾代表として参加した際にも、胡錦涛との間で初のAPEC中台代表者会談を行った。2008年12月の訪中では祖父・連横の記念館開館式に出席している。2010年の上海万博開幕式にも出席し、2015年の中国人民抗日戦争・世界反ファシズム戦争勝利70周年記念式典にも出席した。連戦 フレッシュアイペディアより)

  • 民主進歩党

    民主進歩党から見た馬英九馬英九

    1997年県市長選挙では民進党は12県市で勝利したが、台北市長選挙では2期目を目指す陳水扁は、清廉なイメージで選挙戦略を展開したが、李登輝により新台湾人と評価された馬英九に敗れた。民主進歩党 フレッシュアイペディアより)

  • 李登輝

    李登輝から見た馬英九馬英九

    2008年の総統選挙ではなかなか民進党の総統候補である謝長廷の支持表明をせず、痺れをきらせた後援会が勝手に支持を表明する事態が発生したが、2008年3月の選挙直前に謝を「台湾が主権国家であるとはっきり言える人物」として支持表明。しかし、国民党総統候補馬英九の当選後は産経新聞のインタビューに対し、馬に協力する意向を示した。李登輝 フレッシュアイペディアより)

  • 2016年の台湾

    2016年の台湾から見た馬英九馬英九

    総統:の党首 馬英九 (?2016年5月20日) → の党首 蔡英文 (2016年5月20日?)2016年の台湾 フレッシュアイペディアより)

  • 尖閣諸島問題

    尖閣諸島問題から見た馬英九馬英九

    当時台北市長であった馬英九は、「台湾は日本と交戦することを躊躇してならず、台湾は東京に対し漁業域の確定を要求すべき」と発言していたが、総統就任後、2008年秋に尖閣諸島の主権問題の棚上げ・周辺海域の共同資源開発を提案し、漁業権交渉を優先させる方針を明らかにしている。中国の海洋調査活動については「問題を複雑化する」として否定的であり、日台間にトラブルに対処する緊急連絡窓口を設けることで合意するなど、「主権問題棚上げ論」に傾きつつある。また、台湾当局は尖閣諸島問題で中国側との連携、協力は一切しないと再三にわたり言明している。尖閣諸島問題 フレッシュアイペディアより)

218件中 11 - 20件表示

「馬英九」のニューストピックワード