130件中 21 - 30件表示
  • 胡志強

    胡志強から見た馬英九馬英九

    馬英九、朱立倫とともに「馬立強」と呼ばれ、国民党の中堅世代の中心人物とされる。 2009年初めの世論調査で、現職の馬英九総統をおさえ、「最も総統にふさわしい政治家」に選ばれた。胡志強 フレッシュアイペディアより)

  • 朱立倫

    朱立倫から見た馬英九馬英九

    県長任期中の2009年9月、馬英九総統より行政院副院長(副首相)に指名されたが、後に新北市の市長選挙に出馬するため、辞職した。2010年11月に実施された新北市の市長選挙では、対立候補であった民進党主席の蔡英文を破り当選した。朱立倫 フレッシュアイペディアより)

  • 蔡得勝

    蔡得勝から見た馬英九馬英九

    国家安全局配属後、処員、専員、専門委員、組長、副処長、研究委員、処長(少将)、特派員(中将)、副局長、政務第一副局長等の職務を歴任した。情研処長在任時、薛石民局長に抜擢されて中将に昇進した。許恵祐局長時代も重用され、馬英九政権樹立後に副局長に就任した。蔡得勝 フレッシュアイペディアより)

  • 林郁方

    林郁方から見た馬英九馬英九

    林郁方(りん いくほう)は台湾の政治家、中国国民党の立法委員(日本の国会議員に相当)を務め、馬政権では台湾外交国防委員長に就任した。林郁方 フレッシュアイペディアより)

  • 中村勝範

    中村勝範から見た馬英九馬英九

    馬英九政権の台湾と東アジア 呉春宜,楊合義,浅野和生共著 早稲田出版 2008.12中村勝範 フレッシュアイペディアより)

  • 台湾史年表

    台湾史年表から見た馬英九馬英九

    2008年:馬英九が総統に就任し、国民党が政権を奪還。台湾史年表 フレッシュアイペディアより)

  • 台湾地位未定論

    台湾地位未定論から見た馬英九馬英九

    2009年5月、日本政府の在台湾窓口機関「交流協会」の斎藤正樹代表(大使に相当)が「台湾の地位は未確定」という趣旨の発言をおこなった。台湾では野党や独立派がこの発言を歓迎したが、「中華民国は日華平和条約により台湾の主権を日本から移譲された」との見解を示した直後だった馬英九の国民党政権は強く反発し、中国外務省も「中国の利益に対する挑戦」として発言を非難した。斎藤は発言を撤回し、同年12月に代表を辞任した。台湾地位未定論 フレッシュアイペディアより)

  • 2010年アジア競技大会におけるテコンドーでの失格判定

    2010年アジア競技大会におけるテコンドーでの失格判定から見た馬英九馬英九

    この判断にテコンドー界の韓国人幹部が関与していたという報道が台湾でなされた結果、台湾では馬英九総統が事件の三日後に「政府は必ず選手の盾にならなければならない。」と表明、政府報道官は「国際法廷に訴訟を起こして処理する可能性も排除しない」と述べた。2010年アジア競技大会におけるテコンドーでの失格判定 フレッシュアイペディアより)

  • 日華議員懇談会

    日華議員懇談会から見た馬英九馬英九

    2008年8月4日:矢野哲朗元外務副大臣を団長とする訪台団が馬英九総統と会見。日華議員懇談会 フレッシュアイペディアより)

  • ダニー・フィリップ

    ダニー・フィリップから見た馬英九馬英九

    同年10月12日には夫妻で台湾を訪れ、総統府で馬英九総統と会見。両国のパートナーシップをアピールした。ダニー・フィリップ フレッシュアイペディアより)

130件中 21 - 30件表示

「馬英九」のニューストピックワード